Jan 28 2017

ZVW30 プリウス CURT ヒッチメンバー取り付け

2017年01月28日土曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はデモカーの水色プリウスにアメリカ『CURT』社製のヒッチメンバーを取り付けました。CURT社はアメリカではメジャーなトレーラーヒッチメーカーで、いろんな車種に対応しています。日本ではヒッチをつけて牽引する車種は、SUVなどの大型車に多いイメージですが、アメリカをはじめとする海外ではプリウスのようなコンパクトな車でも、ヒッチメンバーをつけて牽引したり、荷物を積んだりしています。

当店ではプリウスをより便利に有効に使っていただくために、屋根に荷物を積む『ルーフラック』を紹介させていただきました。プリウスを購入することに興味を持たれたお客様からよく聞かれる不満の一つに『荷物が載らない』という意見があります。確かに一般的なミニバンやSUVに比べると室内空間は狭くなります、それなら車外に積むのはいかがでしょうか? ということでそのベースとなりますヒッチメンバーを、今回取り付けていきたいと思います。

IMG_0123取り付ける場所としてはリアバンパーの下側というか裏側に当たる位置です。IMG_0118向かって左側にある牽引ロープをかけるフックと、IMG_0120右側はマフラーを吊るブラケットの穴を使用しますのでこの二つを取り外します。IMG_0131取り付ける前にアクティケア RH-3でコーティングしました。取り付けた後に、後ろから見える部分ですし、こういう所が綺麗な車はカッコ良さも倍増(当店的には)です!

コーティングも済んだのでいよいよ取り付けです。リフトがあればそんなに難しい作業ではないですが2人での作業がスムーズかと思います。IMG_0135左側はこんな感じです、取り付け用のボルトは付属します。IMG_0138右側はマフラーを避けるように取り付けします。IMG_0139マフラーのブラケットと共締めする形になります。これで取り付け完了です。IMG_0141IMG_1674 IMG_1677ルーフラックも相まってかなり趣味を満喫してる感じが出ました。プリウスは燃費がいいので浮いた分でキャンプ用品を買ったり、少し贅沢な食材でBBQもできますしなんだかワクワクしてきませんか?笑 最近はオートキャンプ場なんかもきっちり整備されていて車高が低い車でも遊べます。室内に載らない物もあれば、室内に載せたくない物もありませんか? そういった時にもルーフラックやヒッチメンバーが皆様のお役に立ちます。

プリウスが欲しいけど‥みたいなお悩みも、当店のデモカーのようなスタイルならもしかしたら解決できてしまうかもしれませんよ! 通勤も休日のレジャーも問題なくこなせるスタイルの提案です。こちらのヒッチメンバーの使用例なんかも、これから紹介していきたいと思います! プリウスの可能性はまだまだ広がって行きそうですね!

 

Dec 12 2016

京プリウス Vol.4

2016年12月12日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。12月になり本格的に冬の訪れを感じますね!季節の流れとともに恒例となっていますのが、京都限定プリウスの『京プリウス』です。12月に入り待望のVol.4が発表されました。京プリウスのホームページより画像を抜粋させていただき紹介していきたいと思います。kp4_ttl_design

kp_equipment14

 

京プリウスの特徴となっていますのが水圧転写によるパネルのデザインです。今回はこちらのピンク色を基調にしたデザインになっています。

kp_equipment06 kp_equipment07 kp_equipment08 kp_equipment10 kp_equipment12

50型プリウスの白いパネルがあんまり…という意見をちょくちょく耳にするのですが、京プリウスであれば現在4パターンのデザインを選ぶことができます。歴代の京プリウスを振り返ってみましょう。

kp_equipment01 (1) Vol.1kp_equipment01 (2) Vol.2kp_equipment01 (3)Vol.3kp_equipment01Vol.4

これだけの種類があれば幅広いお客様の心を掴むことができそうです。車は外装の見た目も重要ですが内装の雰囲気や質感はドライバーにとってさらに重要ではないでしようか? 好きな色に囲まれるだけでも毎日のドライブがより良いものになるはずです。

今回で第4作目になる『京プリウス』。京都限定車になりますがもちろん京都府にお住まいではない方でも注文できます。気になられた方はお気軽にお問い合わせください!よろしくお願いします。

Oct 24 2016

Speziell Duck Tail Rear Spoiler スペジール ダックテールリアスポイラー 

2016年10月24日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。30プリウスのリア周りにアクセントをプラスできるリアスポイラーの紹介です。

今回当店のデモカーに装着したのは、奈良県生駒市にありますショップ『Speziell』さんのダックテールタイプのリアスポイラーです。文字どおりアヒルの尻尾のようなデザインが特徴です。

取り付けは純正のリアスポイラーを取り外してこちらのダックテールスポイラーを取り付けます。IMG_0341

注意する点としてはハイマウントストップランプの取り付けが出来ませんので、室内への移設が必要です。社外品でも後付けハイマウントストップランプが発売されていますので、そちらを装着すれば見た目的にも機能的にも問題ありません。もっとも簡単な方法としては純正のストップランプをこのように貼り付けるだけでも車検には通ります。IMG_0963IMG_0965

こちらが取り付け後の写真です。

IMG_0343テールランプのラインに沿っているのキレイです! 少し男前なリアビューになりました!笑

IMG_6628こちらのリアスポイラーはKyoei USAのデモカーにも装着しています。アメリカ人にも結構ウケが良い商品です。IMG_0864シンプルな外装にもよく似合う絶妙なバランスのこちらのリアスポイラーは、プリウスのリアビューに少し物足りなさを感じている方にオススメの商品です!最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

Oct 17 2016

プリウスのある生活

2016年10月17日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。本日は当店の掲げる『プリウスのある生活』についてのお話です。

京都府北部地区では、一家に1台のミニバンと通勤用の軽自動車、というスタイルが最も多いのではないかと思います。そういった中で当店が1番にプリウスを推す理由は『バランス』の良さにあります。IMG_0894

プリウスは、工場出荷状態での性能が高い上に、オーナーの物足りなさや不満を解消するためのアクセサリーが多数発売されています。お客様から言われる『プリウスがダメな理由』は、この手のアクセサリーなんかで解決できてしまう場合も多かったりします。

また、年間走行距離が1万5千キロ走られる方の場合、ガソリン代だけでも、一般的なミニバンと比べると10万円ほど違ってきます。実燃費でプリウスの方が2倍ほど燃費が良いためです。ガソリン代だけでなく、重量税もエコカー減税で減額されます。消耗品などではブレーキパッドも減りにくいですし、エアコンやオルタネーターにかかるベルトもありません、それらによって車にかかる維持費を大幅に削減できます。年間でおおよそ10万円の削減、5年乗れば50万です。車に対する絶対的なこだわりが無ければこの数字は大きいですよね?

プリウスに乗っている人が多いのも、プリウスが日本人のライフスタイルや道路交通状況に適している車だからです。IMG_9363

営業車から通勤車、さらにはイベントに出すショーカーからサーキットを走るレーシングカーまで、プリウスの可能性は無限大です。IMG_0289

プリウスに乗っている方の多くは、プリウスが1番いい車です、と言います。きっとプリウスが無くてはならない存在なのでしょう。当店では、そんな『プリウスでなければ』というお客様も、これから『プリウスに乗りたい!』というお客様のためにも『プリウスのある生活』を提案し、キャッチコピーとして、これから掲げていきます。

IMG_0814

あなただけの『プリウスのある生活』、はじめてみませんか??

 

Sep 20 2016

Kyoei Prius Photo Shoot

2016年09月20日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。つい先日のお話になるのですが当店の2台のデモカーの宣伝用の写真を撮影をしてまいりました。今までは地元以外で写真が撮れそうな場所を選んでいましたが今回は地元『綾部』での撮影です。

当店がございます京都府綾部市は自然が豊かで少し街中に入ると古い町家が見られたり風情のある街です。今回はそんな『町家』を改装して、おしゃれな飲食店として営業しておられます『ゆらり』様にご協力をいただいて撮影させていただきました。

IMG_0126古き良き町家の持つ雰囲気がいい感じです。IMG_0190こちらの広小路の店舗と由良川の方にある店舗でも撮らせていただきました。IMG_0209こちらの店舗は古民家をリノベーションされています、町家とはまた違った雰囲気ですね! IMG_0262

当店のデモカーはこのようなレトロな雰囲気にもよく合うことがわかりました!笑  今回は生活感のある写真が撮りたかったのでモデルさんにもご協力をいただいております。IMG_0129特に水色のプリウスには女性にも乗っていただきたいという思いがあるので、おしゃれな町家と女性を一緒に撮ることで少しイメージもしていただきやすくなったかなと思います。IMG_0288こちらは少し大人な雰囲気が出ました。合法での改造なら大人の女性にも胸を張ってお勧めすることができます。IMG_0296最後にグンゼスクエアさんの駐車場でも撮影しました。こちらは綾部の歴史を知る上で重要な建物で、トヨタ自動車の創業者、豊田喜一郎氏をモデルにした映画の撮影にも使われたこともあり、とても良い雰囲気です。IMG_0327綾部の名所で撮影することによって皆様に『綾部市』のことを少しでも知っていただくきっかけになればと思います(^^) 田舎ならではの自然が広がるいい街です。高速道路でのアクセスも便利になりましたので関西圏からの日帰りドライブなどにもオススメですよ! 今後も地元での撮影は行っていきますので宜しくお願いします(^^)

 

Sep 08 2016

LEXON Exclucive リップスポイラー ZVW30 プリウス用

2016年09月08日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は当店の水色のプリウスにさりげなく付いているリップスポイラーのお話です。リップスポイラーはバンパー下部に取り付けるタイプのスポイラーです。

今回は数あるプリウス用のリップスポイラーの中から神奈川県にあります『LEXON Exclucive』のリップスポイラーにしました。以前からこちらの商品はKyoei USAでも取り扱っており、今回 Kyoei Japanでも取り扱いさせて頂くことになりました。

IMG_0304取り付ける前に仮合わせをして穴位置などをチェックしました。今回リップスポイラーはボディー色ではなく、ホイールと同じ白色にペイントしました。フルバンパーでは出しにくい、ちょっとしたアクセントを出すためです。IMG_0332 IMG_0335取り付けには純正のボルト、クリップを使用し、二箇所穴を開けボルトナットを追加します。大きな加工を必要とせず、万が一外さなければいけない時にもすぐに取り外すことができます。IMG_0337エンブレムを貼り付けて完成です。IMG_0386 IMG_0387見た目はすごくシンプルです。主張が強すぎず大人っぽい仕上がりですね!IMG_0038リップスポイラーとホイールを同色の白で合わせ、パステル調なボディーカラーと相まって、可愛さもありながらカッコよさも兼ね備えている仕様となりました。IMG_0047 青空が似合う『爽やか』プリウスです。アクアブルーメタリックは黒やホワイトパールに比べ人気の無い色ではありますが、ホイールの色やリップスポイラーでアクセントを加えることによってオシャレに仕上がりました。

リップスポイラーやホイールを好みの色に選ぶのも当店の『パーソナライズ』です。最近の新車ではこのようなパーツごとの色分けがされている車種があり、お客様の好みによって選んで頂けて個性が出しやすいです。当店も、プリウスをお客様と一緒に作っていく場合、このような細かいリクエストにもしっかり答えます。興味のある方は是非当店にお立ち寄りください! 宜しくお願いします。

Sep 05 2016

Tanabe Sustec PRO CR 車高調 ZVW30 プリウス 前期用

2016年09月05日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログは、車高調のお話です。

当店の黒色のデモカーはエアサスを装着しているのですが水色のデモカーはまた違うパターンで製作していきますので、今回は車高調を装着します。

当店は認証工場ですので、最低地上高はきっちり守らなくてはいけません。低さで勝負するなら全長調整式の車高調が必須なのですが、今回は3センチほどしかローダウンしないためこちらのTanabe Sustec Pro CRというモデルをチョイスしました。こちらの商品は全長調整式ではなく、アッパーマウントやダストブーツなどを純正部品を流用するため比較的リーズナブルな価格設定になっています。IMG_0159 ちなみにですが、前期型の30プリウスはS、Gグレードのベースグレード(ソーラーパネル付きルーフ車を除く)車両とツーリングセレクションとでアッパーマウントの形状が異なる為、純正アッパーマウントを使用するこの手のタイプの車高調では、適合が2種類ありますので注意しましょう。IMG_0160ショックアブソーバーは日本の一流ショックアブソーバーメーカーKYB(カヤバ)との共同開発になります。ノンプリロードバルブという機構を採用しており、車高調特有のゴツゴツ感が軽減されています。

IMG_0161タル型のスプリングは街乗りでの乗り心地が良く、高速走行ではしっかり踏ん張ってくれるという特徴があります。

取り付けにあたってはアッパーマウントなどの部品を移植するのに少し行程は増えますが特に問題なく取り付けることができました。IMG_0294 IMG_0293赤いショックアブソーバーが良いアクセントになります。最低地上高を確保できる位置に車高調整します。プリウスは最低地上高もですがフォグランプやウインカーの高さにも注意が必要です。IMG_0315調整が終わり完成です。18インチのホイールを履かせた状態でこんな感じです。最低地上高までもう少し下げることもできるのですが、見た目のバランスを考えてこの車高で決めました。

肝心の乗り心地の方ですが車高調が入っている感じがあまりしません。純正より少し固いかな、という感じで突き上げ感も無く、かなりマイルドな乗り心地です。

こちらの車両は当初から、誰にでも親しみやすいプリウス、というコンセプトで製作しています。今回はそのプロジェクトの中でも、『車高調』という足廻りの重要なパーツの紹介でした。水色プリウスはもう少し手を加えていきますのでその様子はFacebookやこちらのブログに随時アップしていきます。よろしくお願いします。

Aug 29 2016

P.r.m 2周年ミーティング プリウス ミーティング関西

2016年08月29日月曜日

IMG_9766皆様こんにちは、お世話になっております。8月27日にBeliefさん主催のプリウスミーティング、『P.r.m』の2周年記念ミーティングが開催されました。当店も短い滞在時間にはなりましたが参加させていただきました。写真中心ですがアップさせていただきます。 IMG_9764当店のプリウスは、先週の『Offset Kings』仕様で参加しました。  IMG_9781IMG_9784 IMG_9794 IMG_9775IMG_9790  IMG_9803 IMG_9778 IMG_9823 IMG_9821 IMG_9819 IMG_9814 IMG_9810 IMG_9808IMG_9799のコピー今回も個性あふれるプリウスが多数参加されていました。また2周年記念ということもあり、いつもより台数も多かったです。同じ趣旨のミーティングを定期的に長く続けられる事はとてもすごい事で、とても大変な事だと思います。今後もプリウス好きが集まれる場所を維持できるように、当店でも出来る限りのサポートを続けたいと思います。IMG_02652周年記念のステッカーもいただきました。改めて2周年おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします! P.r.mは関西だけでなく全国各地で行われています。プリウスに乗っておられる方、是非チェックしてみてください!

Aug 26 2016

これもパーソナライズ その1/ Personalize #001

2016年08月26日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。前回の『パーソナライズ』についてのブログではパーソナライズの大まかな例を挙げていきました。今回はさらに絞り込んで愛車にちょっとしたアクセントを加えた例などを挙げていきたいと思います。

当店ではお客様にお貸しする代車に、シルバーの30プリウスを所有しています。一見普通のプリウスなのですが、言われなければ気づかないような場所に手が加えられています。

まずはリア周りから紹介していきます。

リアスポイラーは本来ボディーカラー問わず黒色なのですが、当店の代車の30プリウスはボディー同色にペイントされています。これにより少し上品な印象になっているかと思います。IMG_0188

トヨタエンブレムの中は、工場出荷状態ではトヨタのハイブリッド車特有の青色なのですが、こちらもボディー同色のシルバーになっています。IMG_0181

そしてハイブリッドエンブレムのラインは青色から黒に変えています。黒とシルバーで引き締まった印象になります。_MG_0635

ちょっとした事ですが同じプリウスが横に並ぶと結構印象が違います。街中でプリウスをたくさん見かける中で少しだけ個性を出したい!という方にはオススメです。

次にサイドからフロントです。左右のフェンダーにもハイブリッドエンブレムが付いています。こちらは施工例として片側はボディー色、もう片側はオレンジにラインを塗り分けています。_MG_0663 _MG_0645

ちなみにデモカーの黒いプリウスのエンブレムもボディー同色の黒色に塗って、一体感を出しています。IMG_0171

フロントのトヨタエンブレムもエンブレムの裏側が青くなっているのですがこちらもボディー色のシルバーになっています。_MG_0641

当店の代車30プリウスはグレードがLですので、フォグランプが無くカバーになります。そちらは本来グレーの素地なのですがボディー色に塗ることで、これも少し上品になりました。IMG_0189

本当にちょっとした事なのですが車の雰囲気は結構変わります。当店でのパーソナライズの例は今後も連載させていただきます。宜しくお願いします!

Aug 25 2016

Offset Kings Japan 2016 @ 岡山国際サーキット

2016年08月25日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日Facebookページの方でお知らせさせていただいていました岡山国際サーキットにて行われたイベント『Offset Kings Japan 2016』に参加してまいりました。当日の様子をアップしていきたいと思います。IMG_9516『Offset Kings』というイベントは、アメリカでアパレル販売や車のブログ、動画、SNSを通じて情報などを全世界に発信している『Fatlace』というブランドが主催しているアメリカ発のカーショーです。

日本で数年前に行われていたHellaflash Japanというイベントも、こちらのFatlaceが主催していたイベントで現在のスタンス系と呼ばれるジャンルが流行るきっかけを作ったブランドでもあり、Fatlaceが手がける『Hellaflush』や『Slammed Society』などのかっこいいカスタムカーが取り上げられるブログは日本でも知名度が高いです。

イベント前日の土曜日に、プリウスミーティング関西の方で交流のありますBeliefの水本さん、吉岡さんと合流して3台で会場入りしました。IMG_9332IMG_9329IMG_9348当店デモカーは、同時開催される『Formula D Asia』というドリフトの大会を少し意識して、ホイールをスポーティーなWork CR極に交換してエントリーです。19インチから18インチにサイズダウンしているため燃費も乗り心地も少しよくなりました!笑IMG_9393太陽も昇りイベントスタートです。IMG_9384 IMG_9385IMG_9368IMG_9400 IMG_9403こちらの現行型、50プリウスは大阪『Balance Auto Parts Warehouse』さんが販売するオーダー車高調『Static』の車高調、新作の調整式リアアッパーアームが装着され、とてもクリーンにカッコ良くまとまっていました! 増え始めている50プリウスのカスタムシーンも目が離せません。

他にもレクサス、トヨタのセダンやKカー、SUVまで幅広いジャンルの車種がエントリーしていました。

IMG_9436 IMG_9435 IMG_9432 IMG_9429 IMG_9427 IMG_9421 IMG_9417 IMG_9416 IMG_9415 IMG_9413 IMG_9405 IMG_9469 IMG_9479 IMG_9482 IMG_9486IMG_9441 IMG_9426 IMG_9520

カーショー以外にもFormula D というアメリカ発のドリフト大会や、IMG_9617FMX(フリースタイルモトクロス)などいろんなカテゴリーのモータースポーツが観戦できてとても楽しいイベントでした。IMG_9510 IMG_949414時になりアワード発表の時間になりました。IMG_9517IMG_9518なんと!IMG_9524Best Bagged 1st (エアサス装着車両部門 1位)をいただきました!IMG_9547車検対応というコンセプトでこちらの車両を製作してきてイベントで賞をもらえた事がとても光栄です。Offset Kingsというイベントは審査をされる方も外国人ですので、日本人の目線とは少し違った評価をされていて、その辺りも凄く勉強になりました。IMG_9528 IMG_9530写真左の方がFatlace 代表 Mark氏、右がKyoei USAのお客様であり今回イベントのスタッフとして来日していたMichael氏です。お二人とも記念写真に気さくに対応していただきとてもいい思い出になりました、次はアメリカで再会できるように一生懸命働きたいと思います!笑

イベントがお開きとなり、ご一緒させていただいた水本さん、吉岡さんのプリウスと一緒に写真撮影をしました。IMG_9579 IMG_9607 IMG_9594 IMG_9600帰り道も3台でツーリングを楽しみながらの帰宅となりました。IMG_9691 IMG_9702事故やトラブルもなく楽しい1日になりました。当店のプリウスは今週いっぱいはOffset Kings仕様で展示しています。このような少しスポーティーな仕様に興味がある方はご来店いただければゆっくり見ていただけますのでお気軽に当店までお越しください!IMG_9737のコピー