Nov 29 2017

NHP10 アクア ハイブリッドシステム メインバッテリー交換

2017年11月29日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回も県外のお客様からのご依頼で、トヨタ アクアのハイブリッドシステムのメインバッテリーを交換させて頂きました。今回入庫したアクアは平成24年式で走行距離は約89000キロ、メインバッテリーは15万キロを過ぎたあたりから不具合を起こしがちですが今回のアクアはかなり早く症状が出たケースでは無いでしょうか。IMG_6283入庫時には既にハイブリッドシステムの異常がついた状態でした。診断機で確認したところ、『P0A80 電池内部異常』が確認できました。 IMG_6312写真で印がしてある電池ブロック4の電圧が他のブロックより低いです。電圧にバラツキが出ると、バッテリーが充電不良を起こし、異常が出てしまいます。

作業を開始するにあたり、セーフティープラグを外し、インバーターで高電圧回路が遮断されている事(0ボルト)の確認をします。IMG_6293

 

IMG_6308 

0ボルトの確認ができた所で中古バッテリーに載せ替える為にバッテリーを取り外していきます。

IMG_6290

リアシートの座面を取り外すとハイブリッドバッテリーが姿を表します。座面を外すのがとても硬いです。

IMG_6302バッテリー上部のコネクターカバーのオレンジのクリップは、IMG_6298IMG_6297セーフティープラグの下端を使用して取り外します。IMG_6299コネクタを全て外しバッテリーを降ろした所です。今回の修理で気になった点はバッテリー冷却ファンの汚れです。IMG_6306かなり埃が溜まっています。IMG_6307

 

ダクト内もこの通りです…。今回取り付ける中古バッテリーには冷却ファンが付属しておりました。そちらも中古品ですので清掃してから取り付けました。ファンに埃が溜まり冷却機能が低下しバッテリーの寿命を短くしてしまったという事も考えられます。

 

IMG_9509ホコリの侵入を防ぐ為にも通気口に被せるフィルターの装着をオススメします。

(写真は30プリウス用ですがアクア用もございます)IMG_6291

一通り作業も終わりチェックランプが消灯されている事も確認できました。

IMG_6309

試乗しても問題なく、コンピューター上でも異常は見られず無事に作業終了です。ご依頼いただいたお客様からも感謝の言葉をいただけて良かったです。バッテリーの寿命はハイブリッド車のオーナーだけでなくこれからハイブリッド車に乗られる方々もとても気になる所では無いかと思います。使用状況により個体差はありますが、発売当初よりも修理の内容のバリエーションも増えてきました。当店では新品交換だけでなく中古品の有効活用やリビルト品の使用など、お客様に合わせて色々な修理プランをご用意しております。まずはお電話からでも結構ですのでお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

Oct 25 2017

 Majical Fuse  マジカルヒューズ ZVW30 プリウス

2017年10月25日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日のラグーナテンボスで行われた『プリウス全国オフ会』の時に面白いパーツを手に入れましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_4712今回ご紹介させていただくのがこちらの『マジカルヒューズ』です。ヒューズとは定格電流より高い電圧が流れた時に電流を遮断し電気回路を保護する部品です。自動車と電気の関係がイマイチ結び付かない方も多いかと思います。昨今の自動車は電子制御の部品が多く使われていて、電気と自動車は切っても切れない関係になってきています。またプリウス等のハイブリッド車に関してはさらに電気との関わりがかなり重要になっています。IMG_5229

こちらのマジカルヒューズは従来のヒューズに比べ、電流がロスをほぼゼロにまでカットされています。電流が効率よく流れる事によって、アクセルレスポンスの向上、アイドリングの安定化、燃費の向上、オーディオの音質向上、ヘッドライトの光量アップなどなど様々な効果を発揮してくれます。

取り付け方法は説明書に指定されている部分のヒューズを交換していきます。今回はスタートキットの方を使用しましたので17個のヒューズを交換しました。IMG_471330プリウスのヒューズボックスはエンジンルーム内に1箇所、IMG_4715助手席の足元に1箇所在ります。交換作業は30分もかかりませんでした。実際に試乗してみた感想としましては、アクセルのレスポンスが良くなったのを最初に感じました。当店のデモカー(黒色)はスロットルコントローラーを使用しておりまして、ノーマルの30プリウスよりもアクセルのレスポンスは良かったのですが、マジカルヒューズに交換する事でより洗練された感覚です。燃費も平均でリッターあたり1キロほど良くなりました。IMG_7090先日水色のプリウスと乗り比べる機会があったのですが、黒色のプリウスと比べると少し加速が鈍く感じました。電気は目に見えるものでは無いので理解されにくい部品かもしれないです。しかし昨今の規制が厳しくなってきている世の中ではちょっとしたチューニングでも違法になってしまい、チューニング好きな方達の肩身が狭くなってきているのも現状です。マジカルヒューズのような一見コアなパーツも、これから脚光を浴びていく次世代のチューニングになっていくのかもしれません。お手軽に愛車のフィーリングを向上させてくれる『マジカルヒューズ』、気になったお客様は当店に資料もございますのでお気軽にお問い合わせください! トヨタの主要ハイブリッド車のスタートキットの価格と必要な交換個数は以下のとおりです。

30プリウス 前期 スタートキット 17000円 交換個数17個

30プリウス 後期 スタートキット 21000円 交換個数21個

20プリウス(HID車)スタートキット 19000円 交換個数19個

20プリウス(ハロゲン車)スタートキット 19000円 交換個数19個

アクア        スタートキット 24000円 交換個数24個

40プリウスα    スタートキット 17000円 交換個数17個

50プリウス    スタートキット 29000円 交換個数29個

当店での取り付け工賃は4000円〜になります。よろしくお願いします。

121-132.indd

Aug 28 2017

ビートソニック ブレードアンテナ

2017年08月28日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はお車のルーフなどに付いていますアンテナのお話になります。 純正のアンテナは棒状の物が多く各メーカーさほど違いのないデザインになっていると思います。今回ご紹介させていただきます商品はBeat-Sonic社製のデザインアンテナ、ブレードアンテナという商品です。 IMG_8319IMG_8321 こちらがパッケージになります。裏面は取り扱い説明書になっています。こちらの説明書に従い今回はZVW30 プリウスに取り付けをしていきます。 純正のアンテナはネジ式になっているため左回りに回すと外す事ができます。IMG_8323 取り外したところに付属のアダプターを入れます。こちらもねじ込むだけです。IMG_8325 IMG_1992 IMG_8432IMG_9110アダプターにブレードアンテナ本体を差し込んで付属の六角レンチでネジを締めれば完成です。   少しスポーティーで戦闘機の羽のようなデザインですね(^^) 色のラインナップも豊富でトヨタ純正カラーだけでも14色から選ぶことができます。ボディー色に合わせてもいいですがあえて違う色でも可愛いです!当店で製作したこちらの2台は、ホイールとリップスポイラーに合わせて白色をチョイスしています。IMG_0666 IMG_3654  カスタムというと敷居が高く感じてしまいがちですがこういった小物をつけるだけでも愛着や満足感は増してくるものです。このようなお手軽なパーツもこれからもどんどん紹介していけたらなと思います! 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)

Jun 13 2017

ハイブリッドエンブレム ボディー色塗装

2017年06月13日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はDIY初心者の方にもオススメなハイブリッドエンブレムの一部分をボディー色に塗るカスタムを紹介します。

IMG_3624今回塗装させていただくのはこちらの青い部分です。IMG_3626

両面テープで貼ってあるので簡単に剥がすことができます。剥がすとこんな感じになります。IMG_3627透明の樹脂に塗装がされていますのでシンナー等を使って塗装を落とします。IMG_3628綺麗に落ちました。こちらのパーツは年式やボディーカラーによって透明で無い場合があります。IMG_3623こちらのメタリック調ではなくグラデーションになっている場合塗装を剥がすと薄い水色の樹脂パーツになります。IMG_3643

こちらの場合ボディー色に塗装しても綺麗に発色しませんので注意が必要です…。

IMG_3631塗装を剥がした後は裏面から筆塗りしていきます。裏面から塗れば多少のムラも目立ちにくいです。市販のタッチペンなどを使えばお家でも簡単に塗装できますよ!IMG_3641 IMG_3635塗装が乾けば元どおりに両面テープで貼り付けて完成です。今回はアイスバーグシルバーメタリックに塗装してます。IMG_3642ボディー色でなくてもホイールの色やブレーキキャリパーの色なんかと合わせてみても面白いかなと思います。気軽に車の雰囲気を変えれるためオススメです! これから夏、秋に向けて車のイベントやオフ会なんかも増えてきます。まずはエンブレムチューンからでも車に対する愛着も湧いてきますよ〜!  Kyoei Japan的、簡単カスタムの紹介でした〜(^^)

Apr 17 2017

NHW20 プリウス ハイブリッドシステムメインバッテリー交換

2017年04月17日月曜日

皆様こんにちは、4月15日の土曜日に、大阪府在住のお客様からご依頼を受け、NHW20型プリウスのハイブリッドシステムメインバッテリーを交換させていただきました。今回入庫したプリウスは平成16年式、走行距離が164485キロです。あメインバッテリーは16万キロを超えたあたりから不具合を起こしやすいと言われていますので仕方がないかなといった所でしょうか。

お客様は2月に車検を受けられたばかりで、『車検が切れるまでは乗り続けたいけど高額な修理代は避けたい』と話しておられました。リサイクルバッテリーでの交換も勧めさせていただいたのですが予算が合わず今回は中古品のバッテリーを使用し交換させていただく事になりました。 IMG_3008   今回ご用意させていただいたバッテリーは走行距離約13万キロの車体から取り外した物です。もう少し程度の良い中古品もありましたが、新品のリサイクルバッテリーとの価格差があまりなかった為、お客様との打ち合わせの結果、今回はこちらのバッテリーを使用する事になりました。IMG_3003 バッテリーを取り外す前に故障の内容を確定するための診断を行います。症状がハッキリしないまま作業を進めると、必要ない部品を買ってしまったり等思わぬ出費を招いてしまう事だってあります。IMG_3006

ハイブリッドバッテリ系異常が検出されました、さらに詳しく解析すると、電池内部異常が出ました。IMG_3018こちらの数値を見れば、バッテリーが充電不良を起こし、バッテリー内の電圧にバラツキがあることがわかります。こちらのデーターを確認した上でバッテリー交換作業に入ります。IMG_3010IMG_3013IMG_3014作業は1時間半ほどで完了します。数キロの試乗後も異常は見られなかったので無事に納車です。IMG_936920プリウスは中古市場の相場もかなり下がり、営業車や通勤車など、割り切った使い方をされる場合にもオススメです。性能や燃費も現行車に負けず劣らずです。しかしながら年式的にも過走行な車体も多く、常に付いて回るのがメインバッテリーの寿命ではないでしょうか?

20プリウスの場合はリサイクルバッテリーがトヨタ自動車より発売されていましてそちらは純正バッテリーよりも5万円ほど割安で、10万円を切るぐらいの価格です。走行距離16万キロぐらいから不具合を起こしがちなメインバッテリーですがエンジン自体はまだまだ走れる場合が多いです。バッテリーを変えてでも乗り続ける価値は十分あるのではないかと、当店では考えています。

今回のケースでの修理金額は、

中古メインバッテリー47250円、

工賃17280円、

合計64530円でした。

今回のお客様のように『次の車検での乗り換えが決まっている』等、次の計画がしっかりと出来ている場合は中古バッテリーの使用も良いかなと思います。ただ中古品は品質の保証ができませんのでご理解は必要です。

ハイブリッド車に乗る上で皆様が気になされるメインバッテリーの寿命問題もかなりハードルが低い問題になってきました。メインバッテリーが原因で乗り換えを考えている方も1度ご検討されても良いかと思います。20プリウスだけでなく30プリウス、アクア等も対応させていただきます。お問い合わせフォーム、電話等でお気軽にお問い合わせください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

Feb 27 2017

Junction produce FUSA『ふさ』

2017年02月27日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。本日紹介させていただきます商品は、Junction Produceさんから発売されている『ふさ』という商品です。IMG_1916

『ふさ』と言えば昔ながらのVIPカーのイメージが強くて自分の車にはちょっと…と思われている方も多いかもしれません。そんな『ふさ』にも写真のような鮮やかな色の物が販売されている事は皆さんご存知でしょうか?IMG_2038『ふさ』は糸を束ねて作る飾りです。日本の古き良き伝統的な雰囲気を感じますし高級感を出すためのアクセントになります。IMG_1909 こちらの大きいものから、IMG_1885

このような小さめのサイズも販売されています。小さいものは従来のふさよりもカジュアルに使えるのではないかと思います。IMG_4772 IMG_4789 sstp-1206-06+1999-lexus-ls400+interior

さらに海外のVIPスタイルな車にも装着率が高く、アメリカのUS-VIPスタイルをトレースされている方にもおすすめです。定番の黒、白も良いですが写真のピンクや水色、緑など、ボディーやホイールの色、内装の色、なんかと合わせてあげればよりアクセントとして引き立ちます!VIPカーのための『ふさ』ではなく皆様のお車にあった『ふさ』を選ぶのもきっと楽しいですよ!今回はそんな『和テイスト』なアクセサリーの紹介でした!質感なんかが気になる方は当店のデモカーにも装着していますのでお気軽に見にいらしてくださいね! お手軽にJDMな雰囲気を演出できるおすすめアイテムの紹介でした。

 

Oct 24 2016

Speziell Duck Tail Rear Spoiler スペジール ダックテールリアスポイラー 

2016年10月24日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。30プリウスのリア周りにアクセントをプラスできるリアスポイラーの紹介です。

今回当店のデモカーに装着したのは、奈良県生駒市にありますショップ『Speziell』さんのダックテールタイプのリアスポイラーです。文字どおりアヒルの尻尾のようなデザインが特徴です。

取り付けは純正のリアスポイラーを取り外してこちらのダックテールスポイラーを取り付けます。IMG_0341

注意する点としてはハイマウントストップランプの取り付けが出来ませんので、室内への移設が必要です。社外品でも後付けハイマウントストップランプが発売されていますので、そちらを装着すれば見た目的にも機能的にも問題ありません。もっとも簡単な方法としては純正のストップランプをこのように貼り付けるだけでも車検には通ります。IMG_0963IMG_0965

こちらが取り付け後の写真です。

IMG_0343テールランプのラインに沿っているのキレイです! 少し男前なリアビューになりました!笑

IMG_6628こちらのリアスポイラーはKyoei USAのデモカーにも装着しています。アメリカ人にも結構ウケが良い商品です。IMG_0864シンプルな外装にもよく似合う絶妙なバランスのこちらのリアスポイラーは、プリウスのリアビューに少し物足りなさを感じている方にオススメの商品です!最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

Oct 18 2016

Inno ルーフラック ZVW30 プリウス用

2016年10月18日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は、当店のデモカーにInno製のルーフラックを取り付けました。IMG_0864こちらが今回用意した部品です。一番左の箱は、これから来る冬に向けて、スキースノーボード用のアタッチメントです。店頭でアタッチメント単体で見るよりは、車に装着して、お客様に触っていただける方が良いかと思いますので、今回デモカーに装着していきます。IMG_0907InnoはもともとRV-Innoというブランド名で有名でしたが、近年はInnoというブランド名に変更され、日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパでも販売されているブランドです。 当店はアメリカに支店があるため、Yakimaなどの海外製を用意する事もできるのですが、今回は皆様が買いやすく使いやすい、ということを1番に考え、日本のInno製をチョイスしています。IMG_0894取り付けた雰囲気はこんな感じです。かなり休日を満喫できそうな雰囲気に仕上がってきました。笑 今回ベースラックには、風切り音が少ない『エアロ』タイプのバーを選びました。プリウスの流線的なボディーラインにはこちらのバーが似合います。早速スノーボードを積んでみたいと思います。

スノーボードは尺も長く、幅もそこそこありますので、室内に積むとこうなります。IMG_0906こうなると室内スペースが犠牲になってしまいますよね、スノーボードに行かれる方ならお分かりかと思いますが、スノーボードはどうしても雪がついたり、滑った後に洗ったりするので水浸しになります。そのまま室内に積むのは抵抗がありますよね?IMG_0901屋根に積むことで水の心配はしなくても大丈夫です。水分を取ったりケースに入れる作業が必要なくなり後片付けも楽になりますね!IMG_0902アタッチメントの操作も非常に簡単です。こちらのロックをカギで外して、IMG_0897こちらのボタンを押すだけです。IMG_0905IMG_0899プリウスは屋根が低いので積み込みも楽です。このアタッチメントで最大4枚のスノーボードを載せることができます。アタッチメントの高さはもう少し上げれますので、バインディングが屋根に当たる心配もないと思います。IMG_0904プリウスはもともとトランクが広い車ですので、ルーフラックを付ければ4人でスノボードに行くことも可能です。燃費もいいですし、お出かけ向きの車ですので、こういったレジャーを満喫するためのアクセサリーはとてもオススメです!

スノーボード以外にも、自転車やカヤック、ボートなど、ベースキャリアさえ付けてしまえばアタッチメント次第で色々な物を運ぶことができて便利です。当店ではInno製キャリアの取り付け、取り寄せが可能ですので、気になられたお客様はお気軽にご連絡ください。ご来店頂けましたら、実際に触っていただくこともできます!宜しくお願いします。

Oct 01 2016

これもパーソナライズ その3 Personalize # 3

2016年10月01日土曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はパーソナライズのお話その3です。今回もエンブレムなど細かいちょっとした物のお話です。IMG_0647エンブレムの交換はかなりお手軽で、車の印象を結構変えることができます。今回はこちらのプリウスエンブレムを交換します。今回選んだエンブレムはこちらです。IMG_0650少し見慣れないプリウスロゴです。こちらのエンブレムは、初期型プリウスのエンブレムです。

純正パーツ番号は、75444-47011です。

IMG_065430プリウスのエンブレムと比べると少しオシャレな字体に見えます。IMG_0658取り付けにはエンブレムを外し、両面テープで貼り付けるだけですのでとても簡単です。IMG_0665こちらの車の雰囲気にはこの字体の方が合いますね(^^) 少しオシャレな雰囲気になりました。当店ではこのような純正部品でも注文できますのでお気軽にご相談ください。

こちらのデモカーではこのようなカスタマイズだけでなく、日頃のカーケアについても提案していける仕様です。IMG_9752こちらのプリウスに使用していますActicare RH-3というコーティング剤は洗車後の拭きあげと同時に簡単に施工できます。

IMG_0631最初の施工から約1か月が経ちましたが、しっかり撥水してくれています。こちらの商品は施工を繰り返すことでコーティング皮膜が強くなる性質がありますので、しっかりとケアしてあげることで一般的なガラスコーティングと遜色ない性能を発揮します。この持続効果に加え、1ボトルで普通乗用車で約20回分使用出来ますのでかなりリーズナブルです。

洗車は確かに面倒くさい作業です、しかし、いい道具やケミカルに出会うことで面倒に思っていた作業が急に楽しくなったりもしますよね?当店では部品を付ける事や修理する事、以外にもお客様とお客様の愛車が良い関係を作れる方法を提案していきます。まずは日頃の楽しい洗車から、これもパーソナライズです(^^)

Sep 24 2016

平成23年式 ZVW30 プリウス 2回目の車検

2016年09月24日土曜日

皆様こんにちは、お世話になります。今回は車検で入庫しました30プリウスのお話になります。今回入庫したプリウスは、新車から5年間乗られている車両で2回目の車検です。走行距離は13万キロ、5年間で13万キロということは年間の走行距離は約2万6千キロ、ということになり、一般的なお客様の平均より多いのではと思います。IMG_0316こちらのプリウスは前回の車検はディーラーで受けられたそうです。その時の走行距離が約6万キロ、ほぼ部品の交換をせずに車検を通された状態でした。そして今回が2回目、走行距離が13万キロに達した状態での入庫となりました。

まずは足廻りです。リアのブレーキに明らかな異常が見られました。IMG_0299左側がこちらの車両の左後ろに付いていたローターです。右側が右後ろに付いていたローターです。右後ろのブレーキパッドの戻りが悪くなり引きずっていて、このような変磨耗した状態になっていました。もちろんブレーキパッドと同時に即交換です。IMG_0298新品のローターと比べると一目瞭然ですね…。こちらのお客様は綾部市から京丹後市の方まで通勤されており、途中の与謝峠は冬場の凍結防止剤の散布や散水の影響で、このように金属部分が傷んでしまう事が懸念されます。IMG_0303 IMG_0305 IMG_0304リアのブレーキパッドは13万キロ無交換でこの状態です。固着の影響で偏磨耗が激しいです。プリウスはモーターでブレーキをかける『回生ブレーキ』のおかげでブレーキパッドが減りにくいです。IMG_0308 IMG_0307 IMG_0314フロントのブレーキパッドも今回交換させていただきましたが、こちらも13万キロ無交換でした。こちらも『回生ブレーキ』の働きで、13万キロ走行してもこれだけパッドが残っています。当店ではお客様の年間走行距離などを聞かせていただき、先を見据えて予防整備をお勧めさせていただくよう心がけております。

続いてはエンジンに点火する『スパークプラグ』です。イリジウムプラグの寿命は10万キロと言われています。IMG_0300 IMG_0301 13万キロ走行されてますのでプラグもかなり汚れていました。電極の消耗も見られ、オーナー様の普段からの走行距離も考慮して、こちらも今回の車検で交換させていただきました。続いてはATFです。

ATFは、メーカーによっては不具合が出るまで交換しないでください、と謳われていることも多いです。しかし気持ち良く乗るためにも当店では定期的な交換をお勧めしています。実際アメリカではプリウスのATF交換を怠って、駆動用モーターに鉄粉が入ってショートする、といった故障事例もあります。IMG_0318左が新品で右が今回交換するにあたって抜き取ったATFです。汚れもですが粘度も落ちているため、潤滑性能の低下が予想されます。

不具合が起こってからのATF交換ではリスクが高いと当店では考えています。プリウスは日頃からのメンテナンスをしっかりしてあげれば故障も少なく、長く付き合っていける車です。当店では故障を未然に防ぐためにも5万キロ走行までに交換していくことをお勧めします。

さらに故障を未然に防ぐ予防整備として『PCVバルブ』も交換しています。PCVバルブが汚れると動作不良を起こして、エンジンオイルを消費してしまうという症状が、アメリカでは起こっていました。当店でも15万キロを目安に交換をお勧めしております。IMG_9432IMG_9430

最後になりましたが、日本では車を所有すれば『車検』というものが常に付きまといます。普通車の場合、車検は2年に1回ですので、修理やメンテナンスもその時にする方が多いです。ただ車検までの2年間に、故障して入庫されるケースも多いです。故障したのが自宅や職場など日常的な場面ならまだしもですが、休日のお出かけ中、ましてや高速道路走行時でしたらものすごく危険ですし、せっかくの休日も台無しになってしまいます。IMG_0319

当店ではオイル交換の時などにも簡単な無料点検を行い、会話をすることができない車に代わり、車のプロとしてお客様に不具合箇所をお伝えするようにしています。それは何よりも、皆様の快適安全なカーライフのためです。IMG_5890これから秋の行楽シーズンです。楽しいお出かけの為に、大事な愛車とのコミニュケーションをとっていきたいですね!