Aug 31 2017

Stancenation Japan 大阪@タルイサザンビーチ

2017年08月31日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日大阪、タルイサザンビーチにて行われた『Stancenation Japan』に行ってまいりました。当日の様子をブログにしていきたいと思います。

Stancenation』はアメリカ、サンフランシスコで2010年頃から始まったSlammed(日本でいう車高短)されたカスタムカーを取り上げるブログをメインにしたウェブサイトです。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』とも古くから交流があります。アメリカ各地でもイベントを開催されているStancenationですが、数年前からここ日本でも『Stancenation Japan』として東京、長崎でイベントを開催されています。そして今回、関西で初めての開催となりました。

IMG_4536今回はお世話になっていますAimgainさんのブースに当店のプリウスを展示させていただきました。86用のボディーキット等Stancenationとのコラボ商品も多数リリースされていて、Stancenationと関わりの深いメーカーです。IMG_6327 当店のプリウスは新たに、30プリウス後期にオプションで設定されていた『スパークリングゴールド』仕様のヘッドライト、Inno製のルーフラック、フロントの足廻りの若干の仕様変更をさせていただきました。各部の仕様変更はまた別のブログにUPしていきたいと思います。

IMG_6332こちらもAimgainさんのデモカーのToyota 86です。こちらには新作のGT Fキットが装着されています。

今回もプリウスを中心に写真をアップしていきたいと思います!

IMG_6335 当店でも使用させていただいていますエアサスメーカー『ACC』さんは、1部改良されたAirrunner Sp-Low Ver.を装着したデモカーを展示されていました。

IMG_6336取り付けがボルトオンになり取り付けがしやすく、ダンパーやブラケットの改良により、乗り心地も以前より良くなっているそうです!IMG_4506また全上げ時の車高も今回のモデルはかなり高くまで上がるようになっています。ここまで上がればよほどの段差でない限りクリアできるのではないでしょうか。IMG_6379Speziellさんの50プリウスは、エアサスの足廻りにオリジナルのフルエアロ、Willwoodのブレーキキャリパー等、細かいところまで作り込まれた1台です。IMG_6428

IMG_6350IMG_4534IMG_4535IMG_4533IMG_634721077606_10155646080341624_8149443858169398141_nプリウスは関西でも人気車種で、土日ともかなりの応募台数だったそうです。同じプリウスでもパーツの選び方でかなり雰囲気が変わりますね! プリウス以外にも国産車から外車までいろんな車がエントリーされていました。IMG_6384 IMG_6386IMG_6411IMG_6434IMG_4532IMG_6399IMG_6361IMG_6431IMG_6414 IMG_6407 IMG_6401  IMG_6398 IMG_6395 IMG_6392 IMG_6389 IMG_6388 IMG_6380 IMG_6373 IMG_6369 IMG_6367 IMG_6365 IMG_6363 IMG_6357 IMG_6344 IMG_6341 IMG_634021032571_10155646098541624_5281544729634658773_n21032822_10155646080256624_8611874005747429466_n

まさにオールジャンルといった感じで、王道の車種から車名すら思い出せないようなレア車種までいろんな車がエントリーされていました。 軽自動車からスーパーカーまで、様々なジャンルのカスタムカーが見られるのが『Stancenation』 の魅力ではないかと思います。これから更に盛り上がりを見せてくれそうな『Stancenation』から目が離せませんね! IMG_4326

最後になりましたが、イベント中にお声かけいただいた皆様ありがとうございました! いつもブログやインスタグラム見てますというお言葉がとてもありがたいです! これからもこのようなイベントの情報だけではなく、いろんなプリウスユーザー様にとって魅力的な情報を発信していけたらと思っております。今後とも宜しくお願いいたします!

 

Aug 18 2017

エアコンリフレッシュサービス 施工実績

2017年08月18日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日ブログにさせていただいた『エアコンリフレッシュ』メニューの実績を1週間分まとめてみました。1台1台写真は撮れていませんがデーターはしっかり残してありますので例を挙げていきたいと思います。IMG_4166

平成21年 プリウス 走行距離約7万キロ  11.8℃ → 9.4℃

平成15年 ワゴンR 走行距離21万キロ  16.9℃ → 9.8℃

平成22年 フィットハイブリッド 走行距離11万キロ 12.5℃ → 8℃

平成16年 ムーブカスタム 走行距離12万キロ  14℃ → 9.2℃

平成15年 ラパン    走行距離11万キロ   13.8℃ → 9.6℃

吹き出し口の温度で11℃ぐらいまで冷えていれば十分涼しいのですが、エアコンリフレッシュを行えば、平均でそこから更に2℃ほど下がります。たかが2℃ですが10℃を切ると正直寒いぐらいです 笑 現状問題なくエアコンが効いているお客様でも、今後起こりうるトラブルを防ぐために定期的なリフレッシュの施工をオススメします。IMG_4328IMG_4333

吹き出し口の温度が15℃ぐらいだったムーブとワゴンRはガスが適量の3分の1程まで減っていました。汚れたガスを回収し、新しいガスを規定量補充することによってかなり冷えるようにはなりました。エアコンガスと一緒にコンプレッサーオイルもしっかり補充できるため、コンプレッサーの動きもよくなり、燃費の向上も期待できます。特に軽自動車はエンジンが非力ですので、効果をより体感できるかと思います。

また、プリウス等の電動コンプレッサーを搭載した車でもエアコンガスが少ない場合、エアコンの圧力をあげるのに必要以上にコンプレッサーが回ってしまいます、コンプレッサーを回す時間も長くなると、バッテリーの電力の消費が早くなります。結果、エンジンがかかる時間が長くなり燃費が悪化する事になります。

今回の事例でワゴンRのコンプレッサーからガスが漏れている所見がみられました。コンプレッサーの修理となると高額な修理になります。『次の車検で乗り換えたい』とか『古い車にそこまで修理金額をかけたくない』といったお客様は高額な修理を避けたいはずですので、1度エアコンリフレッシュを試される価値があると思います。IMG_4106 IMG_4108ただ、全てのエアコンのトラブルが、こちらのエアコンリフレッシュで解決する訳ではありません。写真のアルファードハイブリッドのように、コンプレッサーに動力が伝わらない等のトラブルの場合は、ガスチャージで治るような問題では無く、コンプレッサーの交換が必須になります。

当店ではその辺りの見極めもしっかりさせて頂きます。修理が必要であれば不調の原因をお客様にしっかり説明させて頂き、お客様の予算とも相談させて頂きながら修理させて頂きます。IMG_4323お盆を過ぎましたがまだまだ暑い日が続きます。エアコンリフレッシュで厳しい残暑も快適に乗り切りましょう! エアコンのことでお困りのお客様、こちらののぼりが目印です。お気軽にご相談ください!

Aug 07 2017

エアコン冷えてますか?

2017年08月07日月曜日

皆様こんにちは、言わなくても分かっておられると思いますが暑い日が続いていますね…笑 暑くなって皆様も大変気にされるのが『エアコン』です。毎年のことですが6月の終わり頃から当店にもエアコンの不調を訴えて入庫される方が急増します。

今まではマニホールドゲージという機械を使い圧力をチェックし、ガスが減っていればガスを補充していました。しかしエアコンガスは補充して入っていればOKという訳ではなく、規定量がきっちり入っている事がとても重要なんです。つまり多すぎてもエアコンシステムに負担がかかってしまい、新たなトラブルを起こす可能性があるんです。

そこで当店ではこの夏、エアコンリフレッシュマシンを導入いたしました。こちらの機械を使用すれば5グラム単位でのガス注入量の設定ができる為、正確なガスチャージができます。お客様にも追加注入した分のガス代だけをいただけますので、お客様にとってもお得です!IMG_4115こちらがエアコンリフレッシュマシンです。もちろんプリウスをはじめとするハイブリッド車にも対応しています。エアコンガスの回収、真空引き、規定量のエアコンガス、オイルの充填ができます。さらにエアコンシステム内の水分、不純物も回収し、綺麗にしてくれる機能もございます。IMG_4162エアコンガスと同時に充填されるエアコンオイルは2種類あります。左がPOE(ポリオールエステル)と呼ばれる種類のもので、POEは絶縁性が高く、ハイブリッド車に多い電動のコンプレッサーを使用する車種に使われるものです。右側はPAG(ポリアルキレングリコール)と呼ばれる機械式のコンプレッサーを使用する車用のオイルです。電動コンプレッサーを使用する車に絶縁性の低いPAGのオイルを使うとトラブルが起きますので注意が必要です。IMG_4119IMG_4118当店の水色のプリウスでまずはテストしてみました。特にエアコンの効きが悪い事はなかったのですが、ガスを回収すると規定量よりも50グラム程減っていました。吹き出し口の温度を測ってみると、リフレッシュ前は11.6℃、リフレッシュ後は2℃ほど下がり9.7度でした。IMG_41402℃の違いですが体感温度はかなり違います。また規定量ガスが入る事でエアコンシステムが本来の働きをしてくれる為、燃費の向上が期待できます。

当店サービスカーの平成15年式のワゴンRの場合はガスが規定量の半分程までガスが減っていました。IMG_4121吹き出し口の温度は18.4度、信号待ちでは少し車内が暑く感じる状態でした。エアコンリフレッシュ後は吹き出し口の温度は9.8度まで下がりました。IMG_4122かなりの変化を体感できました。コンプレッサーからの若干のガス漏れがある為年数と共に少しづつガスが減っていたようです。もうすぐ走行距離22万キロに達するワゴンR君ですが、この夏は快適に乗り切れそうです。笑

こちらのエアコンリフレッシュはエアコンシステムに大きな異常がないお車前提のメニューです。大きいトラブルがなくても年数とともにエアコンガスが減りエアコンの効きは悪くなるものです。

また現状エアコンの効きに不満がないお客様でも、エアコン内部のリフレッシュとオイル交換でトラブルを未然に防ぐ事もできます。

日本の夏は暑いです。車内を快適に保つ為にもエアコンリフレッシュはかなりオススメでございます。お盆のお出かけシーズンを前に一度チェックされてみてはいかがでしょか?

エアコンリフレッシュメニューの価格は普通車で8900円+補充した分のガス、オイル代になります。軽自動車の場合は7900円+補充した分のガス、オイル代になります。エアコンが少し弱いかな?と感じておられているお客様は是非ご相談ください!暑い夏を快適に乗り切る『エアコンリフレッシュ』、一度体験していただければと思います!

Jul 20 2017

Wreckin Meet Vol.6 @ IOX-AROSA スキー場

2017年07月20日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。去年に引き続き、富山県、イオックスアローザスキー場にて行われた『Wreckin Meet』に参加してまいりました。当日の様子をブログにしていきたいと思います。

Wreckin’Meetは2011年に起きた東日本大震災のチャリティーも兼ねて、2012年より行われているイベントです。アメリカで売られているメーカー純正部品やアフターマーケット部品が3点以上装着された車、またはヨーロッパ車、北米仕様の2輪車がエントリー対象で、ハイレベルなカスタムカーが全国各地からエントリーされます。IMG_5952天気が心配でしたが大きな崩れは無くよかったです。当店のプリウスは去年に引き続き2回目のWreckin Meetです。IMG_5946IMG_5947お隣の並びになったこちらの30プリウスはシンプルな外装に当店のデモカーと同じACC Airrunnerの足廻り、鮮やかなゴールドが際立つホイールはアメリカの人気ブランド『Avant Garde』の17インチです。IMG_5921IMG_5924

こちらの30プリウスは前後10.5Jのホイールを収められていました。外観も非常にシンプルで、クリア調になる30プリウス PHVのUS純正テールランプが色の統一感に一役買っていました。IMG_6016プリウスαも人気です。こちらのプリウスαは赤色のボディーに爽やかなホワイトのホイールが目を惹きます。外装はUS純正のヘッドライトやテールランプをはじめ、リアサイドからリアにかけてのガラスまでもがプライバシーガラスからUS純正のクリアガラスに変更されていました。このような言われなければ気づかれないようなカスタムがUSDMの醍醐味ではないでしょうか? 色の統一感も出て綺麗ですね(^^)IMG_6018こちらのプリウスもしっかり北米仕様にされているなあと思い見ていると左ハンドルの並行輸入車でした。オーディオもきっちり仕上げられていて、程よくロワードされた車高に大径のホイールのセットアップで大人っぽく仕上げられていた1台でした。他にもプリウス、プリウスαのエントリーが多数ありました。IMG_6121 IMG_6035 IMG_6058 IMG_6156プリウス以外にも国産車をはじめヨーロッパ車など普段なかなかお目にかかれないショップのデモカーも見ることができてとても刺激的です。IMG_5969 IMG_5971IMG_5985 IMG_5986IMG_6001 IMG_5994 IMG_5993 IMG_5989IMG_5965IMG_6086IMG_5977IMG_6171 IMG_6158IMG_6111IMG_6110 IMG_6116IMG_6154IMG_6100 IMG_6106 IMG_6105 IMG_6104-復元 IMG_6103 IMG_6102IMG_6100 IMG_6098 IMG_6091 IMG_6083 IMG_6080 IMG_6076 IMG_6077IMG_6060 IMG_6059IMG_6052 IMG_6054 IMG_6053IMG_6041 IMG_6050 IMG_6048 IMG_6047 IMG_6046 IMG_6043 IMG_6039IMG_6034 IMG_6032 IMG_6031 IMG_6030 IMG_6027 IMG_6019IMG_6002IMG_6151充実した時間は一瞬で過ぎてしまうもので気がつけばアワード発表の時間でした。アワードを受賞された皆様おめでとうございます!IMG_6174IMG_6172イベント終了後に少し写真撮影をさせていただきました、年々プリウスに乗られている方々との繋がりも増えありがたい限りでございます。これからもプリウス、トヨタ系ハイブリッド車にとって役に立つ情報や面白い情報をどんどん発信していければと思います。

最後になりましたが、このような車好きが集まれる場を提供していただいた主催者の方、当日会場を作り上げていただいたスタッフの方々ありがとうございました! 来年も開催されれば必ず参加させて頂きたいと思います!最後まで読んで頂きありがとうございました!

Jul 03 2017

20 プリウス メインバッテリー セル交換

2017年07月03日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。当店の代車として大活躍しているNHW20プリウスなんですが、つい先日ハイブリッドシステムの以上を示す警告灯が点灯しました。診断機をつなぎ確認したところ、やはり電池内部異常(コードP0A80)が検出されました。電池内部異常は、ハイブリッドバッテリー内のセルの電圧にバラツキが起きた時に出る異常です。IMG_3781この並んでいるグレーの部品がバッテリーのセルです。セルはバッテリーを構成する単位で、一定の出力、電圧、容量を得るために複数のセルを連結し、一つにしたものを一般的に『バッテリー』と呼びます。簡単に言うと乾電池のようなものです。 20プリウスの場合は28個のセルでメインバッテリーが構成されています。今回はそのうちの1つに電圧不足が見られました。IMG_3800診断機で確認するとブロック12、IMG_3777テスターで確認するとX印をつけたセルが電圧が低く出ています。IMG_3778これがセル単体です。これだけで約7.7V程の電圧を発生します。こちらを今回不調を起こしているセルと交換していきます。IMG_3788絶縁工具と絶縁手袋は必需品です。IMG_3782バッテリーコンピューター等も取り外します。バッテリー1つでも部品点数は多いです。IMG_3789セルの入れ替えも終わりました。車に積んで診断機を繋ぎバッテリーのチェックをします。IMG_3801これが交換直後です。バッテリーブロック12の電圧が改善されているのがわかると思います。少し走行しもう一度確認すると、IMG_3802さらに数値が良くなり、正常に充電されていることがわかりました。 今回はあくまでも勉強のためにバッテリーを分解してみました。お客様にはバッテリーの交換をオススメします。今回の分解修理でセルの交換でバッテリーが復活することがわかり、内部の構造も以前より理解でき、良い経験ができました。IMG_3809セル交換後3日経ちましたが今の所異常は出ていません。これから定期的に電圧のチェックをしてバッテリーの健康状態の管理をしていきたいと思います。研究とまではいきませんが、このような経験を生かして皆様がハイブリッド車に対して持たれている『謎』な部分を少しでも取り除けていければと思います! 少し難しいお話でしたが最後まで読んでいただきましてありがとうございました〜!

Jun 22 2017

販売車(コンプリートカー)のご紹介

2017年06月22日木曜日

皆様こんにちは、今回は販売車両の紹介をさせて頂きます。IMG_5845

平成21年式、ZVW30プリウスです。グレードはSになります。車検は30年7月30日まで、走行距離は約5万9千キロ(デモカーとしても使用しているため若干伸びます)。修復歴も無く、外装に目立つ傷はほとんどありません。ボディーカラーはアイスバーグシルバーメタリックです。こちらの色は当時は若干の不人気色でしたが、パステル調でここ最近の軽自動車によく採用されているような色合いで、今見ると新鮮で可愛らしい色ではないでしょうか?

IMG_5855 リアスポイラーは本来黒色ですが統一感を出すためにボディー色に塗装しています。IMG_5860ホイールは人気国産ブランド『WORK』のEmotion 11Rでホワイトを装着しております。それに合わせLexon Exclusive製のリップスポイラーも白色に塗装し、パステル調のボディーカラーにアクセントを与えております。IMG_3700 IMG_3699 IMG_3698内装の状態も良く、嫌なタバコ臭、ペット臭もございません。気になる方は現車確認をお勧めいたします。IMG_5913足廻りはRS-Rのダウンサスを使用し、少しだけローダウンしております。車高調などでさらにローダウンさせる事もできますが、今回は幅広い年代の方に親しみやすい車に仕上げたかったので2〜3センチほどのローダウンに留めています。腹下も気にする事無く快適に乗っていただけます。ホイールサイズは8.5Jと少し太めなサイズで、下げなくてもよし、下げてもよしぐらいのオフセットをチョイスさせて頂きました。最近はプリウスも人気が高くイベントやオフ会などでも見かける事が多いです。こちらの車でしたら納車当日からオフ会にも参加できる『即オフ会仕様』でございます 笑

価格はお問い合わせいただきましたらお伝えさせていただきます。オプションでオーディオ機器のアップグレードやカーナビの追加、足廻りのアップグレード等々も受け付けておりますのでまずはお気軽に、担当『石山』の方までお問い合わせください。よろしくお願いします。

Jun 13 2017

ハイブリッドエンブレム ボディー色塗装

2017年06月13日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はDIY初心者の方にもオススメなハイブリッドエンブレムの一部分をボディー色に塗るカスタムを紹介します。

IMG_3624今回塗装させていただくのはこちらの青い部分です。IMG_3626

両面テープで貼ってあるので簡単に剥がすことができます。剥がすとこんな感じになります。IMG_3627透明の樹脂に塗装がされていますのでシンナー等を使って塗装を落とします。IMG_3628綺麗に落ちました。こちらのパーツは年式やボディーカラーによって透明で無い場合があります。IMG_3623こちらのメタリック調ではなくグラデーションになっている場合塗装を剥がすと薄い水色の樹脂パーツになります。IMG_3643

こちらの場合ボディー色に塗装しても綺麗に発色しませんので注意が必要です…。

IMG_3631塗装を剥がした後は裏面から筆塗りしていきます。裏面から塗れば多少のムラも目立ちにくいです。市販のタッチペンなどを使えばお家でも簡単に塗装できますよ!IMG_3641 IMG_3635塗装が乾けば元どおりに両面テープで貼り付けて完成です。今回はアイスバーグシルバーメタリックに塗装してます。IMG_3642ボディー色でなくてもホイールの色やブレーキキャリパーの色なんかと合わせてみても面白いかなと思います。気軽に車の雰囲気を変えれるためオススメです! これから夏、秋に向けて車のイベントやオフ会なんかも増えてきます。まずはエンブレムチューンからでも車に対する愛着も湧いてきますよ〜!  Kyoei Japan的、簡単カスタムの紹介でした〜(^^)

May 29 2017

Westa Hiroshima / Water Front Reunion 2017.5.21

2017年05月29日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日広島県呉市で行われたイベント、『Westa Hiroshima / Water Front Reunion』に参加してまいりました。写真が中心になりますが当日の様子をアップしていきたいと思います。

IMG_5700 IMG_5697 IMG_5701こちらの50プリウスは、エモーショナルレッドのボディーに人気USホイールブランド『Rotiform』のTMBをエアサスの足廻りにセットアップされていました。ボディーに合うセンターキャップのカラー等、細かい部分にも気配りがされていてとても綺麗でした。IMG_5688 IMG_5689こちらの30プリウスもエアサスの足廻りにRotiformのホイールをセットされていました。色の統一感やさりげなくフロントバンパーの牽引フックカバーやナンバー穴がスムージングされていたりと、細かい作り込みにも注目です。IMG_5752 IMG_5749ショーカーだけでなく、こちらの20プリウスのようなストック然としたプリウスもエントリーされていました。2世代前になってしまった20プリウスですが、ボディーをはじめヘッドライト等のレンズ類も綺麗にリフレッシュされていて、20プリウスもまだまだ現役だということを強く感じさせてもらえた1台でした。リアのヒッチキャリアに荷物を積み込み走っていく姿はアメリカっぽさ全開でした 笑

IMG_5789Affettoさん制作の50プリウスは、シンプルでとても綺麗です。足元だけでなくオーディオも綺麗にインストールされていて、大人の色気が漂っていました。

今年は去年に比べてプリウスのエントリーが多かったです。IMG_5795 IMG_5794 IMG_5791IMG_5694IMG_5798 IMG_5800IMG_570730プリウスはベース車両の価格も落ち着いてきた為、USDMというジャンルでも人気のある車種になりつつあります。またカスタムだけでなく、実用性を高める用品のラインナップも非常に充実している為、イベントに出展する事にとらわれず、あらゆる方向性に仕上げれる事も魅力の一つです。

プリウス以外にもハイレベルな車両が多数エントリーされていました!IMG_5823IMG_5819 IMG_5821 IMG_5814 IMG_5813 IMG_5807 IMG_5805 IMG_5803IMG_5784 IMG_5778 IMG_5774 IMG_5770 IMG_5768 IMG_5756IMG_5747 IMG_5740 IMG_5736 IMG_5732 IMG_5730 IMG_5723 IMG_5716 IMG_5713 IMG_5710 IMG_5709IMG_5744 IMG_5753 IMG_5816

 

アメ車と日本車、ユーロが混同し、クラブのような音楽ではなく、ロックが流れる空間は、アメリカのサンデーミーティングを思わせる居心地の良い空間でした。来年も是非参加、協賛させていただきたいと思います。Wekfest Japanからバタバタが続いておりましたがイベント参加の方は一旦落ち着きました。日常的な業務も日々精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。

May 13 2017

デモカー ZVW30プリウス Wekfest Japanに向けてのリメイク

2017年05月13日土曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日アップさせて頂いた『Wekfest Japan』に向けて、当店のデモカーも少しリメイクさせて頂きました。まずは内装のリメイク箇所を紹介していきます。

内装はこれまでにも少しづつ後期仕様の部品に交換していたのですが、今回は目立つ部分でセンターパネル、グローブボックスの上側、アームレストを交換していきます。IMG_5256 IMG_5269IMG_5271

まずはパネルとグローブボックスの蓋です。こちらは今回ZVW35プリウスPHVのソフトパッド表皮タイプをチョイスしました。こちらは後期純正よりも高級感があり、前期型のプリウスにも無加工で取り付けできます。ステッチも入るため高級感があります。IMG_5278アームレストもこちらのステッチが入るタイプに交換します。こちらは後期型の『 マGツーリング レザーパッケージ』というグレードのものです。こちらもソフトな質感で、普通の後期純正の物よりも高級感がある部品です。IMG_3271取り付けていきます、シートカバーも合わせてステッチが入るものに交換しました。IMG_3270 IMG_3272どうでしょうか? プリウスは燃費だけでなく素材も『エコ』なので、内装のプラスチック感を気になされる方も多いかと思います。こちらのパネルに交換するだけでかなりの質感アップを実現できます。続いて外装です。 IMG_3294 IMG_3296クォーターガラスにルーバーを取り付けました。ちょっとしたアクセントですがリア周りに引き締まった印象を与えてくれます。少しクラシカルなイメージもありますので、クラシカルなデザインのホイールと合わせたりするのもオススメです。IMG_3243IMG_3302フロントには新たにAimgainさんより発売されました、Type Vボディーキット用のリップスポイラーを装着しています。こちらを装着する事でスポーティーな印象にもなります。リップスポイラーにボリュームが少ないためVIPスタイルの車にも、また走りを意識したスポーク系の1ピースホイールを合わせてもかっこよさそうですね!IMG_5650 IMG_5653そんなこんなで5月3日は無事にWekfest Japanにエントリーする事ができました。当日も多くの方々にお声かけいただけて有難い限りでございます。これからも気兼ねなく乗れるクルマ作りや、取り付けが簡単、尚且つ満足度が高い商品、などなど随時紹介していけたらと思います。今回取り付けたPHV純正のパネル類なんかも、純正部品ということもあり取り付けもしやすく信頼性が高い部品ですのでオススメです(^^) 気になったりご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください、よろしくお願いします!

 

使用した純正部品です。

センターコンソールパネル  55406-47120-C0

ドリンクホルダー      55620-47080-C0

グローブボックス アッパー 55511-47070-C0

レザーコンソールパッド   58906-47050-C2

May 09 2017

2017 05.03 Wekfest Japan Ⅳ @ポートメッセ名古屋

2017年05月09日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日愛知県名古屋市のポートメッセ名古屋にて行われた『Wekfest Japan』にブース出展させていただきました。当日の模様をブログにしていきたいと思います。IMG_3203

ブース出展は、1月の『Autofashion VIP Fest』以来です。今回はブースカーとして、以前より交流のある山口県のK-ProduceさんのLS460を、エントリーカーでデモカーの30プリウスを展示させていただきました。

IMG_5560のコピーK-ProduceさんのLS460は、AimgainさんのワイドボディーキットでVIPスタイルとしながらも、エンジンルームを彩る和柄のエアブラシペイントやピンストライプ、アメリカのホイールブランド『SAVINI』の鍛造ホイールなどで、日本のVIPスタイルとは少し違ったアプローチで仕上げられています。IMG_5650IMG_5653当店デモカーのプリウスは、フロントにAimgainさんから新たに発売されたType Vフロントバンパー用のリップスポイラーを装着しました。またリアクォーターガラスにルーバーを取り付け、より引き締まった印象を与えています。内装もプリウスPHV用のパネルに交換したり細かい変更を何点かさせていただいております。詳細は別のブログにアップしていきたいと思います。IMG_5512こちらのプリウスは人気USホイールブランド『Rotiform』のCCVをパツパツのフィットメントで収められています。赤いボディーにマットなカラーのホイールがいい雰囲気でした!IMG_5522エアロパーツメーカー『Mode Parfume』 さんのワイドボディーキットは日本だけでなく海外でも人気です!IMG_5433 IMG_5437 IMG_5438こちらの30プリウスはハイドロの足廻りにUSホイールブランド『Avant Garde』のホイール、さらに内装まで綺麗に作り込まれていて見所満載でした。IMG_5518プリウスαも注目です、こちらのプリウスαは外装を北米プリウスV仕様にスワップし、 IMG_5520『Neutrale wheels』のCS9D Classicがインストールされていました。ホーシング加工によって普通では履けないサイズが綺麗に収まっていました。シンプルながらも細かい作り込みが随所に散りばめられていて非常にかっこよかった1台です。IMG_5535 今年も屋外ではOEMクラスの展示がありました。こちらのフロスティーグリーンの30プリウスは、爽やかなボディーカラーにホイールはこちらも人気のあるブランド『fifteen52』のTarmacが装着されていました。IMG_5538さらにリアにヒッチメンバーとキャリアが装着されていて荷物を運べる仕様になっていました。海外ではプリウスのようなセダンでもこのように利便性を高める装備を取り付ける事が多いです。車ありき、車があってこそのライフスタイルの提案は、当店でも積極的に取り入れていきたい分野です。IMG_5545IMG_5544プリウスを中心に取り上げさせて頂きましたがもちろん他にもすごい車が多数エントリーされていました!

IMG_5430IMG_5427 IMG_5423 IMG_5421 IMG_5419 IMG_5413 IMG_5411 IMG_5410 IMG_5408 IMG_5407 IMG_5405 IMG_5403 IMG_5397 IMG_5648 IMG_5641 IMG_5636 IMG_5634 IMG_5631 IMG_5629 IMG_5628 IMG_5515 IMG_5511 IMG_5508 IMG_5495 IMG_5491 IMG_5483 IMG_5473 IMG_5472 IMG_5396 IMG_5462 IMG_5460 IMG_5449 IMG_5447 IMG_5442 IMG_5439 IMG_5431IMG_5547 IMG_5553 IMG_5554

天候にも恵まれて非常に充実した1日になりました。当店のブースを訪れて頂いた皆様ありがとうございました。またこのような特別な1日を用意してくださった主催者様、関係者様にも誠に感謝しております。

来年も開催されることを楽しみにしながら日々の業務も頑張って参りたいと思います。最後まで読んで頂きありがとうございました!