5月 | 2016 | Kyoei Auto Service | 京都府綾部市・福知山市の車検・整備・鈑金塗装・新車・中古車・コンプリートカー・カスタム・パーソナライズ・ハイブリット・プリウス・レクサス専門店

May 19 2016

Aimgain International /  エイムゲイン  

2016年05月19日木曜日

皆様こんにちは、先日は広島県で行われた車のイベントのお話をさせていただきました、その帰りにお世話になっている東広島市のAimgainさんの店舗へ行ってまいりました。13177721_10154183583586624_1675675783286548488_n IMG_8749 IMG_8751先日新店舗に移転されたばかりで忙しい日が続いているようですが今回貴重な時間をいただき色々なお話を聞かせていただきました。 外観は黒基調の落ち着いた雰囲気でとても綺麗な建物でした。綺麗なのは外観だけでは無く、、、IMG_8742 IMG_8744

ショールーム内にはピカピカのデモカーが並んでいました、ホイールを始めとする商品のディスプレイの仕方も綺麗にまとまっていてとてもカッコよかったです(^^)IMG_8743

日本でもイベントを主催していることで有名なStance Nationとのコラボモデルのエアロパーツが装着されたトヨタ86も展示されていました。オーバーフェンダーの表にリベットやビスが無いためスッキリしています。IMG_8747 東京オートサロンで展示されていた現行ZVW50プリウスや、IMG_8746マツダロードスターも近くでゆっくり見ることができました(^^) IMG_8740 IMG_8741建物の裏側は駐車場になっていました。ウエスタヒロシマの会場で合流した山口県のK-Produceさんもご一緒させていただきました。IMG_873213178800_10154183588886624_5902816466675191329_nリアガラスのロゴはステッカーではなくペイントです! オシャレですね(^^)IMG_8733IMG_8735少し前に当店のFacebookページでも紹介させていただいたプリウスも見せていただきました。綺麗なボディーカラーは前期にしか無いアクアブルーメタリックです、ホイールも白のADVAN GTでスッキリしたデザインと爽やかなボディーカラーが最高にマッチしていました(^^)  13254261_10154183589186624_6692583568949753004_nIMG_8737こちらはAimgain Type 5のカタログにも載っているAimgainさんのデモカーです。ルーフラックをつければプリウスにマウンテンバイクやロードバイクも積めますね(^^)  セダンやコンパクトカーをレジャーにガンガン使いたい方にもオススメのカスタムです! お店も置いてある車も綺麗で従業員の方々にも活気があり、パワーをいただけました。こういった貴重な経験を無駄にすることなく日々の業務に励んでいきたいと思います。当店はAimgainさんの商品の正規ディーラーになりますので気になる商品があれば是非ご相談ください(^^) 今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

May 17 2016

Westa Hiroshima / The Water Front Reunion @ グリーンピアせとうち

2016年05月17日火曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。 先週Facebook ページにもアナウンスさせていただきましたイベント、Westa Hiroshimaと同時開催されたWater Front Reunionに、当店デモカーのZVW30プリウスでエントリーしてまいりました。

Westa Hiroshima はアメ車を中心とした色んなジャンルのカスタムカーがエントリーされていました。当店のプリウスはThe Water Front Reunion の方へエントリーさせていただきました。こちらのイベントはアメリカ、西海岸のベニスビーチのサンセットロケーションに似合いそうな車、という非常に面白い募集要項でした。当店はアメリカ、カリフォルニア州アナハイムに支店があるということもありKyoei USAのデモカーと近い雰囲気で製作しているこちらのデモカーで参加させていただく事になりました。それでは写真中心ですがWesta Hiroshima / The Water Front Reunion当日の様子をアップしていきます。 IMG_7862のコピー

当店デモカーはアメリカでも装着率の高いAimgainのエアロパーツ、ACCのエアサス、Wedsのホイール、とアメリカ人が好みそうなUS-VIPスタイルです。IMG_7876

こちらは日本ではトヨタ、アクアの名前で売られています。しかしよく見ると左ハンドル、アメリカから並行輸入された車両です。アメリカではPrius-C という名前で販売されており、プリウスの弟分のような存在です。IMG_7875

こちらの日本ではあまり見かけない車両、ホンダのインテグラという車です、日本では2年ほどだけ丸目2灯で販売され、四角いヘッドライトのフロントへマイナーチェンジされました。 しかしアメリカでは丸目のまま販売され続け1998年にこちらのUS後期フェイスがデビューしました。IMG_7882 IMG_7880のコピー

こちらの二台もUS後期フェイスです。ベニスのサンセットロケーションに北米仕様の車はよく似合いそうです(^^) IMG_7899Grinders さんのブースに並んでいたシビック二台は足元から綺麗にまとまっていてオシャレでカッコ良かったです。IMG_7901 こちらはスバルのアルシオーネSVXという車です。日本でもアメリカでも販売されていましたが現在は中古車市場にもあまり出回らない希少な車両です、

IMG_7903エアサスの足廻り、アメリカAvant Garde社のホイール、さらにはエンジンルームまでピカピカでした。凄いとしか言えないです(^^)

IMG_7897のコピー IMG_7898のコピー

IMG_7886のコピー IMG_7888IMG_7885のコピーIMG_7959IMG_7908 IMG_7889 IMG_7884のコピー13087922_10154183562671624_262602803576665402_n 13179116_10154183562756624_1238795238511649528_n 13226670_10154183562741624_6809311334464506350_n 13245482_10154183562716624_7435970836788687390_nIMG_7904IMG_7956 IMG_7957  ハードなカスタムが施された車両からマイルドな車両までが集まりアメリカのサンデーミーティングのようなリラックスした空気感が最高に心地よかったです。続いてウエスタヒロシマです。IMG_7911 IMG_7910IMG_7945IMG_7937IMG_7929 IMG_7939 IMG_7926 IMG_7962 IMG_7963 IMG_7966 IMG_7943 IMG_7944IMG_7916

 

こちらは車、バイクも展示されていました。アメ車からポルシェまでこちらも幅広い車種が展示されていました。またペインターさんやピンストライパーさんのブースやアメリカ雑貨やパーツの販売もありそちらも賑わっていました(^^) IMG_7954前回行ったWekfestは本当にカーショーという感じでしたが今回のWesta Hiroshimaはリラックスした雰囲気で楽しめました(^^) イベントといっても色々な趣旨があります、イベントに自分の車を出してもなあ、と思っている方も探してみると自分の車に合ったミーティングやイベントが見つかると思います。 カーライフを楽しむための一つのカタチですね! 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)

May 16 2016

ZVW30 プリウス クルーズコントロール後付け

2016年05月16日月曜日

皆様こんにちは、お世話になっております。梅雨に入るまでまだまだ行楽シーズンが続きますね! ドライブに最適なお車の機能として知られるクルーズコントロール、高速道路などでアクセルを踏まなくても車速を一定に保ってくれる便利な機能です。海外では装着されている車両が多いイメージですが日本ではオプション設定の車が多く、僕個人としても中古車で装着されていればラッキーぐらいの認識でした。しかし昨今の日本では高速道路があちこちでつながり、どこへ行くにも便利な時代になってきました、ここ綾部市からでも一度高速に乗ってしまえば京阪神のみならず中国四国や九州、東へ行けば中部から関東甲信越、北陸、東北まで行けてしまうんです。そうなってくると尚更クルーズコントロールの必要性を感じてしまいます。当店のデモカー30プリウスも中古車ベースのためクルーズコントロールがついていません、しかし30プリウス前期の一部のグレードを除く車種はエアバック裏まで配線が来ており、カプラー付きの配線とクルーズコントロールのスイッチを用意すると後から装着が可能、との情報をキャッチしたため早速試してみることにしました。ちなみに当店のデモカーは30プリウス前期、Sグレードの寒冷地仕様です。IMG_8593こちらが今回準備した部品です。クルーズコントロールメインスイッチ、カプラー付き配線、ステアリングサイドのスイッチがつく部分のカバー、の3点です。取り付けにあたってエアバッグを取り外します。必ず補機バッテリーを遮断してから作業します。IMG_8582 両サイドのカバーを外して、IMG_8584のコピー外したカバーの方から細い物で矢印部分のピンを押しながら手前にエアバッグ本体を引くと外れます。あとは配線を外すと完全にエアバッグを取り外すことができます。 IMG_8585配線が集合している部分の一番右が空いています、そちらに今回注文した配線を繋ぎます、スイッチは写真のようにプラスネジで向かって右側に取り付けます。IMG_8587配線はこんな感じで、IMG_8589専用のカバーも取り付けます。スイッチを固定したら配線を確認してエアバッグを戻します。エアバッグはカチっと音がするまで押し込みます。IMG_8590純正品ですのでフィット感は全く問題ないです。 実際に走らせてみましたがしっかり機能してくれています。 あれば便利なクルーズコントロール、高速道路での移動、特に舞鶴若狭道あたりはあまり渋滞もしないため皆様のドライブをより快適にしてくれると思います。今回当店のデモカーは無加工で取り付けできましたが、Lグレードや30プリウス後期は追加で配線をしなければ作動しないようです。最後に今回使用した部品です。

84632-34011スイッチ

84633-48020 配線

45186-47030-C0 カバー

90159-50199スイッチ固定用のビス2つ

です 。 最後までご覧いただきありがとうございます。

May 13 2016

IPF LED ヘッドライトコンバージョンキット 

2016年05月13日金曜日

皆様こんにちは、毎度お世話になっております。今回はLEDヘッドライトバルブを当店のデモカーに装着しましたのでレポートさせていただきます。今までは絶対的な光量の少なさからかあまりヘッドライトには採用されなかったLEDですが、ここ最近ではメーカー純正ヘッドライトにも採用され始めこれからはLEDが主流になていくのでは?という今日この頃でございます。

LEDヘッドライトのメリットとしてはまずは寿命が長いということ、初期投資額としてはお高めですが国産品であればしっかりと保証もついている為安心です。二つ目は光が安定するまでの時間です、現在主流のディスチャージ式のヘッドライトは点灯してから明るくなるまでに一定の時間を要します。LEDは瞬時に光が安定します。その他にも光の色が綺麗でファッション性のアップ等メリットは多いです。

今回当店で紹介させていただきますのは純日本製のIPFというメーカーのものです。こちらは3年間の保証も付いていますし車検にも対応しています。また価格も控えめで数あるLEDヘッドライトバルブの中でもお求めやすいのではと思います。IMG_8613

ハイブリッド車にもしっかり対応しています。IMG_8618IMG_8622

ハロゲンバルブに比べバルブの背面が大きくなるためバックスペースが十分にあるか最初に確認が必要になります。当店の30プリウスは計測した結果問題はありませんでした。 早速取り付けです。IMG_8625

取り付けにあたり運転席側は手が入るスペースが不十分なためインテークパイプの取り外し、ラジエターリザーバータンクはボルトを外して後方にずらしています。これでも狭いですが、、、笑 狭いので結局ヘッドライトを前方にずらすことにしました。それに伴ってフロントバンパーも前方にずらしました(^^;) IMG_8631取り付けました、配線は純正のカプラーと差し替えるだけでとても簡単です。HIDヘッドライトではバラストなどの補機類の配置場所を考えなくてはいけませんがこちらの商品は線を差し替えるだけなのでとても簡単です。それでは片方は純正のハロゲン、片方は今回取り付けたLEDヘッドライトで点灯させてみます。IMG_8647

色味は純白といった感じです。LEDの方が光が強いです。点灯時のレスポンスはハロゲンよりもいいです。IMG_8649

正面からはこんな感じです。今まで白く見えていたウインカー下のデイライトが少し黄色っぽく見えるぐらいヘッドライトは白いです。明るさもですがLEDの光は左側の白線や歩道もハロゲンに比べ見やすいように感じました。 光軸はハロゲン球のフィラメントと同じ位置にLEDが配置されている設計ですのでカットラインもしっかり出ますが調整は必要だと思います。国内大手各メーカーからも続々とLEDヘッドライトが発売されています。夜のドライブのお供にいかがでしょうか? 余談ですが虫が寄ってきにくいという噂もあります 笑 当店ではヘッドライトの電球一つからでも相談にのります(^^) 最後までご覧いただきありがとうございました。

May 10 2016

トヨタ プレミアムホーン ZVW30 プリウス

2016年05月10日火曜日

皆様こんにちは、昨日からゴールデンウイーク明け、という方も多いでしょうか? 連休モードから仕事モードへ徐々に体を慣らしていきたいですね。さて連休明けの一発目はクラクションのお話です。

クラクション、まあ何か危険な事がなければそうそう鳴らすことは無いと思いますがトヨタのオプションには『プレミアムホーン』という商品がございます。dop_comfortable_premiumhorn_01_pc

こちらの写真はトヨタさんのホームページからお借りしてます。プレミアム、というだけあり謳い文句は管楽器的なソフトなサウンド、です。

社外品のホーンは量販店でよく見かけますがそんな数あるホーンの中でトヨタの純正用品を選ぶメリットは取り付けのしやすさが一番にあると思います。IMG_8580

基本的に社外ホーンを装着する場合は多少の配線加工が必要です。しかしこちらのプレミアムホーンであればカプラーオンでの装着が可能です。またブラケットも付属しているため本体の固定も容易に行えます。IMG_8581IMG_8579

 

純正位置にマウントしました。純正バンパーでも当店のデモカーに装着しているAimgainさんのバンパー(Type 3 Type 5)にも干渉等もせず問題無く取り付けできます。音色のほうは本当に上品でいい音してます 笑  気になる方は当店までお越しいただければ試聴可能です(^^) こういったアクセサリーの購入、取り付けもお気軽にご相談ください! 最後までご覧いただきありがとうございました!

May 06 2016

Wekfest Japan @ Port messe Nagoya プリウス編

2016年05月06日金曜日

皆様こんにちわ、ゴールデンウイークはいかがでしたでしょうか? 当店も長いお休みをいただきリフレッシュさせていただき誠に感謝しております。 さてそんなゴールデンウイークの5月3日、愛知県名古屋市のポートメッセ名古屋にて行われた『Wekfest Japan』へ行ってまいりました。 Wekfestはアメリカ、サンフランシスコ発祥のカーショーで生粋のカーガイが集まるイベントとして世界各国から注目されているイベントです。そんなWekfestが遡ること3年前、ここ日本でも開催されることとなり、年々盛り上がりが増してきている状況です。ここ日本ではアメリカを意識したカスタムカーがエントリー対象となり、アメリカのアフターマーケットのカスタムパーツ、北米やハワイの自動車メーカー純正やOEMのパーツ等を装着された日本で言うところの『USDM』と呼ばれるジャンルの車が多いのが特徴かと思います。

今回はそちらにエントリーされていましたプリウスの写真をアップしていきたいと思います。 派手さはないですがしっかり細かいところに手が入っている車両がエントリーされているのもこのイベントならではだと思います。それでは写真中心ですがアッップしていきたいと思います。

こちらのシルバーのプリウスはアメリカのAvant Gard社のホイールにハイドロが組まれた足廻りです。トランクルームにハイドロのポンプや配管が綺麗にインストールされていました。IMG_7687IMG_7692IMG_7693IMG_7694

 

IMG_7686 IMG_7685

こちらの白いプリウスもアメリカのPokal Custom Felgenのホイールに北米仕様の外装です、シンプルで綺麗にまとまっていてかっこいいです(^^)

IMG_7605 IMG_7608こちらのプリウスは北米仕様の外装に日本のLexon社のエアロパーツやマフラーフィニッシャーが装着されておりアメリカ人が日本を向いてカスタムしたような雰囲気が出ていました!IMG_7598 IMG_7601こちらの赤いプリウスもLexonさんのエアロパーツやエアロパーツとマフラー、フロントバンパーのメッシュグリルはアメリカGrillcraft社のもので赤いボディーにとても似合っていました。IMG_7716 ホワイトのボディーにホワイトのワーク マイスターが綺麗です。ゴールドのピアスボルトもアクセントになっていてカッコイイです(^^)IMG_7714IMG_7490IMG_7493

会場の外では『OEMクラス』の展示が行われていました。こちらのプリウスはフロスティーグリーンマイカのボディーにブロンズのFifteen52社のホイール、ボンネットにはあまり日本で見かけないバグシールド(虫除け)が付いています。IMG_7481IMG_7482

こちらのプリウスはクロームのホイールキャップにアメリカンな雰囲気を感じます。IMG_7642先日発売されたZVW50型プリウスもエントリーされていました。IMG_7725 IMG_7723 IMG_7722灯火類を始めとする純正部品がしっかり北米仕様になっていました。新型のプリウスもこれからの展開に期待が持てます。

今回のWekfestを見ていてもプリウスのカスタムのレベルは年々上がってきているように思えます、カスタムパーツも豊富ですし今回紹介させていただいたUSDMカスタム以外にも様々なシーンでプリウスを見かる機会が増えています。当店でもお客様のニーズに耳を傾け、無理のない範囲でお客様に合ったプリウスのカスタムプランも提供していきたいと思います。 最後までご覧いただきありがとうございました(^^)

 

̃y[W̃gbv