IPF LED ヘッドライトコンバージョンキット  | Kyoei Auto Service | 京都府綾部市・福知山市の車検・整備・鈑金塗装・新車・中古車・コンプリートカー・カスタム・パーソナライズ・ハイブリット・プリウス・レクサス専門店

Kyoei Auto Service > スタッフブログ > プリウス > IPF LED ヘッドライトコンバージョンキット 

May 13 2016

IPF LED ヘッドライトコンバージョンキット 

2016年05月13日金曜日

皆様こんにちは、毎度お世話になっております。今回はLEDヘッドライトバルブを当店のデモカーに装着しましたのでレポートさせていただきます。今までは絶対的な光量の少なさからかあまりヘッドライトには採用されなかったLEDですが、ここ最近ではメーカー純正ヘッドライトにも採用され始めこれからはLEDが主流になていくのでは?という今日この頃でございます。

LEDヘッドライトのメリットとしてはまずは寿命が長いということ、初期投資額としてはお高めですが国産品であればしっかりと保証もついている為安心です。二つ目は光が安定するまでの時間です、現在主流のディスチャージ式のヘッドライトは点灯してから明るくなるまでに一定の時間を要します。LEDは瞬時に光が安定します。その他にも光の色が綺麗でファッション性のアップ等メリットは多いです。

今回当店で紹介させていただきますのは純日本製のIPFというメーカーのものです。こちらは3年間の保証も付いていますし車検にも対応しています。また価格も控えめで数あるLEDヘッドライトバルブの中でもお求めやすいのではと思います。IMG_8613

ハイブリッド車にもしっかり対応しています。IMG_8618IMG_8622

ハロゲンバルブに比べバルブの背面が大きくなるためバックスペースが十分にあるか最初に確認が必要になります。当店の30プリウスは計測した結果問題はありませんでした。 早速取り付けです。IMG_8625

取り付けにあたり運転席側は手が入るスペースが不十分なためインテークパイプの取り外し、ラジエターリザーバータンクはボルトを外して後方にずらしています。これでも狭いですが、、、笑 狭いので結局ヘッドライトを前方にずらすことにしました。それに伴ってフロントバンパーも前方にずらしました(^^;) IMG_8631取り付けました、配線は純正のカプラーと差し替えるだけでとても簡単です。HIDヘッドライトではバラストなどの補機類の配置場所を考えなくてはいけませんがこちらの商品は線を差し替えるだけなのでとても簡単です。それでは片方は純正のハロゲン、片方は今回取り付けたLEDヘッドライトで点灯させてみます。IMG_8647

色味は純白といった感じです。LEDの方が光が強いです。点灯時のレスポンスはハロゲンよりもいいです。IMG_8649

正面からはこんな感じです。今まで白く見えていたウインカー下のデイライトが少し黄色っぽく見えるぐらいヘッドライトは白いです。明るさもですがLEDの光は左側の白線や歩道もハロゲンに比べ見やすいように感じました。 光軸はハロゲン球のフィラメントと同じ位置にLEDが配置されている設計ですのでカットラインもしっかり出ますが調整は必要だと思います。国内大手各メーカーからも続々とLEDヘッドライトが発売されています。夜のドライブのお供にいかがでしょうか? 余談ですが虫が寄ってきにくいという噂もあります 笑 当店ではヘッドライトの電球一つからでも相談にのります(^^) 最後までご覧いただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページのトップへ