Oct 25 2017

 Majical Fuse  マジカルヒューズ ZVW30 プリウス

2017年10月25日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日のラグーナテンボスで行われた『プリウス全国オフ会』の時に面白いパーツを手に入れましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_4712今回ご紹介させていただくのがこちらの『マジカルヒューズ』です。ヒューズとは定格電流より高い電圧が流れた時に電流を遮断し電気回路を保護する部品です。自動車と電気の関係がイマイチ結び付かない方も多いかと思います。昨今の自動車は電子制御の部品が多く使われていて、電気と自動車は切っても切れない関係になってきています。またプリウス等のハイブリッド車に関してはさらに電気との関わりがかなり重要になっています。IMG_5229

こちらのマジカルヒューズは従来のヒューズに比べ、電流がロスをほぼゼロにまでカットされています。電流が効率よく流れる事によって、アクセルレスポンスの向上、アイドリングの安定化、燃費の向上、オーディオの音質向上、ヘッドライトの光量アップなどなど様々な効果を発揮してくれます。

取り付け方法は説明書に指定されている部分のヒューズを交換していきます。今回はスタートキットの方を使用しましたので17個のヒューズを交換しました。IMG_471330プリウスのヒューズボックスはエンジンルーム内に1箇所、IMG_4715助手席の足元に1箇所在ります。交換作業は30分もかかりませんでした。実際に試乗してみた感想としましては、アクセルのレスポンスが良くなったのを最初に感じました。当店のデモカー(黒色)はスロットルコントローラーを使用しておりまして、ノーマルの30プリウスよりもアクセルのレスポンスは良かったのですが、マジカルヒューズに交換する事でより洗練された感覚です。燃費も平均でリッターあたり1キロほど良くなりました。IMG_7090先日水色のプリウスと乗り比べる機会があったのですが、黒色のプリウスと比べると少し加速が鈍く感じました。電気は目に見えるものでは無いので理解されにくい部品かもしれないです。しかし昨今の規制が厳しくなってきている世の中ではちょっとしたチューニングでも違法になってしまい、チューニング好きな方達の肩身が狭くなってきているのも現状です。マジカルヒューズのような一見コアなパーツも、これから脚光を浴びていく次世代のチューニングになっていくのかもしれません。お手軽に愛車のフィーリングを向上させてくれる『マジカルヒューズ』、気になったお客様は当店に資料もございますのでお気軽にお問い合わせください! トヨタの主要ハイブリッド車のスタートキットの価格と必要な交換個数は以下のとおりです。

30プリウス 前期 スタートキット 17000円 交換個数17個

30プリウス 後期 スタートキット 21000円 交換個数21個

20プリウス(HID車)スタートキット 19000円 交換個数19個

20プリウス(ハロゲン車)スタートキット 19000円 交換個数19個

アクア        スタートキット 24000円 交換個数24個

40プリウスα    スタートキット 17000円 交換個数17個

50プリウス    スタートキット 29000円 交換個数29個

当店での取り付け工賃は4000円〜になります。よろしくお願いします。

121-132.indd

Oct 17 2017

Happy Birth Day 車高調!

2017年10月17日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日お客様に30プリウスの車高調取り付けのお仕事を頂きました。しかし今回は普通の取り付け作業ではなく、奥様から旦那様への誕生日プレゼントという事でお伺いいたしました。IMG_4952今回は当店の水色のプリウスでも使用しているタナベ Sustec Pro CRをチョイスしました。こちらの車高調はアッパーマウントは純正を流用し、車高調特有のゴツゴツ感も在りません。IMG_4953詳しいスペックは以前に書いた『コチラ』の記事に書かせていただいております。そんなこんなで取り付けが完了しました。IMG_4965段差等があってもご不便が無いように控えめな車高でセッティングさせて頂きました。IMG_4968IMG_4967 朝旦那様が現場に出られてから引き取りに伺い、現場から戻られる前に納車させて頂きました。納車にお伺いした時には社員の方がサプライズの準備を始められておりました。IMG_4972対面される瞬間に立ち会いたかったのですが我々はここまでで会社に戻りました 笑

その後奥様やご依頼いただいた社員様より旦那様へのサプライズが成功したとの報告を頂き安心しました。感謝の言葉をたくさん頂きとても暖かい気持ちになりました!

IMG_4970贈り物や感謝の気持ちは贈る人にも贈られた人にもとても大事な瞬間を生んでくれるものです。今回クルマのプロとして、クルマを通じてこのようなお客様の貴重な瞬間に協力させていただけた事にスタッフ一同非常に感謝しております。このようなクルマを通じた『サプライズ』の相談も受け付けております!笑 クルマ屋さんで働いていて良かったと、心から思えた1日のお話でした(^^)

Aug 28 2017

ビートソニック ブレードアンテナ

2017年08月28日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はお車のルーフなどに付いていますアンテナのお話になります。 純正のアンテナは棒状の物が多く各メーカーさほど違いのないデザインになっていると思います。今回ご紹介させていただきます商品はBeat-Sonic社製のデザインアンテナ、ブレードアンテナという商品です。 IMG_8319IMG_8321 こちらがパッケージになります。裏面は取り扱い説明書になっています。こちらの説明書に従い今回はZVW30 プリウスに取り付けをしていきます。 純正のアンテナはネジ式になっているため左回りに回すと外す事ができます。IMG_8323 取り外したところに付属のアダプターを入れます。こちらもねじ込むだけです。IMG_8325 IMG_1992 IMG_8432IMG_9110アダプターにブレードアンテナ本体を差し込んで付属の六角レンチでネジを締めれば完成です。   少しスポーティーで戦闘機の羽のようなデザインですね(^^) 色のラインナップも豊富でトヨタ純正カラーだけでも14色から選ぶことができます。ボディー色に合わせてもいいですがあえて違う色でも可愛いです!当店で製作したこちらの2台は、ホイールとリップスポイラーに合わせて白色をチョイスしています。IMG_0666 IMG_3654  カスタムというと敷居が高く感じてしまいがちですがこういった小物をつけるだけでも愛着や満足感は増してくるものです。このようなお手軽なパーツもこれからもどんどん紹介していけたらなと思います! 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)

Aug 18 2017

エアコンリフレッシュサービス 施工実績

2017年08月18日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日ブログにさせていただいた『エアコンリフレッシュ』メニューの実績を1週間分まとめてみました。1台1台写真は撮れていませんがデーターはしっかり残してありますので例を挙げていきたいと思います。IMG_4166

平成21年 プリウス 走行距離約7万キロ  11.8℃ → 9.4℃

平成15年 ワゴンR 走行距離21万キロ  16.9℃ → 9.8℃

平成22年 フィットハイブリッド 走行距離11万キロ 12.5℃ → 8℃

平成16年 ムーブカスタム 走行距離12万キロ  14℃ → 9.2℃

平成15年 ラパン    走行距離11万キロ   13.8℃ → 9.6℃

吹き出し口の温度で11℃ぐらいまで冷えていれば十分涼しいのですが、エアコンリフレッシュを行えば、平均でそこから更に2℃ほど下がります。たかが2℃ですが10℃を切ると正直寒いぐらいです 笑 現状問題なくエアコンが効いているお客様でも、今後起こりうるトラブルを防ぐために定期的なリフレッシュの施工をオススメします。IMG_4328IMG_4333

吹き出し口の温度が15℃ぐらいだったムーブとワゴンRはガスが適量の3分の1程まで減っていました。汚れたガスを回収し、新しいガスを規定量補充することによってかなり冷えるようにはなりました。エアコンガスと一緒にコンプレッサーオイルもしっかり補充できるため、コンプレッサーの動きもよくなり、燃費の向上も期待できます。特に軽自動車はエンジンが非力ですので、効果をより体感できるかと思います。

また、プリウス等の電動コンプレッサーを搭載した車でもエアコンガスが少ない場合、エアコンの圧力をあげるのに必要以上にコンプレッサーが回ってしまいます、コンプレッサーを回す時間も長くなると、バッテリーの電力の消費が早くなります。結果、エンジンがかかる時間が長くなり燃費が悪化する事になります。

今回の事例でワゴンRのコンプレッサーからガスが漏れている所見がみられました。コンプレッサーの修理となると高額な修理になります。『次の車検で乗り換えたい』とか『古い車にそこまで修理金額をかけたくない』といったお客様は高額な修理を避けたいはずですので、1度エアコンリフレッシュを試される価値があると思います。IMG_4106 IMG_4108ただ、全てのエアコンのトラブルが、こちらのエアコンリフレッシュで解決する訳ではありません。写真のアルファードハイブリッドのように、コンプレッサーに動力が伝わらない等のトラブルの場合は、ガスチャージで治るような問題では無く、コンプレッサーの交換が必須になります。

当店ではその辺りの見極めもしっかりさせて頂きます。修理が必要であれば不調の原因をお客様にしっかり説明させて頂き、お客様の予算とも相談させて頂きながら修理させて頂きます。IMG_4323お盆を過ぎましたがまだまだ暑い日が続きます。エアコンリフレッシュで厳しい残暑も快適に乗り切りましょう! エアコンのことでお困りのお客様、こちらののぼりが目印です。お気軽にご相談ください!

Feb 01 2017

Autofashion VIP Fest Japan 大阪 ATCホール 

2017年02月01日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。1月29日に大阪、ATCホールにて行われたイベント、『Autofashion VIP Fest Japan 』が開催され、当店もブース出展させていただきました。

『Auto Fashion Vip Fest』 は、アメリカ サンディエゴのショップ、Autofashion USA が毎年アメリカで開催しているVIPスタイルな車のイベントです。Kyoei USAではスポンサーやブース出展などでサポートさせて頂いたり関わりの深いイベントです。日本では今回が初開催となり、VIPスタイルの車以外にも、アメリカを意識してカスタムされた車が多数エントリーされていました。当日の模様をアップしていきたいと思います。

IMG_1106ブースの設置が終わったところです。お隣はAimgainさんでした。Aimgainさんとは日本だけのお付き合いだけでなく、Kyoei USAで代理店をさせて頂いていることもあり、この日も色んなお話をさせて頂いて非常に感謝しています。

今回は大阪のBALANCE AUTO PARTS WAREHOUSEさんとブースをシェアする形でしたので、当店の商品に加え、50プリウス用のStatic 車高調、リア調整式アッパーアーム、話題のカチッとナンバーに国産3ピースホイールブランド『BROCADE』のホイールなど、賑やかなブースになりました。IMG_0404IMG_0399IMG_1110

Aimgainさんのブースには、東京オートサロンで展示されていたGT-Rが展示されていました。ホイールはアメリカのブランド『SAVINI』製の3ピースです。

IMG_1159 VIPfestというイベントの名にふさわしく、レクサスなどのセダンが多数エントリーしていました。ただ、過度なキャンバーが付いたりマフラーがバンパーから飛び出しているような車は少なく、日本のVIPとはまた違った、 アメリカのUS VIPなスタイルの車が多かったのではないかと思います。IMG_1162 IMG_1182 IMG_1175 IMG_1198 IMG_1200 IMG_1207IMG_1169トヨタの最上級セダン『センチュリー』もエントリーしていました。綺麗にフェンダー内に納められたホイールに漆黒のボディーがマッチしてかっこいいです。 IMG_1173IMG_1251 セダン以外の車種も多数エントリーされていました。こちらのLevel One Japanの小林さんのアコードツアラーは綺麗に作りこまれたエンジンベイが目を引きます。エンジンベイだけでなくホイールをはじめとする足廻り、内外装の各部が北米Acura TSX Sports Wagon仕様になっていたり、細部にまでこだわりがちりばめられた一台でした。IMG_1248IMG_1222 IMG_1228 IMG_1218こちらのLEXUS SCは日本のVIPシーンではあまり見ない車種です。ボディーとホイールのカラーマッチングも良くて、オーバーフェンダーもとても綺麗なラインで作られていました。IMG_1237 こちらはSpeziellさんの50プリウスです。IMG_1231 エモーショナルレッドは深みがあってとても綺麗な色です。IMG_1239IMG_1283 こちらのプリウスは希少色、ブラウンマイカメタリックのボディーとゴールドのホイールが良くあっています。色合いってすごく大事ですねー。オーナー様とお話できず残念でした。IMG_1287

LexonACC さんのブースには北米トヨタ専売車であるシエナが2台展示されていました。 IMG_0295 2IMG_1151IMG_1148 IMG_1154同じ車種でもパーツのチョイスやホイールで大きく雰囲気が違います。二台ともかなりの低車高ですが、エアサス搭載ですので普通に乗れるのが魅力です。乗ってよし、見せてよしの、バンにはもってこいのスタイルですね!

その他にも多種多様な車、バイクがエントリーされていました。IMG_0263 IMG_0264 2 IMG_0265 2 IMG_0266 IMG_0267 IMG_0277 IMG_0284 IMG_0375IMG_1253

IMG_1349 IMG_1341 IMG_1339 IMG_1331 IMG_1319 IMG_1315 IMG_1311 IMG_1300 IMG_1296 IMG_1113 IMG_1214 IMG_1210IMG_1281 IMG_1279 IMG_1276

1月開催で、寒さや悪天候が心配でしたが、幸い最後まで天気も持ってくれて寒さもそこまで酷くなくて快適でした。ブース出展されていた業者様やブースを訪ねて頂いたお客様とも楽しくお話ができて、とても楽しい時間を過ごす事ができました。来年も開催していただけるように、当店でもできる限りのサポートをしていけたらと思います。IMG_0423IMG_13902017年最初のイベントも無事に終わりました。次は来週行われる大阪オートメッセに行く予定です。そちらもまたブログにしていきますので、今後ともよろしくお願います! それでは、まだまだ寒いですので体調を崩されたりしないように気をつけましょう、最後まで読んでいただきありがとうございました!

Jan 17 2017

東京オートサロン 2017 

2017年01月17日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。車業界では恒例となっています『東京オートサロン』に出展されていたプリウスを紹介して行きたいと思います。

東京オートサロンは、その年にリリースされる最新のパーツをはじめ、レーシングカーや学生さんが作る少し変わったカスタムカーまで、いわばカスタムカーの祭典といった感じのイベントです。

デビューして約1年が経つZVW50プリウスは、今回の東京オートサロンでは去年よりも多くのパーツやカスタムのスタイルがお披露目されました。一世代前のモデルになってしまったZVW30プリウスも展示されていて、まだまだ人気があることを物語っていました。前置きが長くなってしまいましたが写真をアップしていきたいと思います!

IMG_963730プリウス用のエアロパーツでも人気があるブランド『SilkBlaze』のGLANZENシリーズ、今回の東京オートサロンで50プリウス用のフルエアロが展示されていました。 ひねりが効いたオシャレなデザインのホイールは、FAVOREというブランドの新作で、イタリアのOZ社がデザインに携わったレクサス、トヨタ車専用の鍛造3ピースホイールです。IMG_9840IMG_9839こちらはプリウスに乗っておられる方にとても人気のあるパーツメーカー『 IDEAL 』さんの50プリウスです。リアゲートからバンパーにかけての面積が多く、どうしても腰高に見えてしまう50プリウスですが、大きめのリアスポイラーが付くと印象が変わりますね!IMG_9817 IMG_9806こちらは海外でも人気のあるパーツメーカー『BLACK-PEARL~Complete~』さんの50プリウスです。50プリウス用のエアロパーツはハーフタイプと言われる純正バンパーに追加するタイプが多かったのですが、ここ最近はフルバンパータイプも続々リリースされています。IMG_9639 IMG_9638 IMG_9672 IMG_9673数ある50プリウスの中でも異彩を放っていたのが『DAZER』さんの50プリウスでした。当店のFacebookページでも以前紹介させていただいたのですが、黒い方のプリウスはアメリカで行われたSEMA Showに出展されていた車両で、今回の東京オートサロンのeco カー部門で最優秀賞を受賞されていました。バハ1000などのオフロードレースを走る車両のようなスタイルは、ここ最近雑誌などでも見かけるようになり、車高を下げると失われてしまう実用性を損なわない為、雪が多い地域やアウトドアシーンなど、幅広く楽しめそうです! ルーフボックスをボディー色に塗装したり海外で良く取り入れられている手法をさりげなく取り入れられているのも注目です! そのほかにも色んなプリウスが出展されていました、

 IMG_9742IMG_9741 2 IMG_9725 IMG_9724 IMG_9720IMG_9643 IMG_9642 IMG_9640IMG_9635 IMG_9583 IMG_9582IMG_0006 

802803エコカー部門、優秀賞はこちらの2台です。最優秀賞と優秀賞の3台全てを50プリウスが受賞していました。

東京オートサロンは終わりましたが2017年はまだまだ始まったばかりです。これからも色んなパーツ等がリリースされるのが楽しみですね! 2月には新型プリウスPHVも発売予定ですのでそちらの動向にも要注目です。最後まで読んでいただきありがとうございました!

Jan 13 2017

ZVW30 プリウス 前期 メーターくもり 無償交換  

2017年01月13日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。最近は当店の営業車としても活躍中の水色プリウスなのですが、少し気になる症状が出てきました。IMG_0894 4145987f0ba51d88aae7cf6d1385d84c

こちらはわかりやすい画像を使わせていただいてますが、エコドライブモニターの一部が曇ってしまっています。当店のプリウスの場合はよく見たら曇っている、といった感じの状態でしたので写真で写してもあまり分からないぐらいでした。この先こちらの症状が進行すると困るので早いうちに手を打っておきたいところです。 少し調べてみると30プリウスの前期型、平成21年式の一部に対して、メーカーの保証が受けられるようです。

http://toyota.jp/recall/kaisyu/130904_1.html

当店のプリウスもこちらに適合していましたので無償交換していただける事になりました。平成21年式のプリウスは結構台数も多いですし、実際に乗られている方も多いですよね? もしメーターが最近見にくいとか内側が汚れてしまっている方、一度ご自身のプリウスの年式と照らし合わせてみてください!保証期間も平成31年まで延長されていますのでまだ間に合います。 IMG_1593無事にくもりが取れてスッキリしました。もしうちのプリウスは大丈夫かな?と思われているお客様がおられましたらお気軽にご連絡ください!お待ちしています。

Jan 10 2017

2017 Prius Prime プリウス プライム発売

2017年01月10日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。昨年から発売が延期されているZVW50プリウスのプラグインハイブリッドモデルである『PHV』ですが、アメリカの方では『Prius Prime』 の名前で正式に発売されたようです。日本では2月に発売が予定されていますが、こちらでは先に北米仕様車の紹介をさせていただきます。画像はTOYOTA USA様より引用させて頂いてます。

PRP_MY17_0036_V001 PRP_MY17_0081_V001PRP_MY17_0092_V001独特なデザインで賛否両論だったZVW50プリウスですが、今回のプラグインハイブリッドモデルでは大きくデザインが変わっています。PRP_MY17_0018_V002 PRP_MY17_0039_V001 PRP_MY17_0057_V001インテリアで1番に目を引く大型ディスプレイですが、こちらは北米仕様車に関しては真ん中のグレードから装着されるようです。PRP_MY17_0071_V001 PRP_MY17_0137_V001気になる価格なのですが、アメリカでの価格は27100$〜一番高いグレードで33100$ほどです。日本ではまだ価格が正式発表されていませんが参考になる数字ではないかと思います。EVとしての性能が大幅に向上し、ルックスも一新されたプリウス PHV、実車に触れるのが非常に楽しみな1台ですね!

Dec 23 2016

年末年始の営業日のご案内

2016年12月23日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。年末年始の営業日のご案内です。

12月28日(水) 通常営業

12月29日(木) 営業時間短縮(作業最終受付PM12時まで)

12月30日〜1月5日 までお休みをいただきます。

年末年始は交通量も多くなり事故も多くなります。皆様安全運転で、残り少ない2016年を大事にお過ごしください。2016年末の挨拶

Nov 17 2016

Autofashion VIP Festival 2016

2016年11月17日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。久々のブログになってしまいました。今回は先日アメリカ、サンディエゴで行われたAutofashion VIP Festivalのイベントレポートになります。

Autofashion USAはアメリカ、サンディエゴにあります日本製のオートパーツやアクセサリー等を取り扱うショップで、特にVIP系の車種に強いショップでもあり、毎年この時期にAutofashion VIP Festivalを開催しています。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』とも古くから交流があり、こちらのイベントにはスポンサーショップとして出店させていただいております。15095494_10154717291711624_3112418175726384608_n 15085536_10154717292066624_803189024244370429_n今年もアメリカで益々盛り上がってきているVIP Styleな車や、Sema Show でデビューした車なんかもエントリーされていました。15134557_10154717291996624_3045064251058055254_n Kyoei USAからはおなじみのレクサス、プリウスに加え珍しい車種をVIPテイストに仕上げた車もエントリーしています。15094999_10154717291826624_7525722372657373756_nこちらの車はヒュンダイ ジェネシスセダンという車です。日本ではあまり馴染みのないヒュンダイですが、アメリカではよく見かける車種です。屋根が低くスポーティーセダンという印象のジェネシスセダンはカスタムのベースとしても人気のある車両です。 15094899_10154717291721624_8264071565111674173_nKyoei USA Cesar氏のLS460は、ボディーカラーが一新されていました。グレーにラッピングされたボディーがおなじみでしたが、今回は見る角度や光の当たり方で色が変化するマジョーラカラーです。珍しい色ですがこちらもラッピングなんです。15079018_10154717291921624_8234633053362757294_n Kyoei USAのプリウスは、リアクォーターガラスにルーバーを取り付けました。少しOld schoolなイメージです!15078925_10154717292021624_5714768166214950477_n こちらも日本では見かけない北米専売車、FG3型のシビッククーペです。AccさんのAirrunnerでスラムドされVIP Styleに仕上がっています。15056513_10154717291906624_8398353129910883318_n14993286_10154717291856624_3229418015454947193_nこちらのLexus ISも大きく仕様変更されています。AimgainさんのワイドボディーキットにSSRのホイールがセットされています。15055708_10154717291746624_4378984989527727198_n15036197_10154717291771624_4901761820787120922_n15037216_10154717292546624_4714882335383989624_nこちらのLexus GSは、ラスベガスのカークラブ『Lowballers』のメンバーの車です。こちらの車両に装着されているAimgainさんのボディーキット、ホイールはKyoei USAの方でサポートさせていただきました。 15055874_10154717297061624_3269740128609891361_n15027489_10154717297086624_691447926230597132_nボンネットにはリューターによる彫刻がされています。シンプルにまとまった外装にこちらのリューターによるアートが非常に良く映えます。 カッコいいです!その他にもハイレベルなカスタムが施された車両がエントリーされていました。

15135923_10154717292191624_3941304176819997562_n 15135894_10154717297566624_8939130281451525776_n 15135755_10154717298191624_268966691277814174_n 15036600_10154717309146624_2304983717317896206_n 15134795_10154717309176624_7859390067037249585_n15135823_10154717292106624_3349670997891341430_n 15135726_10154717297306624_3503062133135512270_n 15107359_10154717297706624_6954520759726604293_n15107197_10154717297976624_6616051881130109108_n 15085724_10154717297546624_8164392079877348559_n15085636_10154717298141624_4923820616747026392_n 15078523_10154717292126624_1035716556618107287_n 15078659_10154717297621624_4583497476547306906_n15056383_10154717292236624_3044436867783598312_n 15055835_10154717298236624_879412372269762771_n 15055723_10154717292266624_7289842749056014720_n 15036723_10154717292356624_4965412240376577641_n 15036462_10154717292321624_777280136157709649_n15036303_10154717297381624_2159623557920000501_n 15032283_10154717298246624_3217135334149700568_n  15027912_10154717297986624_6632275503115194548_n  15027472_10154717297491624_4424214136035728915_n        15085724_10154717297546624_8164392079877348559_n15027655_10154717297181624_5664632610758190855_nこちらのLS460はアメリカ製3ピースホイールVip Modular FXS550に、HKS製のスーパーチャージャー、フロントマウントのインタクーラー等、パフォーマンスパーツにも抜かりなしです! 15027783_10154717297786624_9040256696216831823_n15078798_10154717309196624_1045554741441125585_n15095520_10154717308641624_1553582924014620637_n2016年のVIP Festivalも無事に終わりました。そして来年1月には大阪で『Autofashion VIP Fest Japan』が開催されるようです!Kyoei Japanも参加させていただく予定ですので、詳細がわかり次第そちらの方もお知らせしていきたいと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました!