Aug 29 2016

P.r.m 2周年ミーティング プリウス ミーティング関西

2016年08月29日月曜日

IMG_9766皆様こんにちは、お世話になっております。8月27日にBeliefさん主催のプリウスミーティング、『P.r.m』の2周年記念ミーティングが開催されました。当店も短い滞在時間にはなりましたが参加させていただきました。写真中心ですがアップさせていただきます。 IMG_9764当店のプリウスは、先週の『Offset Kings』仕様で参加しました。  IMG_9781IMG_9784 IMG_9794 IMG_9775IMG_9790  IMG_9803 IMG_9778 IMG_9823 IMG_9821 IMG_9819 IMG_9814 IMG_9810 IMG_9808IMG_9799のコピー今回も個性あふれるプリウスが多数参加されていました。また2周年記念ということもあり、いつもより台数も多かったです。同じ趣旨のミーティングを定期的に長く続けられる事はとてもすごい事で、とても大変な事だと思います。今後もプリウス好きが集まれる場所を維持できるように、当店でも出来る限りのサポートを続けたいと思います。IMG_02652周年記念のステッカーもいただきました。改めて2周年おめでとうございます。今後ともよろしくお願いします! P.r.mは関西だけでなく全国各地で行われています。プリウスに乗っておられる方、是非チェックしてみてください!

Aug 25 2016

Offset Kings Japan 2016 @ 岡山国際サーキット

2016年08月25日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日Facebookページの方でお知らせさせていただいていました岡山国際サーキットにて行われたイベント『Offset Kings Japan 2016』に参加してまいりました。当日の様子をアップしていきたいと思います。IMG_9516『Offset Kings』というイベントは、アメリカでアパレル販売や車のブログ、動画、SNSを通じて情報などを全世界に発信している『Fatlace』というブランドが主催しているアメリカ発のカーショーです。

日本で数年前に行われていたHellaflash Japanというイベントも、こちらのFatlaceが主催していたイベントで現在のスタンス系と呼ばれるジャンルが流行るきっかけを作ったブランドでもあり、Fatlaceが手がける『Hellaflush』や『Slammed Society』などのかっこいいカスタムカーが取り上げられるブログは日本でも知名度が高いです。

イベント前日の土曜日に、プリウスミーティング関西の方で交流のありますBeliefの水本さん、吉岡さんと合流して3台で会場入りしました。IMG_9332IMG_9329IMG_9348当店デモカーは、同時開催される『Formula D Asia』というドリフトの大会を少し意識して、ホイールをスポーティーなWork CR極に交換してエントリーです。19インチから18インチにサイズダウンしているため燃費も乗り心地も少しよくなりました!笑IMG_9393太陽も昇りイベントスタートです。IMG_9384 IMG_9385IMG_9368IMG_9400 IMG_9403こちらの現行型、50プリウスは大阪『Balance Auto Parts Warehouse』さんが販売するオーダー車高調『Static』の車高調、新作の調整式リアアッパーアームが装着され、とてもクリーンにカッコ良くまとまっていました! 増え始めている50プリウスのカスタムシーンも目が離せません。

他にもレクサス、トヨタのセダンやKカー、SUVまで幅広いジャンルの車種がエントリーしていました。

IMG_9436 IMG_9435 IMG_9432 IMG_9429 IMG_9427 IMG_9421 IMG_9417 IMG_9416 IMG_9415 IMG_9413 IMG_9405 IMG_9469 IMG_9479 IMG_9482 IMG_9486IMG_9441 IMG_9426 IMG_9520

カーショー以外にもFormula D というアメリカ発のドリフト大会や、IMG_9617FMX(フリースタイルモトクロス)などいろんなカテゴリーのモータースポーツが観戦できてとても楽しいイベントでした。IMG_9510 IMG_949414時になりアワード発表の時間になりました。IMG_9517IMG_9518なんと!IMG_9524Best Bagged 1st (エアサス装着車両部門 1位)をいただきました!IMG_9547車検対応というコンセプトでこちらの車両を製作してきてイベントで賞をもらえた事がとても光栄です。Offset Kingsというイベントは審査をされる方も外国人ですので、日本人の目線とは少し違った評価をされていて、その辺りも凄く勉強になりました。IMG_9528 IMG_9530写真左の方がFatlace 代表 Mark氏、右がKyoei USAのお客様であり今回イベントのスタッフとして来日していたMichael氏です。お二人とも記念写真に気さくに対応していただきとてもいい思い出になりました、次はアメリカで再会できるように一生懸命働きたいと思います!笑

イベントがお開きとなり、ご一緒させていただいた水本さん、吉岡さんのプリウスと一緒に写真撮影をしました。IMG_9579 IMG_9607 IMG_9594 IMG_9600帰り道も3台でツーリングを楽しみながらの帰宅となりました。IMG_9691 IMG_9702事故やトラブルもなく楽しい1日になりました。当店のプリウスは今週いっぱいはOffset Kings仕様で展示しています。このような少しスポーティーな仕様に興味がある方はご来店いただければゆっくり見ていただけますのでお気軽に当店までお越しください!IMG_9737のコピー

Aug 23 2016

理想のカーライフの為の『パーソナライズ』

2016年08月23日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は当店のブログのタグなどによく使わせていただいている『パーソナライズ』という言葉についてお話させていただきます。

『パーソナライズ』とは簡単に説明させていただきますと、何かをその人に合わせてカスタマイズする、という意味の言葉です。当店ではそれをお客様のカーライフに当てはめて考えさせて頂いております。

今までのカスタムカーや改造車、などの言葉に変わり、お客様にとって親しみやすいカーライフを実現していくために、これから当店では『パーソナライズ』という言葉を使っていきます。IMG_9182-2例えば当店のデモカーは、カーショーにも出せて普段乗りや通勤も普通にこなせてさらには車検も問題なく通すことができます。気兼ねなく乗れるショーカー、検問に遭遇しても涼しい顔で通過できる、というのはカスタムカー好きにとっては魅力的な一面なのではないかと思います。IMG_9302

シンプルで派手さはないのですが、最近では道路交通法も厳しくなっています、このようなカスタムを求める方がこの先増えてくるのではないかと当店では予測しています。この先の厳しい法律の中でも思いっきり楽しめるカスタムの提案、というのは今後も当店が取り組むべき重要なポイントです。

ただ、誰もがこのようなカスタムカーが好きな訳ではないですよね? プリウス以外の車種もありますが、他にも例を挙げて説明していきます。ImageUploadedByTapatalk1372990460.055741 IMG_0378

こちらのプリウスの屋根にはルーフラックが取り付けられています。それによってプリウスというコンパクトセダンでもマウンテンバイクやスノーボードを運ぶ事ができます。

車内に積むこともできますが、荷物のことを考えたり複数名で乗車されることを考えますと、このように大きいものを屋根に積むことでスペースを大幅に確保することができます。こんな趣味があるけど車は燃費が良いほうが…、といった方にはこのような仕様をお勧めしていきます。これもパーソナライズです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA所有しているボートが屋根に乗るサイズでは無い、という方にはトレーラーヒッチを付ける等の手段もあります。ただこちらの方法ではボートトレーラーを置く場所などが必要ですので、そういった点なども含めてお客様に合うプランで作り上げていける、というのが当店の進めている『パーソナライズ』という手法です。2cpcgfb こちらはバイクをトレーラーヒッチに付けたキャリアに載せられています。この方法は日本では少し難しいかもしれませんが参考までに…笑43e62e873d

内装を可愛くおしゃれに張り替えされている例です。一気にオリジナリティーが出ますね(^^)

M

釣竿なんかはあまり車外に積みたく無いですのでこのようなロッドホルダーがオススメです。461371ニュースにもなっていますがエコカー限定のレースも行われています。プリウスでスポーティーな走りを楽しむためのパーツもたくさん発売されています。プリウスという車の持つ可能性は無限大です。P1570260他にも後部座席に車中泊のためのベッドを作るなど、挙げだすとキリが無いのですがそれだけパーソナライズという言葉の受け皿が大きいんです。2016-toyota-prius-towing-package

カスタム、改造などは少し敷居が高く感じられるかもしれません。『パーソナライズ』の場合そのような敷居は一切ございません。車内にいい匂いがする芳香剤を置きたい!とか、子供のために後部座席にモニターを付けたい!というのもパーソナライズです。IMG_9393

何か一つでも自分の車にこだわった部分があれば所有する喜びがぐっと増すものです。お客様にとって1番良いストーリーをお客様と共に作り上げていく、これから当店では積極的に『パーソナライズ』という手法を取り入れていきます。無理のないプラン、無理のないスタイル、お客様の愛車を当店も理解しお客様自身も理解する。それが当店の想う理想のカーライフです。IMG_9737のコピー

車好きの方、車を便利に使いこなしたい方、色々な方のニーズに応えお客様の愛車の価値をさらに高めていく事にこれから取り組んでまいります。

 

Aug 17 2016

プリウス S “Safty Plus” 特別仕様車

2016年08月17日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。現行型ZVW50 プリウスに新たな特別仕様車が加わりました。FullSizeRender 5こちらが新しい特別仕様車、プリウス S “Safty Plus” です。FullSizeRender 2トヨタの先進安全機能、Toyota Safty Sense P(衝突回避支援パッケージ)は今まで最上級のAグレードにしか装備されなかったのが今回、こちらのSグレードでも選択できるようになったのが大きな特徴です。FullSizeRender 7こちらのモデルにはToyota Safty Sens P、LEDフォグランプ、オートワイパーなどが標準装備となります。気になる価格の方ですがAグレードよりも8万円ほど安くなり¥2693520(車両本体価格)となります。FullSizeRender 4ボディーカラーは写真の4色から選べるようです。内装色はブラックとグレーの2色から選ぶことができます。

今回SグレードにもToyota Safty Sense Pが選べるようになり、お客様にとっても購入の選択肢が増えました、Aグレードとの価格差は約8万円ですが8万円あれば少し贅沢なオプション品も追加できます。これから50型プリウスを購入される際の参考にしていただければと思います!こちらの特別仕様車のカタログも当店にあります、標準車両のカタログと比較もできますので気になられた方は是非ご来店ください。宜しくお願いします!

Aug 09 2016

プリウスの機能紹介 『回生ブレーキ』

2016年08月09日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログではプリウスの機能や特徴についてのお話です。第一回はプリウスのブレーキについて書いていきたいと思います。IMG_8737

プリウスのブレーキ

 

プリウスのブレーキは見た感じ普通の車とは大きく変わらないのですが、実は一般的な車のブレーキと少し違いがあります。一般の車の油圧ブレーキと同じ油圧回路はあるのですがそれに加えて『回生ブレーキ』というハイブリッド車ならではの『モーター』を利用したブレーキが搭載されています。

回生ブレーキの機能を詳しく説明していくと凄く難しいお話になってしまうのですが、簡単に言うと、駆動に使うモーターを減速時に発電機として機能させる事によってそれが抵抗になりブレーキがかかる仕組みです。この時発電した電力はメインバッテリーに充電されるので加速時のエネルギーに使用できます。IMG_9391プリウスには『ハイブリッドシステムインジケーター』という機能があります。そちらはプリウスのハイブリッドシステムがどのような状態にあるか、ということをわかりやすく表示してくれるモニターです。

写真矢印のCHG と書いてある区画が回生ブレーキの動作を表す領域です。これを振り切る時やスピードが落ちてタイヤの回転数が下がってきた時は油圧のブレーキが作動します。

プリウスのブレーキパッドは減りにくい

IMG_0286車検の時などによく交換部品としてあげられるのがブレーキパッドです。ブレーキパッドはブレーキをかけるための摩擦材ですので、ブレーキをかければかけるだけ削れて減っていきます。

しかしプリウスの場合は大半のシチュエーションでブレーキにはモーターを使用するのでブレーキパッドの消耗を大幅に抑えることができます。10万キロ無交換というケースもしばしば見受けられます。燃費だけに留まらず消耗部品にもエコな所もプリウスの魅力ですね!

最後になりましたが、プリウスは日本でも本当にたくさんの台数が走っています。プリウスに乗っていても気にしなければ気にならない機能もあったり皆様が知らずに乗っていて損をされている機能もあるかもしれません。

プリウスの様々な機能や特徴など、今後少しずつ紹介していきたいと思います!最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Aug 05 2016

Toyota C-HR  追加情報 プリウスベースのSUV

2016年08月05日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日当店のブログで紹介させていただきましたトヨタの新型SUVの『C-HR』の追加情報がトヨタ自動車のホームページにアップされておりましたので情報をまとめたいと思います。前回正式には公開されていなかったインテリアの画像がアップされています。interior_bg2 interior_bg1 interior_bg4 interior_bg3出典:トヨタ自動車

前回の画像ではオレンジのラインが入り少し奇抜にも見えたインテリアでしたが、今回発表された画像ではかなり高級感があり大人っぽいデザインです。幅広い年齢層に受け入れられそうなデザインですね!

ここまでくるとさらに実車と出会える日が楽しみになってきます。気になる発売日は今年の12月14日が有力な情報です。内装のデザインも発表され後は発売を待つだけ、といった感じでしょうか、プリウスSUVの動向に今後も目が離せませんね!

Aug 02 2016

ZVW30 プリウス PCVバルブ交換

2016年08月02日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。 今回は30プリウスの『PCVバルブ』という部品を交換しました。 PCVバルブは、ポジティブクランクケースベンチレーションの略で、積極的にクランクケース内を換気する、といった意味合いでエンジン内に溜まる汚れた未燃焼ガスを吸気側に戻す為のものです。

先日ブログやFacebookでお伝えしておりました海外研修でお世話になったアメリカのハイブリッド専門店、The Hybrid Havenでは、PCVバルブ不良が原因でエンジンオイルを消費してしまうというトラブルがあり、15万キロ走行時に、PCVバルブの交換を推奨していました。 当店の代車30プリウスが今回の車検時の走行距離で14万キロを超えていましたので、故障を未然に防ぐために交換しました。  IMG_9424PCVバルブは車体下からの方が交換しやすい場所に付いているためアンダーカバーを取り外します。IMG_9427のコピー矢印の部分にPCVバルブがあります。今回はこちらのPCVバルブ本体とそれに繋がるホースを交換していきます。ホースを外してPCVバルブを取り外します。IMG_9432上が新品のPCVバルブ、下が取り外したPCVバルブです。汚れたガスが通る事もあり茶色く変色しているのがわかると思います。IMG_9430新品のホース、バルブ本体、クリップ2個、以上が今回使用する部品です。IMG_9435ホースを繋いで抜けないようにしっかりクリップで固定し作業完了です。

交換自体は難しい作業ではありません。マイナーな部品ですがエンジンオイルを消費するということは重大なエンジントラブルに繋がるのでこちらの部品は壊れる前に交換することをお勧めします。30プリウスも走行距離10万キロを超える車体が増えてきています。気になったお客様は是非当店にお問い合わせ下さい。

最後に、使用した部品名と部品番号です。

12204-37010 ベンチレーションバルブ

12261-37060 ベンチレーションホース

90466-22005 ,92467-15120 ベンチレーションクリップ

 

海外研修 Part 6 TESLA Motors & Longo Toyota Scion Lexus. Petersen Automotive Museum

ギャラリー

このギャラリーには92枚の写真が含まれています。

皆様こんにちは、お世話になっております。海外研修のレポートもいよいよ最終回です。LAに戻っての今回はアメリカをはじめ世界で活躍する電気自動車のメーカー『TESLA Motors』カリフォルニア州最大と言われるトヨタディー … 続きを読む

Jul 09 2016

海外研修レポート Part1

2016年07月09日土曜日

みなさまこんにちは、お世話になっております。Facebookページの方ではお知らせしていましたが、先日、当店スタッフが海外研修に行かせていただいておりました。Facebookではあまり詳しく書く事ができなかったので、ブログでは数回に分けてより詳しく書いていきたいと思います。それでは今回のパート1からしばらくお付き合いください!

Wekfest LA

アメリカに到着して、まずはロングビーチにて行われるWekfest LAというイベントの準備から始まりました。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』もこちらのイベントにエントリーする為、車の仕上げやメンテナンスを手伝います。IMG_4458Wekfest は3年ほど前から日本でも開催されています。世界各国から注目されている車好きが集まるハイレベルなイベントです。IMG_7747IMG_7694IMG_7698ショーが始まるとこんな感じです。詳しくは先日の『wekfest LA』のブログをご覧ください。Wekfest LA も無事に終わり、いよいよ海外研修の1番の目的地『Hybrid haven』へ出発します。

The Hybrid havenへの道のり

Kyoei USAがありますアナハイムからThe Hybrid havenまでの距離は約440マイル、キロに直すと約700キロあります。同じカリフォルニア州ですがここまで距離があることにアメリカの広さを痛感させられます。I-5という道をひたすら北上します。IMG_4794 まさにアメリカ!という景色です。IMG_4797IMG_4801気温はどんどん上昇し華氏100度まで上昇しました。摂氏に直すと36度ぐらいで日本の真夏の気温です。IMG_4803道のりが長いので程よく休憩を交えながら向かいます。IMG_4808IMG_4814IMG_4815サンフランシスコにあります有名なゴールデンゲートブリッジまで来ました。サンフランシスコは霧が濃いことでも有名でこの橋が赤色をしているのも霧の中でも見やすいようにと言われています。この日も霧が濃くて橋の一部分しか見えないほどでした。IMG_4820IMG_4834IMG_4840ここに来て気温は華氏55度、肌寒いぐらいです。1日で夏と冬を体感したような感じです。

美しいオールドタウン、ペタルマに到着!

IMG_4851ペタルマに到着しました。すっかり夜です。IMG_4853今回の宿がこちらのホテル・ペタルマです。非常に古い建物ですがお洒落です。

このペタルマという街は1973年に公開された映画、アメリカン・グラフィティの撮影場所にも使われた街で、古い建物が並ぶ街並みが印象的です。IMG_4867 IMG_4865 IMG_4862ペタルマに到着したところでPart1はこの辺にしておきます。次回Part2はいよいよThe Hybrid haven編です!

Jun 16 2016

新型プリウス PHV 最新情報!

2016年06月16日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております、先日当店のブログで『新型プリウスPHV』について書かせていただいたのですが、最近日本でも実車が公開されいよいよ発売に向けて本格的な動きになってまいりました。top_imgトヨタ自動車さんのサイトにも新型PHVのページができていますのでそちらから情報を頂いております。PHVの発売に伴い、写真のスピリテッドアクアメタリックというボディーカラーが新たに追加されました。 さらに新たな情報として写真のソーラー充電システムなどが取り入れられたようです、img_01ソーラールーフで発電した電力を専用のECUを介して駆動用のバッテリーや12ボルトの補機バッテリーへ供給されます。走行中も発電できるため燃費の向上に貢献します。

さらに公共施設などにも設置されている急速充電器にも対応し、約20分で満充電できます、これまで通り家庭用のコンセントでも充電できるのでさらにプラグインハイブリッドとしてのメリットをさらに活かすことができますね(^^) それに加えてエンジンで発電するバッテリーチャージモードという機能も追加されこちらでも走行中に電気を貯めることが可能です。

走行性能では従来型のEVモードでの走行できる距離がカタログ値で26.4キロ、最高速度が100キロでした、新型では走行距離がおおよそ2倍の60キロ、最高速度に関しては135キロをテストコースで記録したそうです。60キロ走行できれば通勤でガソリンを使うことはほぼなくなりそうです 笑

インテリアではやはり大型のディスプレイが目を引きます。img_01 (1)

 

大画面で情報をわかりやすく表示し、操作性もスマートフォン感覚でとてもいいようです、もう一つ大きく変わっている点が乗車定員です、今回のPHVは4人乗りになっています。rear_img_01四人乗りになったことによりさらにプレミアム感は増しています、後席でもゆったりくつろげそうですね(^^) img_front img_rearさらにシャープになった新型プリウスPHV、多くの先進機能満載で実車を見るのがとても待ち遠しいです。気になる発売日は10月26日と噂されていますが確実な日にちは決まっていないようです。また価格もまだ発表されてはいないのが現状です。こちらの車種に関しては今後も情報が入り次第アップしていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)