8月 | 2017 | Kyoei Auto Service | 京都府綾部市・福知山市の車検・整備・鈑金塗装・新車・中古車・コンプリートカー・カスタム・パーソナライズ・ハイブリット・プリウス・レクサス専門店

Aug 31 2017

Stancenation Japan 大阪@タルイサザンビーチ

2017年08月31日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日大阪、タルイサザンビーチにて行われた『Stancenation Japan』に行ってまいりました。当日の様子をブログにしていきたいと思います。

Stancenation』はアメリカ、サンフランシスコで2010年頃から始まったSlammed(日本でいう車高短)されたカスタムカーを取り上げるブログをメインにしたウェブサイトです。当店のアメリカ支店『Kyoei USA』とも古くから交流があります。アメリカ各地でもイベントを開催されているStancenationですが、数年前からここ日本でも『Stancenation Japan』として東京、長崎でイベントを開催されています。そして今回、関西で初めての開催となりました。

IMG_4536今回はお世話になっていますAimgainさんのブースに当店のプリウスを展示させていただきました。86用のボディーキット等Stancenationとのコラボ商品も多数リリースされていて、Stancenationと関わりの深いメーカーです。IMG_6327 当店のプリウスは新たに、30プリウス後期にオプションで設定されていた『スパークリングゴールド』仕様のヘッドライト、Inno製のルーフラック、フロントの足廻りの若干の仕様変更をさせていただきました。各部の仕様変更はまた別のブログにUPしていきたいと思います。

IMG_6332こちらもAimgainさんのデモカーのToyota 86です。こちらには新作のGT Fキットが装着されています。

今回もプリウスを中心に写真をアップしていきたいと思います!

IMG_6335 当店でも使用させていただいていますエアサスメーカー『ACC』さんは、1部改良されたAirrunner Sp-Low Ver.を装着したデモカーを展示されていました。

IMG_6336取り付けがボルトオンになり取り付けがしやすく、ダンパーやブラケットの改良により、乗り心地も以前より良くなっているそうです!IMG_4506また全上げ時の車高も今回のモデルはかなり高くまで上がるようになっています。ここまで上がればよほどの段差でない限りクリアできるのではないでしょうか。IMG_6379Speziellさんの50プリウスは、エアサスの足廻りにオリジナルのフルエアロ、Willwoodのブレーキキャリパー等、細かいところまで作り込まれた1台です。IMG_6428

IMG_6350IMG_4534IMG_4535IMG_4533IMG_634721077606_10155646080341624_8149443858169398141_nプリウスは関西でも人気車種で、土日ともかなりの応募台数だったそうです。同じプリウスでもパーツの選び方でかなり雰囲気が変わりますね! プリウス以外にも国産車から外車までいろんな車がエントリーされていました。IMG_6384 IMG_6386IMG_6411IMG_6434IMG_4532IMG_6399IMG_6361IMG_6431IMG_6414 IMG_6407 IMG_6401  IMG_6398 IMG_6395 IMG_6392 IMG_6389 IMG_6388 IMG_6380 IMG_6373 IMG_6369 IMG_6367 IMG_6365 IMG_6363 IMG_6357 IMG_6344 IMG_6341 IMG_634021032571_10155646098541624_5281544729634658773_n21032822_10155646080256624_8611874005747429466_n

まさにオールジャンルといった感じで、王道の車種から車名すら思い出せないようなレア車種までいろんな車がエントリーされていました。 軽自動車からスーパーカーまで、様々なジャンルのカスタムカーが見られるのが『Stancenation』 の魅力ではないかと思います。これから更に盛り上がりを見せてくれそうな『Stancenation』から目が離せませんね! IMG_4326

最後になりましたが、イベント中にお声かけいただいた皆様ありがとうございました! いつもブログやインスタグラム見てますというお言葉がとてもありがたいです! これからもこのようなイベントの情報だけではなく、いろんなプリウスユーザー様にとって魅力的な情報を発信していけたらと思っております。今後とも宜しくお願いいたします!

 

Aug 28 2017

ビートソニック ブレードアンテナ

2017年08月28日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はお車のルーフなどに付いていますアンテナのお話になります。 純正のアンテナは棒状の物が多く各メーカーさほど違いのないデザインになっていると思います。今回ご紹介させていただきます商品はBeat-Sonic社製のデザインアンテナ、ブレードアンテナという商品です。 IMG_8319IMG_8321 こちらがパッケージになります。裏面は取り扱い説明書になっています。こちらの説明書に従い今回はZVW30 プリウスに取り付けをしていきます。 純正のアンテナはネジ式になっているため左回りに回すと外す事ができます。IMG_8323 取り外したところに付属のアダプターを入れます。こちらもねじ込むだけです。IMG_8325 IMG_1992 IMG_8432IMG_9110アダプターにブレードアンテナ本体を差し込んで付属の六角レンチでネジを締めれば完成です。   少しスポーティーで戦闘機の羽のようなデザインですね(^^) 色のラインナップも豊富でトヨタ純正カラーだけでも14色から選ぶことができます。ボディー色に合わせてもいいですがあえて違う色でも可愛いです!当店で製作したこちらの2台は、ホイールとリップスポイラーに合わせて白色をチョイスしています。IMG_0666 IMG_3654  カスタムというと敷居が高く感じてしまいがちですがこういった小物をつけるだけでも愛着や満足感は増してくるものです。このようなお手軽なパーツもこれからもどんどん紹介していけたらなと思います! 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)

Aug 18 2017

エアコンリフレッシュサービス 施工実績

2017年08月18日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。先日ブログにさせていただいた『エアコンリフレッシュ』メニューの実績を1週間分まとめてみました。1台1台写真は撮れていませんがデーターはしっかり残してありますので例を挙げていきたいと思います。IMG_4166

平成21年 プリウス 走行距離約7万キロ  11.8℃ → 9.4℃

平成15年 ワゴンR 走行距離21万キロ  16.9℃ → 9.8℃

平成22年 フィットハイブリッド 走行距離11万キロ 12.5℃ → 8℃

平成16年 ムーブカスタム 走行距離12万キロ  14℃ → 9.2℃

平成15年 ラパン    走行距離11万キロ   13.8℃ → 9.6℃

吹き出し口の温度で11℃ぐらいまで冷えていれば十分涼しいのですが、エアコンリフレッシュを行えば、平均でそこから更に2℃ほど下がります。たかが2℃ですが10℃を切ると正直寒いぐらいです 笑 現状問題なくエアコンが効いているお客様でも、今後起こりうるトラブルを防ぐために定期的なリフレッシュの施工をオススメします。IMG_4328IMG_4333

吹き出し口の温度が15℃ぐらいだったムーブとワゴンRはガスが適量の3分の1程まで減っていました。汚れたガスを回収し、新しいガスを規定量補充することによってかなり冷えるようにはなりました。エアコンガスと一緒にコンプレッサーオイルもしっかり補充できるため、コンプレッサーの動きもよくなり、燃費の向上も期待できます。特に軽自動車はエンジンが非力ですので、効果をより体感できるかと思います。

また、プリウス等の電動コンプレッサーを搭載した車でもエアコンガスが少ない場合、エアコンの圧力をあげるのに必要以上にコンプレッサーが回ってしまいます、コンプレッサーを回す時間も長くなると、バッテリーの電力の消費が早くなります。結果、エンジンがかかる時間が長くなり燃費が悪化する事になります。

今回の事例でワゴンRのコンプレッサーからガスが漏れている所見がみられました。コンプレッサーの修理となると高額な修理になります。『次の車検で乗り換えたい』とか『古い車にそこまで修理金額をかけたくない』といったお客様は高額な修理を避けたいはずですので、1度エアコンリフレッシュを試される価値があると思います。IMG_4106 IMG_4108ただ、全てのエアコンのトラブルが、こちらのエアコンリフレッシュで解決する訳ではありません。写真のアルファードハイブリッドのように、コンプレッサーに動力が伝わらない等のトラブルの場合は、ガスチャージで治るような問題では無く、コンプレッサーの交換が必須になります。

当店ではその辺りの見極めもしっかりさせて頂きます。修理が必要であれば不調の原因をお客様にしっかり説明させて頂き、お客様の予算とも相談させて頂きながら修理させて頂きます。IMG_4323お盆を過ぎましたがまだまだ暑い日が続きます。エアコンリフレッシュで厳しい残暑も快適に乗り切りましょう! エアコンのことでお困りのお客様、こちらののぼりが目印です。お気軽にご相談ください!

Aug 07 2017

エアコン冷えてますか?

2017年08月07日月曜日

皆様こんにちは、言わなくても分かっておられると思いますが暑い日が続いていますね…笑 暑くなって皆様も大変気にされるのが『エアコン』です。毎年のことですが6月の終わり頃から当店にもエアコンの不調を訴えて入庫される方が急増します。

今まではマニホールドゲージという機械を使い圧力をチェックし、ガスが減っていればガスを補充していました。しかしエアコンガスは補充して入っていればOKという訳ではなく、規定量がきっちり入っている事がとても重要なんです。つまり多すぎてもエアコンシステムに負担がかかってしまい、新たなトラブルを起こす可能性があるんです。

そこで当店ではこの夏、エアコンリフレッシュマシンを導入いたしました。こちらの機械を使用すれば5グラム単位でのガス注入量の設定ができる為、正確なガスチャージができます。お客様にも追加注入した分のガス代だけをいただけますので、お客様にとってもお得です!IMG_4115こちらがエアコンリフレッシュマシンです。もちろんプリウスをはじめとするハイブリッド車にも対応しています。エアコンガスの回収、真空引き、規定量のエアコンガス、オイルの充填ができます。さらにエアコンシステム内の水分、不純物も回収し、綺麗にしてくれる機能もございます。IMG_4162エアコンガスと同時に充填されるエアコンオイルは2種類あります。左がPOE(ポリオールエステル)と呼ばれる種類のもので、POEは絶縁性が高く、ハイブリッド車に多い電動のコンプレッサーを使用する車種に使われるものです。右側はPAG(ポリアルキレングリコール)と呼ばれる機械式のコンプレッサーを使用する車用のオイルです。電動コンプレッサーを使用する車に絶縁性の低いPAGのオイルを使うとトラブルが起きますので注意が必要です。IMG_4119IMG_4118当店の水色のプリウスでまずはテストしてみました。特にエアコンの効きが悪い事はなかったのですが、ガスを回収すると規定量よりも50グラム程減っていました。吹き出し口の温度を測ってみると、リフレッシュ前は11.6℃、リフレッシュ後は2℃ほど下がり9.7度でした。IMG_41402℃の違いですが体感温度はかなり違います。また規定量ガスが入る事でエアコンシステムが本来の働きをしてくれる為、燃費の向上が期待できます。

当店サービスカーの平成15年式のワゴンRの場合はガスが規定量の半分程までガスが減っていました。IMG_4121吹き出し口の温度は18.4度、信号待ちでは少し車内が暑く感じる状態でした。エアコンリフレッシュ後は吹き出し口の温度は9.8度まで下がりました。IMG_4122かなりの変化を体感できました。コンプレッサーからの若干のガス漏れがある為年数と共に少しづつガスが減っていたようです。もうすぐ走行距離22万キロに達するワゴンR君ですが、この夏は快適に乗り切れそうです。笑

こちらのエアコンリフレッシュはエアコンシステムに大きな異常がないお車前提のメニューです。大きいトラブルがなくても年数とともにエアコンガスが減りエアコンの効きは悪くなるものです。

また現状エアコンの効きに不満がないお客様でも、エアコン内部のリフレッシュとオイル交換でトラブルを未然に防ぐ事もできます。

日本の夏は暑いです。車内を快適に保つ為にもエアコンリフレッシュはかなりオススメでございます。お盆のお出かけシーズンを前に一度チェックされてみてはいかがでしょか?

エアコンリフレッシュメニューの価格は普通車で8900円+補充した分のガス、オイル代になります。軽自動車の場合は7900円+補充した分のガス、オイル代になります。エアコンが少し弱いかな?と感じておられているお客様は是非ご相談ください!暑い夏を快適に乗り切る『エアコンリフレッシュ』、一度体験していただければと思います!

̃y[W̃gbv