Jul 09 2016

海外研修レポート Part1

2016年07月09日土曜日

みなさまこんにちは、お世話になっております。Facebookページの方ではお知らせしていましたが、先日、当店スタッフが海外研修に行かせていただいておりました。Facebookではあまり詳しく書く事ができなかったので、ブログでは数回に分けてより詳しく書いていきたいと思います。それでは今回のパート1からしばらくお付き合いください!

Wekfest LA

アメリカに到着して、まずはロングビーチにて行われるWekfest LAというイベントの準備から始まりました。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』もこちらのイベントにエントリーする為、車の仕上げやメンテナンスを手伝います。IMG_4458Wekfest は3年ほど前から日本でも開催されています。世界各国から注目されている車好きが集まるハイレベルなイベントです。IMG_7747IMG_7694IMG_7698ショーが始まるとこんな感じです。詳しくは先日の『wekfest LA』のブログをご覧ください。Wekfest LA も無事に終わり、いよいよ海外研修の1番の目的地『Hybrid haven』へ出発します。

The Hybrid havenへの道のり

Kyoei USAがありますアナハイムからThe Hybrid havenまでの距離は約440マイル、キロに直すと約700キロあります。同じカリフォルニア州ですがここまで距離があることにアメリカの広さを痛感させられます。I-5という道をひたすら北上します。IMG_4794 まさにアメリカ!という景色です。IMG_4797IMG_4801気温はどんどん上昇し華氏100度まで上昇しました。摂氏に直すと36度ぐらいで日本の真夏の気温です。IMG_4803道のりが長いので程よく休憩を交えながら向かいます。IMG_4808IMG_4814IMG_4815サンフランシスコにあります有名なゴールデンゲートブリッジまで来ました。サンフランシスコは霧が濃いことでも有名でこの橋が赤色をしているのも霧の中でも見やすいようにと言われています。この日も霧が濃くて橋の一部分しか見えないほどでした。IMG_4820IMG_4834IMG_4840ここに来て気温は華氏55度、肌寒いぐらいです。1日で夏と冬を体感したような感じです。

美しいオールドタウン、ペタルマに到着!

IMG_4851ペタルマに到着しました。すっかり夜です。IMG_4853今回の宿がこちらのホテル・ペタルマです。非常に古い建物ですがお洒落です。

このペタルマという街は1973年に公開された映画、アメリカン・グラフィティの撮影場所にも使われた街で、古い建物が並ぶ街並みが印象的です。IMG_4867 IMG_4865 IMG_4862ペタルマに到着したところでPart1はこの辺にしておきます。次回Part2はいよいよThe Hybrid haven編です!

Jun 08 2016

Wekfest LA @ロングビーチ カリフォルニア

2016年06月08日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。5月は日本でWekfest Japan というイベントが開催されたのが記憶に新しいのですがその月の最後の週末、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにてWekfest LAが開催されました。当店アメリカ支店、Kyoei USAクルーもエントリーしており、今年もハイレベルなカーショーが繰り広げられたようです。現地より写真と情報が届いております、簡単にはなりますがアップしていきたいと思います。13332793_10154221197421624_4279492434695785334_n会場入りする前にACC USA クルーとこちらで合流です。13327389_10154221197411624_2016290946978225039_nこちらのLS460はアリゾナから長い距離を自走で走り今回エントリーです。13331107_10154221197451624_978821788453482932_nこちらの珍しい車はポルシェ356スピードスターです。後ろの北米トヨタ シエナはVANKultureのメンバーです。IMG_7745Kyoei USA からは3台がエントリーです。13344541_10154221183691624_891263052612700896_n13343002_10154221231581624_8532187913174622438_nデモカーの30プリウスはAimgain Type V ボディーキットに足廻りがACC airrunner ホイールがWeds Marveric 709M 日本のデモカーとは色違いのSamurai GOLDです。13312717_10154221183796624_8285487867885025579_n隣に並ぶLexus LS460前期は中期フェイススワップ、Aimgain フロントバンパー、フロントフェンダー、ホイールはWORK  ZISTANCE  W10M  派手さはないですが要所がしっかりと抑えられていて綺麗にまとまっているところがアメリカのVIPスタイルらしい車だと思います。13307244_10154221183746624_2970486500065712535_nこちらはSEMA Show や各所のイベントやミーティングに積極的に参加されているKyoei USA  Cesar氏のLS460です。昨年のSEMA Showでデビューした後期仕様の外装でAimgain 純Vip-GTボディーキットにフルラッピング、ホイールはWork Gnosis GR203 です。13335780_10154221183946624_1342773014311558145_n足廻りはACC airrunner でほぼ地面に着地するぐらいのセッティングです。13307236_10154221183726624_5881012964157994844_nアメリカのカーショーでは、VIPスタイルの車でもエンジンルームまで手が入っていて、ボンネットを開けて展示している車をしばしば見かけます。Cesar氏のLSもエンジンカバーにグラフィックが描かれていたり遊び心満載です。IMG_7706VANkultureクルーのシエナです。彼らは家族や子供を乗せるためのVANでカッコよくカーライフを楽しんでいます(^^)13335710_10154221172511624_6286598668792048966_n13336075_10154221172441624_3987704543828422012_n13322000_10154221171531624_3152688070382913997_n13325599_10154221172626624_3236703920536299029_n13331089_10154221172041624_4474679021894485221_n13322028_10154221171691624_7102703565146594928_nLexus GS は写真の2代目から13312764_10154221172606624_107984533787995901_n日本でも最近珍しくなってきた初代もエントリーされていました。13315780_10154221184066624_2845238079804770591_nこちらは3代目、日本でも増えつつあるGT-VIPスタイルです。13321714_10154221183971624_422930044705129445_nこちらはACC ブースに展示されていたGSです 、GS シリーズの人気ぶりが伺えますね(^^)13321661_10154221171621624_7196394088594197333_n13322042_10154221183401624_5543010030674601569_nWekfest Japanと比べLEXUSのエントリーはかなり多い印象です。13339596_10154221171806624_1118760572107368673_n13336087_10154221171561624_4761975068495461122_n13325466_10154221231541624_4894062742140260901_n13346666_10154221231486624_1385340253436195883_n13346836_10154221203676624_5370205605700218133_n13346686_10154221183521624_904816152853079453_n13335954_10154221171846624_9067993425109612161_n13322059_10154221183456624_635872522402173126_n13327513_10154221172161624_3582250955523881673_nこちらはRoyal OriginクルーのISです。リアガラスにKyoei USA のステッカーを貼ってくれています(^^) 13244798_10154221172206624_6922056855686811833_n13307358_10154221171656624_3598255809255894362_n13307243_10154221172246624_5603517159547613591_n13321719_10154221231056624_17923018551652552_n13346876_10154221171971624_1536940599335805710_n13310578_10154221172581624_3157145153021635283_n13321661_10154221183881624_801695903915251976_n レクサス以外の車ももちろん多数エントリーされています、13327626_10154221183576624_8547646732464941772_nAirREX USA のプリウスはmode parfumeのボディーキットにSSRのホイール。13330980_10154221172291624_734613314848289077_n13339700_10154221172541624_8216443643315659979_n13346685_10154221171921624_175482380048652853_n13346892_10154221231326624_3073120395146423940_n13331010_10154221204126624_1202962385040303738_n13319933_10154221204096624_6502802261545477094_n日産、infinityはVIPスタイルからGTRなどのパフォーマンス系、さらにはアメリカでは販売されていないハコスカまで、アメリカでは古い日本車も人気があるようです。13312750_10154221203996624_710369669197213505_n (1)13336127_10154221204276624_2927563132641849272_n13339501_10154221204221624_4577725056128043414_nホンダのレベルの高さは言うまでもないです。アリゾナのRC’s Garage 製作のEM1シビッククーペはK型エンジン換装にターボチャージャーが付きアメリカ製のパフォーマンスパーツで完全武装です。13310369_10154221203351624_6723887994073670032_n13339503_10154221203381624_115502699034901488_nこちらのS2000もエンジンが宙に浮いているかのようですね、手前に見えるVORTECH製スーパーチャージャーも迫力大です。さらに右ハンドル化されているのにもびっくりです(^^;)13319765_10154221231401624_8520344049668199568_n 13330960_10154221203246624_2411571377058873228_n13322029_10154221204291624_8801328043443175976_n13332763_10154221204186624_6104407084021360205_nホンダもスポーツカーだけでは無く写真のTSXワゴンや、13330948_10154221203941624_1301000288947902923_n (1)アコードハイブリッド等もエントリーされています。13331010_10154221231336624_5797859046013504564_n13332732_10154221231721624_2773269006717417936_n13327357_10154221203781624_7565302289100128037_n13319886_10154221204211624_6691906669377626568_nIMG_6294 IMG_6292 IMG_629312871485_10154221231136624_8551372428231863137_n 13312616_10154221231181624_1109625726235799638_n 13315357_10154221231201624_7209256480704429952_n先ほども紹介させていただいたこちらのポルシェ356スピードスターは細かいところまでとても綺麗に作り込まれていました。Best Of Show に選ばれたことにも納得です。13344697_10154221203156624_4353382307964534026_nこちらのベンツ280SEは古き良きホワイトウォールタイヤが印象的です、13335826_10154221203096624_2535393452290960724_n極低車高でも下品に見えないこの雰囲気が最高です。IMG_7697IMG_7702IMG_7699

この他にもたくさんの車がエントリーされていたのですが長くなりすぎてしまうのでこれぐらいにしておきます(^^;) 当店アメリカ支店Kyoei USAのホームページやFacebookページではこのようなイベントの情報がアップされていますので興味のある方はそちらもチェックしてみてください! 最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

May 06 2016

Wekfest Japan @ Port messe Nagoya プリウス編

2016年05月06日金曜日

皆様こんにちわ、ゴールデンウイークはいかがでしたでしょうか? 当店も長いお休みをいただきリフレッシュさせていただき誠に感謝しております。 さてそんなゴールデンウイークの5月3日、愛知県名古屋市のポートメッセ名古屋にて行われた『Wekfest Japan』へ行ってまいりました。 Wekfestはアメリカ、サンフランシスコ発祥のカーショーで生粋のカーガイが集まるイベントとして世界各国から注目されているイベントです。そんなWekfestが遡ること3年前、ここ日本でも開催されることとなり、年々盛り上がりが増してきている状況です。ここ日本ではアメリカを意識したカスタムカーがエントリー対象となり、アメリカのアフターマーケットのカスタムパーツ、北米やハワイの自動車メーカー純正やOEMのパーツ等を装着された日本で言うところの『USDM』と呼ばれるジャンルの車が多いのが特徴かと思います。

今回はそちらにエントリーされていましたプリウスの写真をアップしていきたいと思います。 派手さはないですがしっかり細かいところに手が入っている車両がエントリーされているのもこのイベントならではだと思います。それでは写真中心ですがアッップしていきたいと思います。

こちらのシルバーのプリウスはアメリカのAvant Gard社のホイールにハイドロが組まれた足廻りです。トランクルームにハイドロのポンプや配管が綺麗にインストールされていました。IMG_7687IMG_7692IMG_7693IMG_7694

 

IMG_7686 IMG_7685

こちらの白いプリウスもアメリカのPokal Custom Felgenのホイールに北米仕様の外装です、シンプルで綺麗にまとまっていてかっこいいです(^^)

IMG_7605 IMG_7608こちらのプリウスは北米仕様の外装に日本のLexon社のエアロパーツやマフラーフィニッシャーが装着されておりアメリカ人が日本を向いてカスタムしたような雰囲気が出ていました!IMG_7598 IMG_7601こちらの赤いプリウスもLexonさんのエアロパーツやエアロパーツとマフラー、フロントバンパーのメッシュグリルはアメリカGrillcraft社のもので赤いボディーにとても似合っていました。IMG_7716 ホワイトのボディーにホワイトのワーク マイスターが綺麗です。ゴールドのピアスボルトもアクセントになっていてカッコイイです(^^)IMG_7714IMG_7490IMG_7493

会場の外では『OEMクラス』の展示が行われていました。こちらのプリウスはフロスティーグリーンマイカのボディーにブロンズのFifteen52社のホイール、ボンネットにはあまり日本で見かけないバグシールド(虫除け)が付いています。IMG_7481IMG_7482

こちらのプリウスはクロームのホイールキャップにアメリカンな雰囲気を感じます。IMG_7642先日発売されたZVW50型プリウスもエントリーされていました。IMG_7725 IMG_7723 IMG_7722灯火類を始めとする純正部品がしっかり北米仕様になっていました。新型のプリウスもこれからの展開に期待が持てます。

今回のWekfestを見ていてもプリウスのカスタムのレベルは年々上がってきているように思えます、カスタムパーツも豊富ですし今回紹介させていただいたUSDMカスタム以外にも様々なシーンでプリウスを見かる機会が増えています。当店でもお客様のニーズに耳を傾け、無理のない範囲でお客様に合ったプリウスのカスタムプランも提供していきたいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)