Dec 11 2017

ZVW30プリウスの補機バッテリー

2017年12月11日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。皆様の支えもあり、プリウスをはじめとしたハイブリッド車のメインバッテリーに関してのお問い合わせがここ1年でかなり増えてまいりました。ハイブリッド車と駆動用のメインバッテリーは絶対に切り離せない関係で物凄く大事な部分です。しかしハイブリッド車にも一般の車と同じ12ボルトの補機バッテリーが搭載されている事を忘れないで頂きたいので、今回は『補機バッテリー』にスポットを当てていきたいと思います。

IMG_6343

30プリウスの補機バッテリーはトランクスペースの下にあります。補機バッテリーの働きは、ハイブリッドシステムの起動(一般車のようにエンジンの始動には使用されません)、オーディオやエアコン、ワイパーなどの車内機器への電源の供給、コンピューターの制御、などが挙げられます。エンジンの始動には使用されなくても。ハイブリッドシステムが立ち上がらなくなれば結果的に走行不能になってしまいます。万が一バッテリーが上がってしまい救援を受ける場合は、エンジンルーム内の向かって右側にあるヒューズボックスの蓋を開け、IMG_6354 こちらの+が書かれた赤い蓋を開けます。

IMG_6355蓋をあけると端子になっていますのでそちらにプラス側を繋ぎます。IMG_6357マイナス端子はエンジン本体の赤丸で囲ってある部分に繋ぎます。

IMG_6359こちらの方法でプリウスのバッテリーが上がった時に他車から救援してもらう事は可能です。逆にバッテリーが上がった車に対してプリウスで救援する事はできませんので注意が必要です。

IMG_6344

ハイブリッド車は一般車のバッテリーと異なる専用品を使用しなければいけません。30プリウスの場合は、純正HDDナビ装着車にはS46B24R、ナビ無し車にはS34B20Rというサイズのバッテリーが搭載されています。

IMG_6345 2専用品として特筆すべき部分としては、万が一バッテリーが過充電されてしまった場合に発生してしまうガスを逃がすためのホースが付いています。室内にバッテリーを搭載するプリウスには欠かせない装備です。D.I.Y派の方もこちらのホースの付け忘れには注意して下さい。

IMG_6351

数あるバッテリーの中でも、当店ではパナソニック製の『Caos(カオス)』というバッテリーを推奨しております。サイズは純正の物と同じですが、性能ランクは最高水準を誇ります。さらにオーディオの音質も向上しますので、音楽がお好きなお客様にも大変オススメのバッテリーでございます。

価格の方はS55B24Rで32000円+工賃が1500円(税抜)になります。さらにバッテリーだけでなく日常的な点検もしっかりさせて頂きます。少し割高に感じられるかもしれませんがバッテリーの性能は折り紙つきでございます。これから寒くなるとバッテリーの性能も低下しがちです。当店ではオイル交換時にもバッテリーテスターを用いて点検させて頂きます。年末年始のお出かけ前に、まずは点検からでもご用命お待ちしております! よろしくお願いいたします。