Apr 01 2017

Prius Prime ZVW52 プリウス PHV 北米仕様車

2017年04月01日土曜日

皆様こんにちは、先日トヨタのディーラーにて『新型プリウスPHV』の試乗をさせていただきました。今回はKyoei USAより、北米仕様のプリウスPHV の写真が届きましたので紹介したいと思います。

IMG_2585アメリカではプリウス PHVという車名では無く、Purius Prime(プライム)という車名で販売されています。IMG_2588IMG_2560ヘッドライトのデザインなどは日本仕様とほとんど変わりませんが、点灯方式が違います。写真のようにサイドマーカーがオレンジに光るのが特徴的です。IMG_2598 IMG_2589IMG_2583内装はハンドル位置が変わり、各部の表記が英語になります。ナビの画面が曇って見えますが、保護フィルムが貼ってある為です 笑IMG_2607表記以外にも所々スイッチが違ったり、間違い探しをするのも面白いですね!IMG_2735メーカーオプションでも日本には無いカーゴクロスバーや、車名が変わるためフロアマットのロゴなんかも変わります。ただメーカーオプションのラインナップは日本に比べてかなり少なく、カタログはものすごくシンプルです。IMG_2566IMG_2597IMG_2604IMG_2570試乗もさせていただきました。IMG_2573試乗車のHyper Sonic Red のボディーはアメリカの青空に映えますね! オプションや装備が日本仕様に比べてシンプルでな為か、価格も日本仕様より若干控えめでした。IMG_2737さすがに実車はありませんが、北米仕様車のカタログは当店にもございます。あまり日本で目にする物では無いと思いますので興味のある方は是非見に来てくださいね! 日本のカタログと見比べるのも楽しいですよ(^^)

Mar 01 2017

〜ハイブリッド車のその先へ〜 プリウス PHV ZVW52 試乗日記

2017年03月01日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日発売され、気合の入ったテレビCMも放送され、一躍注目の車種となっている『新型プリウスPHV』の試乗車が、地元のディーラーさんにも入ったとの事で、早速日曜日に実車の見学、試乗をさせていただきました!IMG_2079試乗させていただいたのはA プレミアム(最上級グレード)で、ボディーカラーが今回のプリウスPHVのために開発された”スピリテッドアクアメタリック”です。曇り空の下でも鮮やかに輝いていました。IMG_2080こちらがプリウスPHV の大きな特徴である充電ポートです。ここに電源を繋いで充電をします。200V電源で約2時間20分で満充電、急速充電器がある場所なら約20分で80パーセントまで充電できます。(Sグレードの場合、急速充電ポートはメーカーオプションです) 満充電でのEV走行距離はカタログ値で68.2キロ、と先代を大きく上回るスペックです。IMG_2083プリウスPHVは、50型プリウスとは一線を画すデザインになっています。

IMG_2084ヘッドライトは細くスタイリッシュになっています。未来的な雰囲気を感じますね!IMG_2129テールゲートに沿ったデザインのハイマウントストップランプや真ん中に向かって湾曲したリアガラスなど、斬新なデザインが随所に取り入れられています。IMG_2099IMG_2086 IMG_2089インテリアで一番に目を引くのがこちらの11.6インチナビゲーションではないでしょうか?IMG_2120かなりの大画面ですが運転中に気が散るような感じはありませんでした。画面が大きいので文字も見やすく操作性もよかったです。IMG_2088運転席のシートは50プリウス同様に包み込まれるような安心感があり、とても座り心地が良いです。IMG_2094そしてプリウスPHVは乗車定員が4人ですので、リアシートがこのようなレイアウトです。しっかりとしたアームレストがあり、左右が独立した事によって、シートの座り心地には特別感を感じました。このシートなら長距離のドライブでも不満を感じなさそうです。IMG_2123IMG_2122トランクスペースは、バッテリーが大きくなったぶん底が上がり少し狭くなっています。手前に充電ケーブル等を収納できるスペースが確保されていました。IMG_2124バックゲートの素材にはカーボンファイバーが採用されています。ゲートを開けた部分は塗装されておらずカーボンの模様が分かるようになっていました。レーシングカーみたいでかっこいいですね!IMG_2111走行性能の方ですが、EV走行時はかなり静かです。アクセルのレスポンスも良くてドライバーの意思がしっかり車に伝わってくれる感覚です。加速時はデュアルモーターに切り替わるため、上り坂でもしっかり加速してくれました。IMG_2113EV走行時はエンジン音がしなくてとても静かなのは当たり前のことで、加速時も振動がほとんどなく普通のガソリン車に慣れている僕としてはかなりの違和感でした。静かでスムーズな加速感は病みつきになりそうです!笑

プリウスPHVに乗ってみて感じたことは普通のプリウスとは少しジャンルが違うかなと思いました。プリウスPHVの最大の魅力は『充電して電気自動車として機能すること』ですよね。それに電池がなくなればハイブリッド車としてガソリン1Lあたり30キロ以上の高燃費を叩き出す保険が備わっている訳です。よくネット上なんかでは50プリウスとプリウスPHVはどっちがお得なの?みたいなコラムを見かけませんか?

どっちが得か、というお話になってくるとあらゆる計算を駆使してご自身のライフスタイルに当てはめれば必ず答えは出ます。ただ実際に乗ってみるとそういった数字よりもトヨタ自動車の拘りや先進性の素晴らしさ、プリウスの名の通りの『先駆け』に乗って走っているような感覚がなんとも誇らしい気分でした。

IMG_2146カタログのキャッチコピーのように『プラグインハイブリッド車』はまだまだ少数派で特別な存在です。充電できる施設もこれからどんどん増えてくると思いますし、設備が追いついてくれば『充電できる』という最大の特徴が大きなメリットになることは間違いありません。先ほど少し触れましたが『プリウス』はラテン語で『先駆け』という意味です。プリウスはハイブリッド車の地盤を築いた、いわば『先駆車』です。今やハイブリッド車は当たり前の存在となりました。今回のプリウスPHVのデビューで、また新たな未来が作られていくのではないかと感じさせてくれる、そんな試乗体験でした。

今回は最新のプリウスの紹介をさせて頂きましたが、今後、歴代のプリウスの紹介なんかもできたら面白いかなと思っています。少し長くなってしまいましたが、今回はこの辺で失礼します、最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

Jan 10 2017

2017 Prius Prime プリウス プライム発売

2017年01月10日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。昨年から発売が延期されているZVW50プリウスのプラグインハイブリッドモデルである『PHV』ですが、アメリカの方では『Prius Prime』 の名前で正式に発売されたようです。日本では2月に発売が予定されていますが、こちらでは先に北米仕様車の紹介をさせていただきます。画像はTOYOTA USA様より引用させて頂いてます。

PRP_MY17_0036_V001 PRP_MY17_0081_V001PRP_MY17_0092_V001独特なデザインで賛否両論だったZVW50プリウスですが、今回のプラグインハイブリッドモデルでは大きくデザインが変わっています。PRP_MY17_0018_V002 PRP_MY17_0039_V001 PRP_MY17_0057_V001インテリアで1番に目を引く大型ディスプレイですが、こちらは北米仕様車に関しては真ん中のグレードから装着されるようです。PRP_MY17_0071_V001 PRP_MY17_0137_V001気になる価格なのですが、アメリカでの価格は27100$〜一番高いグレードで33100$ほどです。日本ではまだ価格が正式発表されていませんが参考になる数字ではないかと思います。EVとしての性能が大幅に向上し、ルックスも一新されたプリウス PHV、実車に触れるのが非常に楽しみな1台ですね!

Aug 23 2016

理想のカーライフの為の『パーソナライズ』

2016年08月23日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は当店のブログのタグなどによく使わせていただいている『パーソナライズ』という言葉についてお話させていただきます。

『パーソナライズ』とは簡単に説明させていただきますと、何かをその人に合わせてカスタマイズする、という意味の言葉です。当店ではそれをお客様のカーライフに当てはめて考えさせて頂いております。

今までのカスタムカーや改造車、などの言葉に変わり、お客様にとって親しみやすいカーライフを実現していくために、これから当店では『パーソナライズ』という言葉を使っていきます。IMG_9182-2例えば当店のデモカーは、カーショーにも出せて普段乗りや通勤も普通にこなせてさらには車検も問題なく通すことができます。気兼ねなく乗れるショーカー、検問に遭遇しても涼しい顔で通過できる、というのはカスタムカー好きにとっては魅力的な一面なのではないかと思います。IMG_9302

シンプルで派手さはないのですが、最近では道路交通法も厳しくなっています、このようなカスタムを求める方がこの先増えてくるのではないかと当店では予測しています。この先の厳しい法律の中でも思いっきり楽しめるカスタムの提案、というのは今後も当店が取り組むべき重要なポイントです。

ただ、誰もがこのようなカスタムカーが好きな訳ではないですよね? プリウス以外の車種もありますが、他にも例を挙げて説明していきます。ImageUploadedByTapatalk1372990460.055741 IMG_0378

こちらのプリウスの屋根にはルーフラックが取り付けられています。それによってプリウスというコンパクトセダンでもマウンテンバイクやスノーボードを運ぶ事ができます。

車内に積むこともできますが、荷物のことを考えたり複数名で乗車されることを考えますと、このように大きいものを屋根に積むことでスペースを大幅に確保することができます。こんな趣味があるけど車は燃費が良いほうが…、といった方にはこのような仕様をお勧めしていきます。これもパーソナライズです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA所有しているボートが屋根に乗るサイズでは無い、という方にはトレーラーヒッチを付ける等の手段もあります。ただこちらの方法ではボートトレーラーを置く場所などが必要ですので、そういった点なども含めてお客様に合うプランで作り上げていける、というのが当店の進めている『パーソナライズ』という手法です。2cpcgfb こちらはバイクをトレーラーヒッチに付けたキャリアに載せられています。この方法は日本では少し難しいかもしれませんが参考までに…笑43e62e873d

内装を可愛くおしゃれに張り替えされている例です。一気にオリジナリティーが出ますね(^^)

M

釣竿なんかはあまり車外に積みたく無いですのでこのようなロッドホルダーがオススメです。461371ニュースにもなっていますがエコカー限定のレースも行われています。プリウスでスポーティーな走りを楽しむためのパーツもたくさん発売されています。プリウスという車の持つ可能性は無限大です。P1570260他にも後部座席に車中泊のためのベッドを作るなど、挙げだすとキリが無いのですがそれだけパーソナライズという言葉の受け皿が大きいんです。2016-toyota-prius-towing-package

カスタム、改造などは少し敷居が高く感じられるかもしれません。『パーソナライズ』の場合そのような敷居は一切ございません。車内にいい匂いがする芳香剤を置きたい!とか、子供のために後部座席にモニターを付けたい!というのもパーソナライズです。IMG_9393

何か一つでも自分の車にこだわった部分があれば所有する喜びがぐっと増すものです。お客様にとって1番良いストーリーをお客様と共に作り上げていく、これから当店では積極的に『パーソナライズ』という手法を取り入れていきます。無理のないプラン、無理のないスタイル、お客様の愛車を当店も理解しお客様自身も理解する。それが当店の想う理想のカーライフです。IMG_9737のコピー

車好きの方、車を便利に使いこなしたい方、色々な方のニーズに応えお客様の愛車の価値をさらに高めていく事にこれから取り組んでまいります。

 

Jun 16 2016

新型プリウス PHV 最新情報!

2016年06月16日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております、先日当店のブログで『新型プリウスPHV』について書かせていただいたのですが、最近日本でも実車が公開されいよいよ発売に向けて本格的な動きになってまいりました。top_imgトヨタ自動車さんのサイトにも新型PHVのページができていますのでそちらから情報を頂いております。PHVの発売に伴い、写真のスピリテッドアクアメタリックというボディーカラーが新たに追加されました。 さらに新たな情報として写真のソーラー充電システムなどが取り入れられたようです、img_01ソーラールーフで発電した電力を専用のECUを介して駆動用のバッテリーや12ボルトの補機バッテリーへ供給されます。走行中も発電できるため燃費の向上に貢献します。

さらに公共施設などにも設置されている急速充電器にも対応し、約20分で満充電できます、これまで通り家庭用のコンセントでも充電できるのでさらにプラグインハイブリッドとしてのメリットをさらに活かすことができますね(^^) それに加えてエンジンで発電するバッテリーチャージモードという機能も追加されこちらでも走行中に電気を貯めることが可能です。

走行性能では従来型のEVモードでの走行できる距離がカタログ値で26.4キロ、最高速度が100キロでした、新型では走行距離がおおよそ2倍の60キロ、最高速度に関しては135キロをテストコースで記録したそうです。60キロ走行できれば通勤でガソリンを使うことはほぼなくなりそうです 笑

インテリアではやはり大型のディスプレイが目を引きます。img_01 (1)

 

大画面で情報をわかりやすく表示し、操作性もスマートフォン感覚でとてもいいようです、もう一つ大きく変わっている点が乗車定員です、今回のPHVは4人乗りになっています。rear_img_01四人乗りになったことによりさらにプレミアム感は増しています、後席でもゆったりくつろげそうですね(^^) img_front img_rearさらにシャープになった新型プリウスPHV、多くの先進機能満載で実車を見るのがとても待ち遠しいです。気になる発売日は10月26日と噂されていますが確実な日にちは決まっていないようです。また価格もまだ発表されてはいないのが現状です。こちらの車種に関しては今後も情報が入り次第アップしていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

Mar 24 2016

Prius Prime 新型 プリウス PHV

2016年03月24日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。 今回のお話は、先日発表されました新型プリウスのプラグインハイブリットモデル『PHV』の情報を紹介させていただきたいと思います。

01-2017-toyota-prius-prime-ny-1

 

こちらが今回発表されたプリウスです。日本と欧州ではプリウスPHVの後継モデルに、北米では新たに『プライム』の名が与えられるようです。

02-2017-toyota-prius-prime-ny-1 05-2017-toyota-prius-prime-ny-1

08-2017-toyota-prius-prime-ny-1

外装に関してはよりシャープに、未来的な印象を受けます。ヘッドランプやテールランプも大きくデザインが変更されています。07-2017-toyota-prius-prime-ny-1

インテリアに関しては11.6インチのフルHDタッチスクリーンディスプレイが新たに搭載されています。こちらの大型ディスプレイにナビゲーション、オーディオ、エアコン、車両情報が同時に表示されるようです。 toyota-exhibited-the-new-prius-phv-us-brand-name-prius-prime-to-ny-auto-show20160323-15

 

大きく変わったのはデザインだけでなく動力機関も大きく変わっています。 EVモードでの走行距離は現行のプリウスPHVのカタログ値『26.4キロ』から『60キロ以上』と大幅に向上しています。さらにジェネレーターを走行にも使うことでツインモーターになり、よりパワフルな走りが期待できます! さらに高い暖房性能を実現できるガスインジェクション機能付きヒートポンプオートエアコン(世界初)等、気になる新機能がいくつか搭載されるようです。 情報だけでなく実車が早く見たいのですが、日本では今の所2016年秋発売予定です。 新しい情報が入りましたら随時アップしていきたいと思います(^^) 最後までご覧いただきありがとうございました!