May 13 2017

デモカー ZVW30プリウス Wekfest Japanに向けてのリメイク

2017年05月13日土曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日アップさせて頂いた『Wekfest Japan』に向けて、当店のデモカーも少しリメイクさせて頂きました。まずは内装のリメイク箇所を紹介していきます。

内装はこれまでにも少しづつ後期仕様の部品に交換していたのですが、今回は目立つ部分でセンターパネル、グローブボックスの上側、アームレストを交換していきます。IMG_5256 IMG_5269IMG_5271

まずはパネルとグローブボックスの蓋です。こちらは今回ZVW35プリウスPHVのソフトパッド表皮タイプをチョイスしました。こちらは後期純正よりも高級感があり、前期型のプリウスにも無加工で取り付けできます。ステッチも入るため高級感があります。IMG_5278アームレストもこちらのステッチが入るタイプに交換します。こちらは後期型の『 マGツーリング レザーパッケージ』というグレードのものです。こちらもソフトな質感で、普通の後期純正の物よりも高級感がある部品です。IMG_3271取り付けていきます、シートカバーも合わせてステッチが入るものに交換しました。IMG_3270 IMG_3272どうでしょうか? プリウスは燃費だけでなく素材も『エコ』なので、内装のプラスチック感を気になされる方も多いかと思います。こちらのパネルに交換するだけでかなりの質感アップを実現できます。続いて外装です。 IMG_3294 IMG_3296クォーターガラスにルーバーを取り付けました。ちょっとしたアクセントですがリア周りに引き締まった印象を与えてくれます。少しクラシカルなイメージもありますので、クラシカルなデザインのホイールと合わせたりするのもオススメです。IMG_3243IMG_3302フロントには新たにAimgainさんより発売されました、Type Vボディーキット用のリップスポイラーを装着しています。こちらを装着する事でスポーティーな印象にもなります。リップスポイラーにボリュームが少ないためVIPスタイルの車にも、また走りを意識したスポーク系の1ピースホイールを合わせてもかっこよさそうですね!IMG_5650 IMG_5653そんなこんなで5月3日は無事にWekfest Japanにエントリーする事ができました。当日も多くの方々にお声かけいただけて有難い限りでございます。これからも気兼ねなく乗れるクルマ作りや、取り付けが簡単、尚且つ満足度が高い商品、などなど随時紹介していけたらと思います。今回取り付けたPHV純正のパネル類なんかも、純正部品ということもあり取り付けもしやすく信頼性が高い部品ですのでオススメです(^^) 気になったりご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください、よろしくお願いします!

 

使用した純正部品です。

センターコンソールパネル  55406-47120-C0

ドリンクホルダー      55620-47080-C0

グローブボックス アッパー 55511-47070-C0

レザーコンソールパッド   58906-47050-C2

Feb 01 2017

Autofashion VIP Fest Japan 大阪 ATCホール 

2017年02月01日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。1月29日に大阪、ATCホールにて行われたイベント、『Autofashion VIP Fest Japan 』が開催され、当店もブース出展させていただきました。

『Auto Fashion Vip Fest』 は、アメリカ サンディエゴのショップ、Autofashion USA が毎年アメリカで開催しているVIPスタイルな車のイベントです。Kyoei USAではスポンサーやブース出展などでサポートさせて頂いたり関わりの深いイベントです。日本では今回が初開催となり、VIPスタイルの車以外にも、アメリカを意識してカスタムされた車が多数エントリーされていました。当日の模様をアップしていきたいと思います。

IMG_1106ブースの設置が終わったところです。お隣はAimgainさんでした。Aimgainさんとは日本だけのお付き合いだけでなく、Kyoei USAで代理店をさせて頂いていることもあり、この日も色んなお話をさせて頂いて非常に感謝しています。

今回は大阪のBALANCE AUTO PARTS WAREHOUSEさんとブースをシェアする形でしたので、当店の商品に加え、50プリウス用のStatic 車高調、リア調整式アッパーアーム、話題のカチッとナンバーに国産3ピースホイールブランド『BROCADE』のホイールなど、賑やかなブースになりました。IMG_0404IMG_0399IMG_1110

Aimgainさんのブースには、東京オートサロンで展示されていたGT-Rが展示されていました。ホイールはアメリカのブランド『SAVINI』製の3ピースです。

IMG_1159 VIPfestというイベントの名にふさわしく、レクサスなどのセダンが多数エントリーしていました。ただ、過度なキャンバーが付いたりマフラーがバンパーから飛び出しているような車は少なく、日本のVIPとはまた違った、 アメリカのUS VIPなスタイルの車が多かったのではないかと思います。IMG_1162 IMG_1182 IMG_1175 IMG_1198 IMG_1200 IMG_1207IMG_1169トヨタの最上級セダン『センチュリー』もエントリーしていました。綺麗にフェンダー内に納められたホイールに漆黒のボディーがマッチしてかっこいいです。 IMG_1173IMG_1251 セダン以外の車種も多数エントリーされていました。こちらのLevel One Japanの小林さんのアコードツアラーは綺麗に作りこまれたエンジンベイが目を引きます。エンジンベイだけでなくホイールをはじめとする足廻り、内外装の各部が北米Acura TSX Sports Wagon仕様になっていたり、細部にまでこだわりがちりばめられた一台でした。IMG_1248IMG_1222 IMG_1228 IMG_1218こちらのLEXUS SCは日本のVIPシーンではあまり見ない車種です。ボディーとホイールのカラーマッチングも良くて、オーバーフェンダーもとても綺麗なラインで作られていました。IMG_1237 こちらはSpeziellさんの50プリウスです。IMG_1231 エモーショナルレッドは深みがあってとても綺麗な色です。IMG_1239IMG_1283 こちらのプリウスは希少色、ブラウンマイカメタリックのボディーとゴールドのホイールが良くあっています。色合いってすごく大事ですねー。オーナー様とお話できず残念でした。IMG_1287

LexonACC さんのブースには北米トヨタ専売車であるシエナが2台展示されていました。 IMG_0295 2IMG_1151IMG_1148 IMG_1154同じ車種でもパーツのチョイスやホイールで大きく雰囲気が違います。二台ともかなりの低車高ですが、エアサス搭載ですので普通に乗れるのが魅力です。乗ってよし、見せてよしの、バンにはもってこいのスタイルですね!

その他にも多種多様な車、バイクがエントリーされていました。IMG_0263 IMG_0264 2 IMG_0265 2 IMG_0266 IMG_0267 IMG_0277 IMG_0284 IMG_0375IMG_1253

IMG_1349 IMG_1341 IMG_1339 IMG_1331 IMG_1319 IMG_1315 IMG_1311 IMG_1300 IMG_1296 IMG_1113 IMG_1214 IMG_1210IMG_1281 IMG_1279 IMG_1276

1月開催で、寒さや悪天候が心配でしたが、幸い最後まで天気も持ってくれて寒さもそこまで酷くなくて快適でした。ブース出展されていた業者様やブースを訪ねて頂いたお客様とも楽しくお話ができて、とても楽しい時間を過ごす事ができました。来年も開催していただけるように、当店でもできる限りのサポートをしていけたらと思います。IMG_0423IMG_13902017年最初のイベントも無事に終わりました。次は来週行われる大阪オートメッセに行く予定です。そちらもまたブログにしていきますので、今後ともよろしくお願います! それでは、まだまだ寒いですので体調を崩されたりしないように気をつけましょう、最後まで読んでいただきありがとうございました!

Oct 24 2016

Speziell Duck Tail Rear Spoiler スペジール ダックテールリアスポイラー 

2016年10月24日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。30プリウスのリア周りにアクセントをプラスできるリアスポイラーの紹介です。

今回当店のデモカーに装着したのは、奈良県生駒市にありますショップ『Speziell』さんのダックテールタイプのリアスポイラーです。文字どおりアヒルの尻尾のようなデザインが特徴です。

取り付けは純正のリアスポイラーを取り外してこちらのダックテールスポイラーを取り付けます。IMG_0341

注意する点としてはハイマウントストップランプの取り付けが出来ませんので、室内への移設が必要です。社外品でも後付けハイマウントストップランプが発売されていますので、そちらを装着すれば見た目的にも機能的にも問題ありません。もっとも簡単な方法としては純正のストップランプをこのように貼り付けるだけでも車検には通ります。IMG_0963IMG_0965

こちらが取り付け後の写真です。

IMG_0343テールランプのラインに沿っているのキレイです! 少し男前なリアビューになりました!笑

IMG_6628こちらのリアスポイラーはKyoei USAのデモカーにも装着しています。アメリカ人にも結構ウケが良い商品です。IMG_0864シンプルな外装にもよく似合う絶妙なバランスのこちらのリアスポイラーは、プリウスのリアビューに少し物足りなさを感じている方にオススメの商品です!最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

Feb 25 2016

Kyoei USA ZVW30 Prius Part2

2016年02月25日木曜日

みなさまこんにちは、先日のKyoei USAのプリウスのお話の続きです、今回は2015年から現在の姿を紹介させていただきたいと思います。2015年のSEMA Show の前に、エアロパーツやホイールを一新しています。

IMG_6620

IMG_6614IMG_6611IMG_6628

ホイールはAimgain GⅡM からWeds MAVERICK 709Mへ変更されています。色は新色のSAMURAI GOLDです。 アメリカに拠点を置き活動している当社の支店であるKyoei USAにSAMURAIのネーミングが合っているような気もします(^^) エアロパーツはAimgain Type ⅢからType Ⅴに、リアスポイラーが日本のプリウス用アフターマーケットパーツでおなじみのSpeziell(スペジール)さんのダックテールウイングに変更されています。

12773384_10208981362519566_1402977642_o12773300_10208981361199533_1392116536_o12751899_10208981363799598_262714698_o

 

インテリアの方ですが、エアサスのタンクやコンプレッサー類もシンプルにまとめてありoem audio+(Plus)社のオーディオシステム、サブウーファーも相まってラゲッジスペースも純正と同等に確保されています。

12767879_10208981386360162_560607016_o 12765764_10208981386600168_903806166_o

ドリンクホルダーの位置にAir lift performance社のAuto Pilot V2 Digital Air Managementのコントローラーがマウントされており四輪のエアバック内のエア圧が常に管理しやすいようになっています。 フロントテーブルのドリンクホルダーにはアメリカでは珍しい『コップのフチ子』さんが!笑 日本ではアメリカの雑貨がウケたりしますがアメリカではこういう雑貨がウケたりするんですね、笑

 12773356_10208981335198883_1847732264_o

2012年から組まれているACCさんの足廻りはトラブルもなくとても信頼性が高いです。クスコ製のスタビライザーやストラットタワーバー そしてリアパワーブレースなども装着してあり、走りも楽しめる足廻りになっております。アメリカは日本に比べ道も悪く大きな段差も多いため、エアサスの利便性がとても際立っていました。 日本でも立体駐車場など予想外の段差に出くわすことが多いので車高の低い車を持っている僕にとっては素直にいいなあと思える物でした。

Kyoei USA のホームページやFacebook、instagramページではプリウスをはじめとするカスタムカーの写真や情報がアップされていますがこちらでも随時リンクしながらアップしていきたいと思います。それでは最後になりましたが2月もあともう少し、寒い日が続いていますが風邪などひかぬよう頑張りましょう!