Dec 15 2017

WAKOS フューエルワン ガソリン添加剤

2017年12月15日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。本日ご紹介させて頂きます商品は和光ケミカル製のガソリン添加剤『フューエルワン』です。IMG_6377ガソリン添加剤は、自動車のガソリンに混ぜて使用します。フューエルワンはガソリンに添加する事で燃焼室や吸気バルブなどに溜まったカーボン等の有害物質を除去してくれる効果があります。さらにはキープクリーン効果もあり、汚れが落ちた部分をクリーンに保ってくれる効果もあります。

有害物質を除去する事による排気ガスのクリーン化、さらに燃料の酸化防止、ノッキングの防止、燃料ライン、燃料タンクの防錆など、これ1本で様々な効果を得ることができます。燃料の酸化防止効果は、冬の間乗らないバイクやお車をお持ちの方にオススメです。ウィンターシーズン前に添加して頂く事で乗らない間のガソリンの変質防止、燃料タンク内の防錆に効果を発揮します。

使用方法はガソリン30〜60リットルに対してフューエルワンを1本ガソリンタンクに注入します。IMG_6374ガソリンを給油する際に入れて頂くだけですのでとても簡単です。もしガソリンの残量が30リットル未満の場合は1パーセントを超えないように添加してください。アイドリング不調の原因になります。

これから年末にかけて大掃除のシーズンです。1年間頑張ってくれたお車の見えないところのお掃除に一役買ってくれる商品です。ガソリン車だけでなく軽油を使用するディーゼル車にもお使いいただけます。

価格は1本1600円で販売しております。よろしくお願いいたします。

 

Kyoei Japan / Kyoei auto service

〒623-0046

京都府綾部市大島町坂尻2番地

E-Mail : info@kyoei-auto-service.com

Dec 11 2017

ZVW30プリウスの補機バッテリー

2017年12月11日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。皆様の支えもあり、プリウスをはじめとしたハイブリッド車のメインバッテリーに関してのお問い合わせがここ1年でかなり増えてまいりました。ハイブリッド車と駆動用のメインバッテリーは絶対に切り離せない関係で物凄く大事な部分です。しかしハイブリッド車にも一般の車と同じ12ボルトの補機バッテリーが搭載されている事を忘れないで頂きたいので、今回は『補機バッテリー』にスポットを当てていきたいと思います。

IMG_6343

30プリウスの補機バッテリーはトランクスペースの下にあります。補機バッテリーの働きは、ハイブリッドシステムの起動(一般車のようにエンジンの始動には使用されません)、オーディオやエアコン、ワイパーなどの車内機器への電源の供給、コンピューターの制御、などが挙げられます。エンジンの始動には使用されなくても。ハイブリッドシステムが立ち上がらなくなれば結果的に走行不能になってしまいます。万が一バッテリーが上がってしまい救援を受ける場合は、エンジンルーム内の向かって右側にあるヒューズボックスの蓋を開け、IMG_6354 こちらの+が書かれた赤い蓋を開けます。

IMG_6355蓋をあけると端子になっていますのでそちらにプラス側を繋ぎます。IMG_6357マイナス端子はエンジン本体の赤丸で囲ってある部分に繋ぎます。

IMG_6359こちらの方法でプリウスのバッテリーが上がった時に他車から救援してもらう事は可能です。逆にバッテリーが上がった車に対してプリウスで救援する事はできませんので注意が必要です。

IMG_6344

ハイブリッド車は一般車のバッテリーと異なる専用品を使用しなければいけません。30プリウスの場合は、純正HDDナビ装着車にはS46B24R、ナビ無し車にはS34B20Rというサイズのバッテリーが搭載されています。

IMG_6345 2専用品として特筆すべき部分としては、万が一バッテリーが過充電されてしまった場合に発生してしまうガスを逃がすためのホースが付いています。室内にバッテリーを搭載するプリウスには欠かせない装備です。D.I.Y派の方もこちらのホースの付け忘れには注意して下さい。

IMG_6351

数あるバッテリーの中でも、当店ではパナソニック製の『Caos(カオス)』というバッテリーを推奨しております。サイズは純正の物と同じですが、性能ランクは最高水準を誇ります。さらにオーディオの音質も向上しますので、音楽がお好きなお客様にも大変オススメのバッテリーでございます。

価格の方はS55B24Rで32000円+工賃が1500円(税抜)になります。さらにバッテリーだけでなく日常的な点検もしっかりさせて頂きます。少し割高に感じられるかもしれませんがバッテリーの性能は折り紙つきでございます。これから寒くなるとバッテリーの性能も低下しがちです。当店ではオイル交換時にもバッテリーテスターを用いて点検させて頂きます。年末年始のお出かけ前に、まずは点検からでもご用命お待ちしております! よろしくお願いいたします。

 

Nov 29 2017

NHP10 アクア ハイブリッドシステム メインバッテリー交換

2017年11月29日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回も県外のお客様からのご依頼で、トヨタ アクアのハイブリッドシステムのメインバッテリーを交換させて頂きました。今回入庫したアクアは平成24年式で走行距離は約89000キロ、メインバッテリーは15万キロを過ぎたあたりから不具合を起こしがちですが今回のアクアはかなり早く症状が出たケースでは無いでしょうか。IMG_6283入庫時には既にハイブリッドシステムの異常がついた状態でした。診断機で確認したところ、『P0A80 電池内部異常』が確認できました。 IMG_6312写真で印がしてある電池ブロック4の電圧が他のブロックより低いです。電圧にバラツキが出ると、バッテリーが充電不良を起こし、異常が出てしまいます。

作業を開始するにあたり、セーフティープラグを外し、インバーターで高電圧回路が遮断されている事(0ボルト)の確認をします。IMG_6293

 

IMG_6308 

0ボルトの確認ができた所で中古バッテリーに載せ替える為にバッテリーを取り外していきます。

IMG_6290

リアシートの座面を取り外すとハイブリッドバッテリーが姿を表します。座面を外すのがとても硬いです。

IMG_6302バッテリー上部のコネクターカバーのオレンジのクリップは、IMG_6298IMG_6297セーフティープラグの下端を使用して取り外します。IMG_6299コネクタを全て外しバッテリーを降ろした所です。今回の修理で気になった点はバッテリー冷却ファンの汚れです。IMG_6306かなり埃が溜まっています。IMG_6307

 

ダクト内もこの通りです…。今回取り付ける中古バッテリーには冷却ファンが付属しておりました。そちらも中古品ですので清掃してから取り付けました。ファンに埃が溜まり冷却機能が低下しバッテリーの寿命を短くしてしまったという事も考えられます。

 

IMG_9509ホコリの侵入を防ぐ為にも通気口に被せるフィルターの装着をオススメします。

(写真は30プリウス用ですがアクア用もございます)IMG_6291

一通り作業も終わりチェックランプが消灯されている事も確認できました。

IMG_6309

試乗しても問題なく、コンピューター上でも異常は見られず無事に作業終了です。ご依頼いただいたお客様からも感謝の言葉をいただけて良かったです。バッテリーの寿命はハイブリッド車のオーナーだけでなくこれからハイブリッド車に乗られる方々もとても気になる所では無いかと思います。使用状況により個体差はありますが、発売当初よりも修理の内容のバリエーションも増えてきました。当店では新品交換だけでなく中古品の有効活用やリビルト品の使用など、お客様に合わせて色々な修理プランをご用意しております。まずはお電話からでも結構ですのでお気軽にご相談ください。よろしくお願いいたします。

Aug 31 2017

Stancenation Japan 大阪@タルイサザンビーチ

2017年08月31日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日大阪、タルイサザンビーチにて行われた『Stancenation Japan』に行ってまいりました。当日の様子をブログにしていきたいと思います。

Stancenation』はアメリカ、サンフランシスコで2010年頃から始まったSlammed(日本でいう車高短)されたカスタムカーを取り上げるブログをメインにしたウェブサイトです。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』とも古くから交流があります。アメリカ各地でもイベントを開催されているStancenationですが、数年前からここ日本でも『Stancenation Japan』として東京、長崎でイベントを開催されています。そして今回、関西で初めての開催となりました。

IMG_4536今回はお世話になっていますAimgainさんのブースに当店のプリウスを展示させていただきました。86用のボディーキット等Stancenationとのコラボ商品も多数リリースされていて、Stancenationと関わりの深いメーカーです。IMG_6327 当店のプリウスは新たに、30プリウス後期にオプションで設定されていた『スパークリングゴールド』仕様のヘッドライト、Inno製のルーフラック、フロントの足廻りの若干の仕様変更をさせていただきました。各部の仕様変更はまた別のブログにUPしていきたいと思います。

IMG_6332こちらもAimgainさんのデモカーのToyota 86です。こちらには新作のGT Fキットが装着されています。

今回もプリウスを中心に写真をアップしていきたいと思います!

IMG_6335 当店でも使用させていただいていますエアサスメーカー『ACC』さんは、1部改良されたAirrunner Sp-Low Ver.を装着したデモカーを展示されていました。

IMG_6336取り付けがボルトオンになり取り付けがしやすく、ダンパーやブラケットの改良により、乗り心地も以前より良くなっているそうです!IMG_4506また全上げ時の車高も今回のモデルはかなり高くまで上がるようになっています。ここまで上がればよほどの段差でない限りクリアできるのではないでしょうか。IMG_6379Speziellさんの50プリウスは、エアサスの足廻りにオリジナルのフルエアロ、Willwoodのブレーキキャリパー等、細かいところまで作り込まれた1台です。IMG_6428

IMG_6350IMG_4534IMG_4535IMG_4533IMG_634721077606_10155646080341624_8149443858169398141_nプリウスは関西でも人気車種で、土日ともかなりの応募台数だったそうです。同じプリウスでもパーツの選び方でかなり雰囲気が変わりますね! プリウス以外にも国産車から外車までいろんな車がエントリーされていました。IMG_6384 IMG_6386IMG_6411IMG_6434IMG_4532IMG_6399IMG_6361IMG_6431IMG_6414 IMG_6407 IMG_6401  IMG_6398 IMG_6395 IMG_6392 IMG_6389 IMG_6388 IMG_6380 IMG_6373 IMG_6369 IMG_6367 IMG_6365 IMG_6363 IMG_6357 IMG_6344 IMG_6341 IMG_634021032571_10155646098541624_5281544729634658773_n21032822_10155646080256624_8611874005747429466_n

まさにオールジャンルといった感じで、王道の車種から車名すら思い出せないようなレア車種までいろんな車がエントリーされていました。 軽自動車からスーパーカーまで、様々なジャンルのカスタムカーが見られるのが『Stancenation』 の魅力ではないかと思います。これから更に盛り上がりを見せてくれそうな『Stancenation』から目が離せませんね! IMG_4326

最後になりましたが、イベント中にお声かけいただいた皆様ありがとうございました! いつもブログやインスタグラム見てますというお言葉がとてもありがたいです! これからもこのようなイベントの情報だけではなく、いろんなプリウスユーザー様にとって魅力的な情報を発信していけたらと思っております。今後とも宜しくお願いいたします!

 

Aug 18 2017

エアコンリフレッシュサービス 施工実績

2017年08月18日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日ブログにさせていただいた『エアコンリフレッシュ』メニューの実績を1週間分まとめてみました。1台1台写真は撮れていませんがデーターはしっかり残してありますので例を挙げていきたいと思います。IMG_4166

平成21年 プリウス 走行距離約7万キロ  11.8℃ → 9.4℃

平成15年 ワゴンR 走行距離21万キロ  16.9℃ → 9.8℃

平成22年 フィットハイブリッド 走行距離11万キロ 12.5℃ → 8℃

平成16年 ムーブカスタム 走行距離12万キロ  14℃ → 9.2℃

平成15年 ラパン    走行距離11万キロ   13.8℃ → 9.6℃

吹き出し口の温度で11℃ぐらいまで冷えていれば十分涼しいのですが、エアコンリフレッシュを行えば、平均でそこから更に2℃ほど下がります。たかが2℃ですが10℃を切ると正直寒いぐらいです 笑 現状問題なくエアコンが効いているお客様でも、今後起こりうるトラブルを防ぐために定期的なリフレッシュの施工をオススメします。IMG_4328IMG_4333

吹き出し口の温度が15℃ぐらいだったムーブとワゴンRはガスが適量の3分の1程まで減っていました。汚れたガスを回収し、新しいガスを規定量補充することによってかなり冷えるようにはなりました。エアコンガスと一緒にコンプレッサーオイルもしっかり補充できるため、コンプレッサーの動きもよくなり、燃費の向上も期待できます。特に軽自動車はエンジンが非力ですので、効果をより体感できるかと思います。

また、プリウス等の電動コンプレッサーを搭載した車でもエアコンガスが少ない場合、エアコンの圧力をあげるのに必要以上にコンプレッサーが回ってしまいます、コンプレッサーを回す時間も長くなると、バッテリーの電力の消費が早くなります。結果、エンジンがかかる時間が長くなり燃費が悪化する事になります。

今回の事例でワゴンRのコンプレッサーからガスが漏れている所見がみられました。コンプレッサーの修理となると高額な修理になります。『次の車検で乗り換えたい』とか『古い車にそこまで修理金額をかけたくない』といったお客様は高額な修理を避けたいはずですので、1度エアコンリフレッシュを試される価値があると思います。IMG_4106 IMG_4108ただ、全てのエアコンのトラブルが、こちらのエアコンリフレッシュで解決する訳ではありません。写真のアルファードハイブリッドのように、コンプレッサーに動力が伝わらない等のトラブルの場合は、ガスチャージで治るような問題では無く、コンプレッサーの交換が必須になります。

当店ではその辺りの見極めもしっかりさせて頂きます。修理が必要であれば不調の原因をお客様にしっかり説明させて頂き、お客様の予算とも相談させて頂きながら修理させて頂きます。IMG_4323お盆を過ぎましたがまだまだ暑い日が続きます。エアコンリフレッシュで厳しい残暑も快適に乗り切りましょう! エアコンのことでお困りのお客様、こちらののぼりが目印です。お気軽にご相談ください!

Aug 07 2017

エアコン冷えてますか?

2017年08月07日月曜日

皆様こんにちは、言わなくても分かっておられると思いますが暑い日が続いていますね…笑 暑くなって皆様も大変気にされるのが『エアコン』です。毎年のことですが6月の終わり頃から当店にもエアコンの不調を訴えて入庫される方が急増します。

今まではマニホールドゲージという機械を使い圧力をチェックし、ガスが減っていればガスを補充していました。しかしエアコンガスは補充して入っていればOKという訳ではなく、規定量がきっちり入っている事がとても重要なんです。つまり多すぎてもエアコンシステムに負担がかかってしまい、新たなトラブルを起こす可能性があるんです。

そこで当店ではこの夏、エアコンリフレッシュマシンを導入いたしました。こちらの機械を使用すれば5グラム単位でのガス注入量の設定ができる為、正確なガスチャージができます。お客様にも追加注入した分のガス代だけをいただけますので、お客様にとってもお得です!IMG_4115こちらがエアコンリフレッシュマシンです。もちろんプリウスをはじめとするハイブリッド車にも対応しています。エアコンガスの回収、真空引き、規定量のエアコンガス、オイルの充填ができます。さらにエアコンシステム内の水分、不純物も回収し、綺麗にしてくれる機能もございます。IMG_4162エアコンガスと同時に充填されるエアコンオイルは2種類あります。左がPOE(ポリオールエステル)と呼ばれる種類のもので、POEは絶縁性が高く、ハイブリッド車に多い電動のコンプレッサーを使用する車種に使われるものです。右側はPAG(ポリアルキレングリコール)と呼ばれる機械式のコンプレッサーを使用する車用のオイルです。電動コンプレッサーを使用する車に絶縁性の低いPAGのオイルを使うとトラブルが起きますので注意が必要です。IMG_4119IMG_4118当店の水色のプリウスでまずはテストしてみました。特にエアコンの効きが悪い事はなかったのですが、ガスを回収すると規定量よりも50グラム程減っていました。吹き出し口の温度を測ってみると、リフレッシュ前は11.6℃、リフレッシュ後は2℃ほど下がり9.7度でした。IMG_41402℃の違いですが体感温度はかなり違います。また規定量ガスが入る事でエアコンシステムが本来の働きをしてくれる為、燃費の向上が期待できます。

当店サービスカーの平成15年式のワゴンRの場合はガスが規定量の半分程までガスが減っていました。IMG_4121吹き出し口の温度は18.4度、信号待ちでは少し車内が暑く感じる状態でした。エアコンリフレッシュ後は吹き出し口の温度は9.8度まで下がりました。IMG_4122かなりの変化を体感できました。コンプレッサーからの若干のガス漏れがある為年数と共に少しづつガスが減っていたようです。もうすぐ走行距離22万キロに達するワゴンR君ですが、この夏は快適に乗り切れそうです。笑

こちらのエアコンリフレッシュはエアコンシステムに大きな異常がないお車前提のメニューです。大きいトラブルがなくても年数とともにエアコンガスが減りエアコンの効きは悪くなるものです。

また現状エアコンの効きに不満がないお客様でも、エアコン内部のリフレッシュとオイル交換でトラブルを未然に防ぐ事もできます。

日本の夏は暑いです。車内を快適に保つ為にもエアコンリフレッシュはかなりオススメでございます。お盆のお出かけシーズンを前に一度チェックされてみてはいかがでしょか?

エアコンリフレッシュメニューの価格は普通車で8900円+補充した分のガス、オイル代になります。軽自動車の場合は7900円+補充した分のガス、オイル代になります。エアコンが少し弱いかな?と感じておられているお客様は是非ご相談ください!暑い夏を快適に乗り切る『エアコンリフレッシュ』、一度体験していただければと思います!

Apr 17 2017

NHW20 プリウス ハイブリッドシステムメインバッテリー交換

2017年04月17日月曜日

皆様こんにちは、4月15日の土曜日に、大阪府在住のお客様からご依頼を受け、NHW20型プリウスのハイブリッドシステムメインバッテリーを交換させていただきました。今回入庫したプリウスは平成16年式、走行距離が164485キロです。あメインバッテリーは16万キロを超えたあたりから不具合を起こしやすいと言われていますので仕方がないかなといった所でしょうか。

お客様は2月に車検を受けられたばかりで、『車検が切れるまでは乗り続けたいけど高額な修理代は避けたい』と話しておられました。リサイクルバッテリーでの交換も勧めさせていただいたのですが予算が合わず今回は中古品のバッテリーを使用し交換させていただく事になりました。 IMG_3008   今回ご用意させていただいたバッテリーは走行距離約13万キロの車体から取り外した物です。もう少し程度の良い中古品もありましたが、新品のリサイクルバッテリーとの価格差があまりなかった為、お客様との打ち合わせの結果、今回はこちらのバッテリーを使用する事になりました。IMG_3003 バッテリーを取り外す前に故障の内容を確定するための診断を行います。症状がハッキリしないまま作業を進めると、必要ない部品を買ってしまったり等思わぬ出費を招いてしまう事だってあります。IMG_3006

ハイブリッドバッテリ系異常が検出されました、さらに詳しく解析すると、電池内部異常が出ました。IMG_3018こちらの数値を見れば、バッテリーが充電不良を起こし、バッテリー内の電圧にバラツキがあることがわかります。こちらのデーターを確認した上でバッテリー交換作業に入ります。IMG_3010IMG_3013IMG_3014作業は1時間半ほどで完了します。数キロの試乗後も異常は見られなかったので無事に納車です。IMG_936920プリウスは中古市場の相場もかなり下がり、営業車や通勤車など、割り切った使い方をされる場合にもオススメです。性能や燃費も現行車に負けず劣らずです。しかしながら年式的にも過走行な車体も多く、常に付いて回るのがメインバッテリーの寿命ではないでしょうか?

20プリウスの場合はリサイクルバッテリーがトヨタ自動車より発売されていましてそちらは純正バッテリーよりも5万円ほど割安で、10万円を切るぐらいの価格です。走行距離16万キロぐらいから不具合を起こしがちなメインバッテリーですがエンジン自体はまだまだ走れる場合が多いです。バッテリーを変えてでも乗り続ける価値は十分あるのではないかと、当店では考えています。

今回のケースでの修理金額は、

中古メインバッテリー47250円、

工賃17280円、

合計64530円でした。

今回のお客様のように『次の車検での乗り換えが決まっている』等、次の計画がしっかりと出来ている場合は中古バッテリーの使用も良いかなと思います。ただ中古品は品質の保証ができませんのでご理解は必要です。

ハイブリッド車に乗る上で皆様が気になされるメインバッテリーの寿命問題もかなりハードルが低い問題になってきました。メインバッテリーが原因で乗り換えを考えている方も1度ご検討されても良いかと思います。20プリウスだけでなく30プリウス、アクア等も対応させていただきます。お問い合わせフォーム、電話等でお気軽にお問い合わせください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

Apr 01 2017

Prius Prime ZVW52 プリウス PHV 北米仕様車

2017年04月01日土曜日

皆様こんにちは、先日トヨタのディーラーにて『新型プリウスPHV』の試乗をさせていただきました。今回はKyoei USAより、北米仕様のプリウスPHV の写真が届きましたので紹介したいと思います。

IMG_2585アメリカではプリウス PHVという車名では無く、Purius Prime(プライム)という車名で販売されています。IMG_2588IMG_2560ヘッドライトのデザインなどは日本仕様とほとんど変わりませんが、点灯方式が違います。写真のようにサイドマーカーがオレンジに光るのが特徴的です。IMG_2598 IMG_2589IMG_2583内装はハンドル位置が変わり、各部の表記が英語になります。ナビの画面が曇って見えますが、保護フィルムが貼ってある為です 笑IMG_2607表記以外にも所々スイッチが違ったり、間違い探しをするのも面白いですね!IMG_2735メーカーオプションでも日本には無いカーゴクロスバーや、車名が変わるためフロアマットのロゴなんかも変わります。ただメーカーオプションのラインナップは日本に比べてかなり少なく、カタログはものすごくシンプルです。IMG_2566IMG_2597IMG_2604IMG_2570試乗もさせていただきました。IMG_2573試乗車のHyper Sonic Red のボディーはアメリカの青空に映えますね! オプションや装備が日本仕様に比べてシンプルでな為か、価格も日本仕様より若干控えめでした。IMG_2737さすがに実車はありませんが、北米仕様車のカタログは当店にもございます。あまり日本で目にする物では無いと思いますので興味のある方は是非見に来てくださいね! 日本のカタログと見比べるのも楽しいですよ(^^)

Mar 04 2017

Kyoei Japanのフライヤーが完成しました!

2017年03月04日土曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今年の初め頃にFacebookページにて、当店の3つ折りパンフレットの紹介をさせて頂きました。そちらには当店の簡単な紹介、作業メニュー、そして30プリウスに乗っておられるお客様に対しての割引クーポンも記載されているモノでした。

今回はパンフレットではなく、フライヤーです。『食べ物を油で揚げる機械』ではなく必要な情報をわかりやすくまとめて、尚且つ手にとっていただきやすい大きさに仕上げてある紙です。

パンフレットではお伝えできる情報が限られてくるため、今回は一つの項目をより深く、わかりやすくするためにフライヤーを作りました。ちなみにパンフレットは自社でデザインをしましたが、今回のフライヤーは地元綾部市の『Studio Woo Hoo!!』さんに制作をお願いしました。完成したフライヤーがこちらです、16810067_1136832149775768_175828803_o16776810_1136156476510002_1658393732_o (1)さすがプロの作品です!我々の伝えたい情報が非常にバランス良く配置されていてとっても見やすく仕上がりました! 一般的な『チラシ』とは違ってデザイン性も考慮してますので小さめのポスターみたいな使い方もしていただけます! この辺のちょっとした考慮も『Kyoei Style』でございます 笑

今後こちらのフライヤーが少しでも多くの皆様に見ていただけるよう地元企業様へ配布させていただいたり、ご来店いただいたお客様にお渡しさせていただきたいと思います! 年度末は何かとバタバタしてしまいますが、今月もしっかり乗り切って、元気に明るく新年度を迎えましょうね!

Jan 13 2017

ZVW30 プリウス 前期 メーターくもり 無償交換  

2017年01月13日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。最近は当店の営業車としても活躍中の水色プリウスなのですが、少し気になる症状が出てきました。IMG_0894 4145987f0ba51d88aae7cf6d1385d84c

こちらはわかりやすい画像を使わせていただいてますが、エコドライブモニターの一部が曇ってしまっています。当店のプリウスの場合はよく見たら曇っている、といった感じの状態でしたので写真で写してもあまり分からないぐらいでした。この先こちらの症状が進行すると困るので早いうちに手を打っておきたいところです。 少し調べてみると30プリウスの前期型、平成21年式の一部に対して、メーカーの保証が受けられるようです。

http://toyota.jp/recall/kaisyu/130904_1.html

当店のプリウスもこちらに適合していましたので無償交換していただける事になりました。平成21年式のプリウスは結構台数も多いですし、実際に乗られている方も多いですよね? もしメーターが最近見にくいとか内側が汚れてしまっている方、一度ご自身のプリウスの年式と照らし合わせてみてください!保証期間も平成31年まで延長されていますのでまだ間に合います。 IMG_1593無事にくもりが取れてスッキリしました。もしうちのプリウスは大丈夫かな?と思われているお客様がおられましたらお気軽にご連絡ください!お待ちしています。