6月 | 2016 | Kyoei Auto Service | 京都府綾部市・福知山市の車検・鈑金塗装・新車・中古車・ドレスアップ・カスタム・パーソナライズ・ハイブリット・プリウス・レクサス専門店

Jun 29 2016

ZVW50 プリウス Aプレミアム レビュー

2016年06月29日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はトヨペットさんよりZVW50プリウスのAプレミアムというグレードの試乗車をお借りしたので装備や普段見る事のできない下回りなども同時にチェックする事が出来ました。IMG_9268 IMG_9269

こちらが今回お借りした車両です。Aプレミアムなのでホイールは15インチになります。ボディーカラーはシルバーメタリックです。 AというグレードにはToyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)が標準装備となっています。またドアミラーの死角に入った車を検知してドアミラーに内蔵されたランプを点灯させて教えてくれるブラインドスポットモニター、雨を感知して自動で動くオートワイパー等、細かい快適装備も標準装備です。IMG_9309 IMG_9274 インテリアは白基調で本革シート(一部合皮)と本革巻きステアリングが装備されています。IMG_9372 こちらのフロアマットはオプションのラグジュアリータイプというものです、抗ウイルス、抗アレルゲン、抗菌、消臭、防ダニの作用がある素材が使われています。IMG_9277内装色に合わせて装着されていたシフトノブはモデリスタのものでメッキ装飾がされたパネルとセットの商品です。IMG_9297 少し見えづらいですがこちらのグレードにはHUD(ヘッドアップディスプレイ)が装備されています。フロントガラスにスピードメーターとハイブリッドシステムインジケーターが表示されていました。視界を遮ることもなくドライバーの目線の位置に合わせて高さと左右の位置も微調整できます。IMG_9282センターコンソールには置くだけ充電器が装着されています。こちらは対応する端末であればこのトレイに置くだけで充電することが可能です。IMG_9306 リアシートも本革シートです。IMG_9396 センターコンソールの後ろにはAC100Vの出力が付いていました。携帯電話や携帯ゲーム端末の充電などに便利ですね!IMG_9307 後席を前に倒すと相当大きな荷物も積めそうです。IMG_9299 トランクルームにも100Vの電源が備え付けられています。 レジャーなどにも役に立ちそうです。IMG_9392  メーターパネルはあらゆる情報をとてもわかりやすく表示してくれます。発進や停車、走行時の走り方を車が判断し点数をつけてくれるエコジャッジという機能が面白かったです。当店スタッフの運転は93点でした 笑

次にリフトで上げて下回りのチェックをさせていただきました。IMG_9331 下回りはカバーがしっかりされていてかなりフラットでした。IMG_9335 排気熱回収器です。排気の熱をエンジンの暖気やヒーターに使うことで燃費の向上、暖気性能やヒーター効率を向上させる為のものです。

IMG_9339 マフラーのパイプが通るトンネルには補強バーが入っていました。 今回のプリウスの売りでもあるシャーシ剛性の高さに貢献している部品でしょうか。IMG_9328  写真のようにリアの足廻りは左右独立に進化しました。大きめな段差でもしなやかに足廻りが動き、とても乗り心地が良くなっています。IMG_9325 エンジンオイルを交換するときも、カバーを外さなければいけません。IMG_9373IMG_9376 カバーを外すとオイルエレメントとオイルを抜くドレンボルトが近い位置にあるので作業性は良さそうです。IMG_9300  補機バッテリーの搭載位置が新型はエンジンルーム内に変わっています。それに伴いインバーターの位置などが変わっています。

仕事終わりに時間をいただき実際の通勤ルートを走ってみました。運転席側はパワーシートで、自分の体に合わせて微調整ができ、とても座り心地がいいです。本革のシートには今回初めて座らせていただいたのですが手触りもよく硬めの座り心地が個人的には良かったです。またHUDの位置もちょうど良い位置で自然に視界に入り見やすかったです。少し先代の30プリウスより幅が広く感じ狭い道での対向車とのすれ違いに最初は戸惑いましたが、しばらくすると慣れました。気になる平均燃費ですが、IMG_9356片道約8キロ、ほぼ平坦で下り坂もある道でしたので40キロ出ました。帰りは上り坂になるので32キロぐらいでした。 いかに燃費を落とさず走るか、ゲームのような感覚に陥ってしまいます 笑 燃費はプリウスの醍醐味でもありますが今回のプリウスに関しては運転している人が楽しくなる機能も充実しています。IMG_9391 メーターパネル上の運転状況により色が変化する『ドライブサポートイルミネーション』もそのうちの一つだと思います。アクセルの踏み方などが視覚化されるためエコ運転に貢献してくれます。

起動時にもこのようなパターンで出迎えてくれます。また夜の運転では眩しく感じてしまうかもしれません、そういう時はスイッチで発光しないようにもできます。

IMG_9363 いろいろと機能の紹介などさせていただきましたが乗って体感する、ということがやっぱり車の事を知る一番の近道ではないかと思います。今後も試乗車をお借りして皆様に見ていただく機会をどんどん作っていきたいと思います。我々もお客様により良い情報を提供できるよう日々勉強してまいります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

リンク:トヨタ自動車

Jun 24 2016

トヨタ  C-HR  注目のプリウスベースのSUV 最新情報

2016年06月24日金曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。今回はトヨタから発売が予定されている新型車、『C-HR』の紹介をします。C-HRはコンパクトなSUVです、まずは全体のフォルムはこんな感じです。01-2017-toyota-c-hr-hybrid-geneva-1

出典:http://www.autoblog.com/2016/03/01/toyota-c-hr-hybrid-genevaproduction/#slide-3817291gallery2 gallery5gallery4出典:http://toyota.jp/c-hr/

他社のライバル車種で言うと日産 ジューク、ホンダ ベゼル、マツダ CX-3 といった車種が挙げられると思います。エンジンに関しては2リッターのガソリンエンジン、1.2リッター+ターボチャージャーのガソリンエンジン、そして1.8リッター+モーターのハイブリッドの3車種がラインナップされるようです。spec_table 出典:http://toyota.jp/c-hr/

こちらのC-HRは、巷では『プリウスSUV』と表現されていたこともあり、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のプラットフォームはもちろん、パワートレイン(エンジンやハイブリッドシステム等)などもプリウスをベースに作られているようです。また1.2リッター、ターボエンジンも近頃多くなっているダウンサイジングターボのそれで、1.2リッターのグレードは6速マニュアルトランスミッションも選べるようなのでこちらも注目です。5月の末にドイツで行われたニュルブルクリンク24時間耐久レースにこちらのC-HRのレーシングカーがエントリーしていたこともあり、ある程度のスポーツ走行も視野に入れられているのでしょうか。keyvisual 出典:http://toyotagazooracing.com/jp/nurburgring/report/2016/24h/01.htmlqqqqqqqqqqq-637x352出典:http://xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz/?p=1507

インテリアはトヨタ公式サイトにまだ詳細がアップされていないためどういうデザインになってくるかわかりません。上の写真のようなカラーリングが入った雰囲気になってくるのでしょうか。

そしてもう一つ気になる点が燃費です。ハイブリッド車の場合、プリウスのハイブリッドシステムを採用するとしたらおそらく1リッターあたり30キロ以上は走るのではないかと思われます。しかし燃費の情報も公式の発表がない為今は予想の段階です。新型50プリウスではボディー剛性やシャーシ性能が大幅に向上しました、今回のC-HRではさらなる足廻りやボディーの進化も期待できる為とても楽しみですね。こちらの通称『プリウスSUV』も注目度の高い車種ですので新しい情報が入り次第アップしていきたいと思います。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Jun 16 2016

新型プリウス PHV 最新情報!

2016年06月16日木曜日

皆様こんにちは、お世話になっております、先日当店のブログで『新型プリウスPHV』について書かせていただいたのですが、最近日本でも実車が公開されいよいよ発売に向けて本格的な動きになってまいりました。top_imgトヨタ自動車さんのサイトにも新型PHVのページができていますのでそちらから情報を頂いております。PHVの発売に伴い、写真のスピリテッドアクアメタリックというボディーカラーが新たに追加されました。 さらに新たな情報として写真のソーラー充電システムなどが取り入れられたようです、img_01ソーラールーフで発電した電力を専用のECUを介して駆動用のバッテリーや12ボルトの補機バッテリーへ供給されます。走行中も発電できるため燃費の向上に貢献します。

さらに公共施設などにも設置されている急速充電器にも対応し、約20分で満充電できます、これまで通り家庭用のコンセントでも充電できるのでさらにプラグインハイブリッドとしてのメリットをさらに活かすことができますね(^^) それに加えてエンジンで発電するバッテリーチャージモードという機能も追加されこちらでも走行中に電気を貯めることが可能です。

走行性能では従来型のEVモードでの走行できる距離がカタログ値で26.4キロ、最高速度が100キロでした、新型では走行距離がおおよそ2倍の60キロ、最高速度に関しては135キロをテストコースで記録したそうです。60キロ走行できれば通勤でガソリンを使うことはほぼなくなりそうです 笑

インテリアではやはり大型のディスプレイが目を引きます。img_01 (1)

 

大画面で情報をわかりやすく表示し、操作性もスマートフォン感覚でとてもいいようです、もう一つ大きく変わっている点が乗車定員です、今回のPHVは4人乗りになっています。rear_img_01四人乗りになったことによりさらにプレミアム感は増しています、後席でもゆったりくつろげそうですね(^^) img_front img_rearさらにシャープになった新型プリウスPHV、多くの先進機能満載で実車を見るのがとても待ち遠しいです。気になる発売日は10月26日と噂されていますが確実な日にちは決まっていないようです。また価格もまだ発表されてはいないのが現状です。こちらの車種に関しては今後も情報が入り次第アップしていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

Jun 14 2016

東京オリンピック特別仕様ナンバープレート ご当地ナンバー 

2016年06月14日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。昨今ニュースでも話題になっています2020年の東京オリンピックですがその開催に伴い自動車のナンバープレートに東京オリンピックを記念したデザインが入れれることになるようです。69ef6d6abf 248e1c2866807227e61d4b98dc34f4c0写真の図柄はイメージのようでこれに決まったわけではないようですが、五輪と日本がイメージされたデザインになるようです。交付時期に関しては2017年10月頃からオリンピックが終了するまでの予定となっています。IMG_0106アメリカのナンバーも州ごとにいろんなデザインがありますよね! 今後日本でも都道府県ごとにご当地デザインナンバーが導入されていくのかはわかりませんが導入されたら面白いですね(^^) 京都のデザインナンバープレートの導入を期待しましょう! 最後まで読んでいただきましてありがとうございました(^^)

Jun 08 2016

Wekfest LA @ロングビーチ カリフォルニア

2016年06月08日水曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。5月は日本でWekfest Japan というイベントが開催されたのが記憶に新しいのですがその月の最後の週末、アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにてWekfest LAが開催されました。当店アメリカ支店、Kyoei USAクルーもエントリーしており、今年もハイレベルなカーショーが繰り広げられたようです。現地より写真と情報が届いております、簡単にはなりますがアップしていきたいと思います。13332793_10154221197421624_4279492434695785334_n会場入りする前にACC USA クルーとこちらで合流です。13327389_10154221197411624_2016290946978225039_nこちらのLS460はアリゾナから長い距離を自走で走り今回エントリーです。13331107_10154221197451624_978821788453482932_nこちらの珍しい車はポルシェ356スピードスターです。後ろの北米トヨタ シエナはVANKultureのメンバーです。IMG_7745Kyoei USA からは3台がエントリーです。13344541_10154221183691624_891263052612700896_n13343002_10154221231581624_8532187913174622438_nデモカーの30プリウスはAimgain Type V ボディーキットに足廻りがACC airrunner ホイールがWeds Marveric 709M 日本のデモカーとは色違いのSamurai GOLDです。13312717_10154221183796624_8285487867885025579_n隣に並ぶLexus LS460前期は中期フェイススワップ、Aimgain フロントバンパー、フロントフェンダー、ホイールはWORK  ZISTANCE  W10M  派手さはないですが要所がしっかりと抑えられていて綺麗にまとまっているところがアメリカのVIPスタイルらしい車だと思います。13307244_10154221183746624_2970486500065712535_nこちらはSEMA Show や各所のイベントやミーティングに積極的に参加されているKyoei USA  Cesar氏のLS460です。昨年のSEMA Showでデビューした後期仕様の外装でAimgain 純Vip-GTボディーキットにフルラッピング、ホイールはWork Gnosis GR203 です。13335780_10154221183946624_1342773014311558145_n足廻りはACC airrunner でほぼ地面に着地するぐらいのセッティングです。13307236_10154221183726624_5881012964157994844_nアメリカのカーショーでは、VIPスタイルの車でもエンジンルームまで手が入っていて、ボンネットを開けて展示している車をしばしば見かけます。Cesar氏のLSもエンジンカバーにグラフィックが描かれていたり遊び心満載です。IMG_7706VANkultureクルーのシエナです。彼らは家族や子供を乗せるためのVANでカッコよくカーライフを楽しんでいます(^^)13335710_10154221172511624_6286598668792048966_n13336075_10154221172441624_3987704543828422012_n13322000_10154221171531624_3152688070382913997_n13325599_10154221172626624_3236703920536299029_n13331089_10154221172041624_4474679021894485221_n13322028_10154221171691624_7102703565146594928_nLexus GS は写真の2代目から13312764_10154221172606624_107984533787995901_n日本でも最近珍しくなってきた初代もエントリーされていました。13315780_10154221184066624_2845238079804770591_nこちらは3代目、日本でも増えつつあるGT-VIPスタイルです。13321714_10154221183971624_422930044705129445_nこちらはACC ブースに展示されていたGSです 、GS シリーズの人気ぶりが伺えますね(^^)13321661_10154221171621624_7196394088594197333_n13322042_10154221183401624_5543010030674601569_nWekfest Japanと比べLEXUSのエントリーはかなり多い印象です。13339596_10154221171806624_1118760572107368673_n13336087_10154221171561624_4761975068495461122_n13325466_10154221231541624_4894062742140260901_n13346666_10154221231486624_1385340253436195883_n13346836_10154221203676624_5370205605700218133_n13346686_10154221183521624_904816152853079453_n13335954_10154221171846624_9067993425109612161_n13322059_10154221183456624_635872522402173126_n13327513_10154221172161624_3582250955523881673_nこちらはRoyal OriginクルーのISです。リアガラスにKyoei USA のステッカーを貼ってくれています(^^) 13244798_10154221172206624_6922056855686811833_n13307358_10154221171656624_3598255809255894362_n13307243_10154221172246624_5603517159547613591_n13321719_10154221231056624_17923018551652552_n13346876_10154221171971624_1536940599335805710_n13310578_10154221172581624_3157145153021635283_n13321661_10154221183881624_801695903915251976_n レクサス以外の車ももちろん多数エントリーされています、13327626_10154221183576624_8547646732464941772_nAirREX USA のプリウスはmode parfumeのボディーキットにSSRのホイール。13330980_10154221172291624_734613314848289077_n13339700_10154221172541624_8216443643315659979_n13346685_10154221171921624_175482380048652853_n13346892_10154221231326624_3073120395146423940_n13331010_10154221204126624_1202962385040303738_n13319933_10154221204096624_6502802261545477094_n日産、infinityはVIPスタイルからGTRなどのパフォーマンス系、さらにはアメリカでは販売されていないハコスカまで、アメリカでは古い日本車も人気があるようです。13312750_10154221203996624_710369669197213505_n (1)13336127_10154221204276624_2927563132641849272_n13339501_10154221204221624_4577725056128043414_nホンダのレベルの高さは言うまでもないです。アリゾナのRC’s Garage 製作のEM1シビッククーペはK型エンジン換装にターボチャージャーが付きアメリカ製のパフォーマンスパーツで完全武装です。13310369_10154221203351624_6723887994073670032_n13339503_10154221203381624_115502699034901488_nこちらのS2000もエンジンが宙に浮いているかのようですね、手前に見えるVORTECH製スーパーチャージャーも迫力大です。さらに右ハンドル化されているのにもびっくりです(^^;)13319765_10154221231401624_8520344049668199568_n 13330960_10154221203246624_2411571377058873228_n13322029_10154221204291624_8801328043443175976_n13332763_10154221204186624_6104407084021360205_nホンダもスポーツカーだけでは無く写真のTSXワゴンや、13330948_10154221203941624_1301000288947902923_n (1)アコードハイブリッド等もエントリーされています。13331010_10154221231336624_5797859046013504564_n13332732_10154221231721624_2773269006717417936_n13327357_10154221203781624_7565302289100128037_n13319886_10154221204211624_6691906669377626568_nIMG_6294 IMG_6292 IMG_629312871485_10154221231136624_8551372428231863137_n 13312616_10154221231181624_1109625726235799638_n 13315357_10154221231201624_7209256480704429952_n先ほども紹介させていただいたこちらのポルシェ356スピードスターは細かいところまでとても綺麗に作り込まれていました。Best Of Show に選ばれたことにも納得です。13344697_10154221203156624_4353382307964534026_nこちらのベンツ280SEは古き良きホワイトウォールタイヤが印象的です、13335826_10154221203096624_2535393452290960724_n極低車高でも下品に見えないこの雰囲気が最高です。IMG_7697IMG_7702IMG_7699

この他にもたくさんの車がエントリーされていたのですが長くなりすぎてしまうのでこれぐらいにしておきます(^^;) 当店アメリカ支店Kyoei USAのホームページやFacebookページではこのようなイベントの情報がアップされていますので興味のある方はそちらもチェックしてみてください! 最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

Jun 06 2016

50プリウス 30プリウス サイズ比較

2016年06月06日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。 新型プリウスが発売されてから約半年が経ち、街中でもよく見かけるようになりましたね(^^)  実際街中で見る旧型の30プリウスと50プリウスを見比べてもよく言われる低重心になったとか視界が良くなったとか言われることにあまりピンとこないですよね(^^;) 今回のブログはこちらの雑誌の記事にわかりやすい比較写真が載っていましたので紹介したいと思います。IMG_0073 FullSizeRender 8まずは真横から見た写真です。ホイールベースは同じですが、全長は新型の方が60mm長くなっています。全高は新型の方が20mm低いです。ボディーラインを見比べてみると新型プリウスはより流線的なシルエットになっていることがわかりますね!続いて正面からの比較です。FullSizeRenderボンネットからルーフにかけての高さが結構違いますね、こう見ると低重心になったと言われるのもわかる気がします。室内幅も新型は広くなっています。FullSizeRender 10FullSizeRender 2上が旧型、下が新型です。室内幅が広くなっているのは前述の通りですがガラスは新型の方が小さくなっています、しかしながら室内が明るくダッシュボードが低くなり視界も新型の方が良くなっているようです。 FullSizeRender 7シートに関しては今回トヨタさんがかなり力を入れて開発されたようです。実際に試乗した時もシートはかなり座り心地が良かったです。包み込まれるようなフィット感があります。着座位置が低くなって視界が悪くならないよう内装やダッシュボードの形状が工夫されているのも特長です。IMG_0075リアシートは座面が広くなり着座位置も低くなっています。これにより前方に足をのばすような姿勢で座ることができます。前席が低くなっているので後席からの前方の見晴らしが良くなっています。着座位置が低くなっても見晴らしが良くなる、いろんな位置関係が工夫されていて細かいこだわりがさすがトヨタだなあと感心させられますね(^^)乗り心地もリアの足回りの改良と相まってかなり良くなっていると個人的には感じることができました。IMG_0074最後にトランクルームです。ハイブリッドシステムのバッテリーの搭載位置が後部座席下に変更されたことによって荷室床面が低くなりトランク容量が56ℓ増えています。旧型でも十分な広さだと思いますがさらに広く進化しています、4WD車では2WD車より少し狭くなるようです。ここまでざっと解説させていただました、雑誌の方ではさらに詳しく書かれています、試乗に行く時も前もって予備知識があったほうがより進化を体感できると思います。巷では早くも新型プリウスのプラグインハイブリッド車のテスト車両の目撃情報が出ています。そちらの方も今後ブログ、Facebookでも紹介していきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

Jun 06 2016

京都限定車 京プリウス Vol.2

皆様こんにちは、先日当店のブログで紹介させていただいた『京プリウス』という車、皆様ご覧いただきましたでしょうか? ネッツトヨタ京華さんより発売された京都限定のプリウスです。 先日その京プリウスに新しいモデルが登場したので紹介させていただきます。前モデルは黒基調のシックな内装でした。今回は白基調に変わっています。IMG_0076kp2_equipment11kp2_equipment12kp2_equipment19

今回も内装のパネル類に水圧転写による模様が入っています。京の水面の煌めきを表した模様と、街中を流れる川の自由で柔らかい曲線を違和感無く融合させたデザインだそうです。

kp2_equipment13 kp2_equipment14 kp2_equipment15 kp2_equipment16

前回の黒基調も良かったのですが今回の白基調はより爽やかな印象を与えてくれます。またよく見ると魚の絵が書いてあるところにも注目です。デザイナーさんの遊び心でしょうか?(^^)  京都の水面、これから来る夏にぴったりのデザインですね。次は秋らしいデザインが出たりするのでしょうか?、『京プリウス』今後の展開にも期待です(^^) 最後まで読んでいただきありがとうございました。

Jun 06 2016

 30プリウス リアワイパーレスキット

皆様こんにちは、今回はデモカーの30プリウスにリアワイパーレスキットを装着しました、30プリウスはリアガラスが結構大きいため、ワイパーも長くなりどうしても目立ってしまいますよね(^^;) 今回はこちらを用意しました。IMG_0056 IMG_0058 IMG_0063樹脂製のボルトとナット、ゴムリングの3点が入っています。まずはリアワイパーを取り外します。IMG_0059下側のカバーを開けると10ミリのナットがあるのでそちらを外せばワイパーブレードは外せます。IMG_0065次にワイパーモーターを外します。トランクを開けて内装を外します。IMG_0064 ボルト3本で止まっていますのでそちらを外して配線を抜くとモーターユニットが外れます。IMG_0068こちらの穴をワイパーレスキットで塞ぐ感じで取り付けます。IMG_0070ワイパーレスキットの締め付けは手で締まらなくなるぐらいで大丈夫です。写真のようにガラス面とほぼツラでぴったり付きます。あとは水をかけて雨漏りのチェックをして作業終了です。ワイパーが有る無しでは結構見た目も変わり、少し屋根が低くなったようにも見えるぐらいです。こちらもお手軽カスタムパーツとしてオススメです(^^) 最後までご覧いただきありがとうございます。

̃y[W̃gbv