Jul 14 2016

海外研修 Part3 The Hybrid Haven編 その2

2016年07月14日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は前回に引き続きThe Hybrid Haven編です。二日目からは実際に車にも触れて勉強させてもらっています。それではレポートしていきたいと思います。

アメリカでのマイナーサービス

アメリカでのマイナーサービスとは、日本でいう12ヶ月点検のようなものです。チェック項目に従い車の点検を行います。IMG_6622チェックシートはきっちり色分けがしてあり分かりやすいです。こちらの項目をチェックしていきます。 IMG_4978これはバッテリーチェッカーです。バッテリーの電圧だけでなく温度も計ります。バッテリーの温度を計ることによって環境に応じたより正確な診断ができます。IMG_4980 IMG_4981バッテリーをチェックした後は、エアコンフィルターのチェック、ワイパーのチェック、ヘッドライトやテールランプなどの電気回りのチェックを行います。

IMG_4982エンジン周りのチェックも行います。IMG_6612リフトを上げて足廻りのチェック、タイヤローテーションを行います。それが終わるとオイル交換、オイルエレメントを交換します。IMG_6615大まかな説明になってしまいましたが以上がアメリカでのマイナーチェックです。1回のリフトの上げ下げで作業が終わるように段取りが組まれています。次に故障例を紹介していきたいと思います。

プリウスの故障事例

駆動用モーター

IMG_6483こちらは約10万キロ走行したプリウスの駆動用モーターです。IMG_6482写真の部分がショートしてしまっています。こうなってしまった原因は10万キロ走行する間1度もATFを交換していなかった為、鉄粉がモーターの方へ回ってしまったことによりショートしたようです。

PCVバルブ

PCV(ポジティブクランクケースベンチレーション)バルブは、ブローバイガス(シリンダーとピストンの間から吹き抜けてしまったガス)をインテークマニホールドに戻して燃焼させる為のホースの途中についています。IMG_6514

スロットルバルブから吸入される空気量に応じて、ブローバイガスを吸入させる量をコントロールするのがPCVバルブです。

30プリウスでは走行距離20万キロを超えるとPCVバルブが開きぱなしになってしまうことがあり、エンジンオイルを消費してしまいます。

そのためThe Hybrid Haven では15万キロ走行時に、PCVバルブ、ホース、プラグの同時交換することを推奨しています。IMG_6631

NHW11プリウス インバーターの故障、交換

NHW11プリウスのインバーターの故障です、中古のインバーターと交換します。

IMG_6653まずはインバーターを取り外していきます。IMG_6654IMG_6655インバーターを取り外した写真です。次に在庫品の中古のインバーターを用意します。IMG_6656IMG_6658 中古のインバーターが使えるかどうか調べます。高電圧回路ですので1000Vまで測れるテスターを使います。IMG_6660インバーターのウォーターポンプは走行距離が16万キロを超えてくると回転数が遅くなってきます。今回のインバーターの故障もウォーターポンプ不良によるものでした。またクーラントもエンジンのクーラントと別になりますので、インバーター交換後はエア抜きをします。エア抜きが完了すれば作業完了です。この先の日本でも起こりうる症状ですので貴重な体験でした。

IMG_5146 この日はSnap-onのトラックが来ました。IMG_5148メカニックからするとお宝の山のようです。 笑IMG_5150ハンドツールから電動工具、サングラスまでありとあらゆる道具を購入することができます。IMG_5151いつかはSnap-onで揃えたい、と思いつつトラックを見送りました。

IMG_5131二日目の研修も終了です。アメリカには当店にあるソテツの木の10倍以上の大きさのソテツがありました! それでは次回The Hybrid Haven最終日とトヨタディーラーの見学編です。まだまだ続きますが宜しくお願いします!

 

Jul 12 2016

海外研修 Part2 The Hybrid Haven編 その1

2016年07月12日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。前回に引き続き、海外研修のお話です。今回はパート2、The Hybrid haven編です。

The Hybrid haven

IMG_4876今回の研修先、The Hybrid Haven に到着しました。 こちらのショップはハイブリッド車の整備、修理の専門店で、特にプリウスに関してはこなしている数も多く知識や情報も豊富です。IMG_4957

またアメリカでは日頃の走行距離が多く、スピードレンジも高いため日本のプリウスではあまり見られないような修理や部品の交換も行われるようです。それでは研修スタートです。

ハイブリッドシステムメインバッテリー リビルド品

IMG_4886店内に入るとオレンジに色が塗られたハイブリッドシステムメインバッテリーが置いてありました。トヨタ純正品はシルバーのカバーなのですがこれはオレンジです。話を聞いてみるとこれはリビルト品のバッテリーだそうです。

これは純正の中古バッテリーを放電器につなぎ、一度完全に放電させて再充電したものです。こちらのバッテリーを使用した場合アメリカのディーラーでメインバッテリーを交換するよりも安い金額で交換できます。IMG_4887しかし中古のバッテリーを使用しているため品質にばらつきがあるようです。交換してすぐに不具合が出ることもあるようです。オレンジに塗られたカバーが少しかっこいいですね。笑  次に日常的に使う工具などを見せてもらいました。

いかに効率の良い作業をするか

IMG_4895ターコイズのツールストレージがおしゃれです。こちらにThe hybrid havenの社長が使われている工具が収納されています。IMG_4917IMG_4913あらゆるツールが取り出しやすいように収納されています。IMG_4923アメリカのメカニックは歩合制の給料です。そのためいかに効率良く、早い作業をするかを常に考えなければいけません。 こういったプロ意識の高さは見習わなければいけない点だと思いました。IMG_4894この日はMATCO TOOLSのトラックが来ていました。IMG_4909日本ではあまり馴染みのないメーカーですが大手工具メーカーのSnap-on等に比べるとリーズナブルな価格で見た目もカッコイイです。IMG_4908IMG_4907車内には所狭しと工具がディスプレイされていました。 この日は近所の整備工場の見学もさせていただきました。IMG_4943IMG_4947ブレーキやマフラー、排ガスチェックやアライメント測定など各行程で場所が分けられており、これによって効率の良い作業ができるようです。IMG_4946この日は実際に車には触れずに日本とアメリカのシステムの違い、現在の当店に足りない事や取り入れていきたい技術などの勉強をメインにさせていただきました。

IMG_4959The Hybrid Havenの周りはこんな景色も見れました。 見渡す限りの大草原です。IMG_4961IMG_4965

野生のシカも近くで見れました。まだ子供でしょうか、かわいいですね(^^)IMG_4902今回は実際に作業する前の基本的な事を学びました、次回は実際に整備をさせていただいたりその時に学んだ故障例などをレポートしたいと思います!

 

Jul 09 2016

海外研修レポート Part1

2016年07月09日土曜日

みなさまこんにちは、お世話になっております。Facebookページの方ではお知らせしていましたが、先日、当店スタッフが海外研修に行かせていただいておりました。Facebookではあまり詳しく書く事ができなかったので、ブログでは数回に分けてより詳しく書いていきたいと思います。それでは今回のパート1からしばらくお付き合いください!

Wekfest LA

アメリカに到着して、まずはロングビーチにて行われるWekfest LAというイベントの準備から始まりました。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』もこちらのイベントにエントリーする為、車の仕上げやメンテナンスを手伝います。IMG_4458Wekfest は3年ほど前から日本でも開催されています。世界各国から注目されている車好きが集まるハイレベルなイベントです。IMG_7747IMG_7694IMG_7698ショーが始まるとこんな感じです。詳しくは先日の『wekfest LA』のブログをご覧ください。Wekfest LA も無事に終わり、いよいよ海外研修の1番の目的地『Hybrid haven』へ出発します。

The Hybrid havenへの道のり

Kyoei USAがありますアナハイムからThe Hybrid havenまでの距離は約440マイル、キロに直すと約700キロあります。同じカリフォルニア州ですがここまで距離があることにアメリカの広さを痛感させられます。I-5という道をひたすら北上します。IMG_4794 まさにアメリカ!という景色です。IMG_4797IMG_4801気温はどんどん上昇し華氏100度まで上昇しました。摂氏に直すと36度ぐらいで日本の真夏の気温です。IMG_4803道のりが長いので程よく休憩を交えながら向かいます。IMG_4808IMG_4814IMG_4815サンフランシスコにあります有名なゴールデンゲートブリッジまで来ました。サンフランシスコは霧が濃いことでも有名でこの橋が赤色をしているのも霧の中でも見やすいようにと言われています。この日も霧が濃くて橋の一部分しか見えないほどでした。IMG_4820IMG_4834IMG_4840ここに来て気温は華氏55度、肌寒いぐらいです。1日で夏と冬を体感したような感じです。

美しいオールドタウン、ペタルマに到着!

IMG_4851ペタルマに到着しました。すっかり夜です。IMG_4853今回の宿がこちらのホテル・ペタルマです。非常に古い建物ですがお洒落です。

このペタルマという街は1973年に公開された映画、アメリカン・グラフィティの撮影場所にも使われた街で、古い建物が並ぶ街並みが印象的です。IMG_4867 IMG_4865 IMG_4862ペタルマに到着したところでPart1はこの辺にしておきます。次回Part2はいよいよThe Hybrid haven編です!