3月 | 2013 | Kyoei Auto Service | 京都府綾部市・福知山市の車検・鈑金塗装・新車・中古車・ドレスアップ・カスタム・パーソナライズ・ハイブリット・プリウス・レクサス専門店

Mar 13 2013

自分は100%悪くないのに損をした自動車保険の実話から学ぶ事

2013年03月13日水曜日

実際にあった事です。

ある方(Aさん)が事故に遭われました。相手側に100%の過失がある、いわゆる「もらい事故」でした。

「もらい事故」の場合、通常は自分の保険会社は示談交渉をしてくれません。ご存知でしたか?これ、知らないと結構大変ですよ。

つまり、もらい事故の場合は、相手の保険会社と直接交渉となります。いわばプロ対素人ですね。きちんと特約をつけておけば、もらい事故の場合も示談交渉をしてくれますので、今一度お持ちの保険証券をご確認下さい。

しかし、今回の問題はそこではありません。

相手の保険会社はいわゆる保険料の安さを売りにしている会社でした。結構有名なところです。加害者である相手が、すべて「保険屋に任せる」という宣言のもとで、保険会社と被害者との交渉に変わります。

その保険会社は被害者であるAさんと、なんと全て電話対応でした。それにかなり事務的な対応でした。条件も厳しいものでしたので、Aさんとしては全く納得出来ない。納得出来ないけど、どうしていいのかわからない。

でも自分の保険会社は助けてくれない。(相談だけなら受けてくれる場合もあります)

自分は100%悪くないのに、損をしないといけないのか、なぜストレスを感じないといないのか?

と強い憤りを感じたそうです。

そしてその矛先は加害者である相手に向かいます。

「あんたが100%悪いくせに、なんだこの対応は・・・」

「保険の対応で足りない分は、直接あんたに弁償してもらうぞ!」

さらにこういうケースは、示談(解決)まで相当な時間を要する事になります。

結局この後、弊社に相談に来て頂き、保険会社の代わりに対応させて頂きました。その内容事体は重要ではないので、割愛致します。

重要な事、絶対に勘違いをしてはいけないことは、自動車保険は、まず誰の為のものか?ということです。

車はいわば走る凶器ですから、当然相手の為の保険のはずです。しかし、多くの方が自分のものだと勘違いし、より安い保険に加入されたり、或いは知り合いだからという理由で代理店を選ばれます。

この件、もしも逆だったら、あなたが相手に怒りや憤りを感じさせることになります。

最終的な着地点はともかく、そこまでのプロセスが大事です。

もちろん「保険料」と「事故対応力」は比例しない場合もあります。また、どんなスペシャリストが対応しても交渉が難航する場合も稀ですが確かにあります。そうだとしても、あなたが保険会社(代理店)を選択される際に、ぜひ相手の立場に立って「事故対応力」「示談交渉力」という視点を持って頂きたいのです。内容・スピード共に、相手に十分な対応が出来る事が、結局はあなた自身を守ってくれる事になるからです。

万が一事故に遭った時は誰しも不安です。

その時に現場に駆けつけ、状況や被害の確認、お車(事故車)の移動や代車の手配をし、極力お客様の不安の排除に努めます。その場に私たちのようなプロがいるだけで安心される方が多いです。その後、保険会社との連絡・示談交渉、お車の修理や整備など一括して全てケアできるのは、整備・鈑金塗装工場を持つ保険代理店だけです。工場のない或いは車の知識がない保険代理店や、通販型代理店では電話での対応のみというケースが大半です。

今一度、万が一の為の保険について、見直してみて下さい。

Mar 13 2013

車のデントリペア 鈑金・パテ・塗装せずに修復する方法

デントリペアとは鈑金・パテ・塗装を行わず、修復する方法です。

対象は、金属部分で、大きくないヘコミや小さなエクボです。

※金属部以外や、大きなヘコミ・傷の修復は出来ません。

こんな方におすすめ

  1. 再塗装したくない方。
  2. 修理代を安く押さえたい方。
  3. 大事に乗り続けた車だから、極力最小限で修復したい方。

デントリペア可能かどうかを無料で判定致します。

Mar 13 2013

ボディコーティング 最もシンプルで効果的な方法

ボディコーティングについて、現在様々な商品が開発され施工出来る環境に有ります。弊社でもおおよそ全てのコーティングを取扱っております。

塗装の状態やボディカラー、それに保管状況によっては大変優れた効果を発揮してくれます。

しかしながら、万能ではありません。

コーティングをしたから、放ったらかしでも大丈夫とか、今後は水洗いだけで大丈夫とか、傷がつき難いとか、そんなことは一切有りません。

逆にコーティングをしたら、それに応じたメンテナンスをしなければ、効果は半減どころか、塗装面にダメージを与えかねません。それはそれで手間のかかる話です。

ノーメンテ等と宣伝しているものもありますが、もし、本当にそんなコーティングがあれば教えて頂きたいです。

そこで、最も効果的なボディケアを一つご紹介します。

実は至ってシンプル。

車の最も効果的なボディケア

  1. ボディをしっかり洗って汚れを落とす。
  2. ワックスを掛ける。

これだけです。

ワックスは固形タイプのものがベストで、何日か間をおいて1~2を繰り返し、ワックスを2~3回重ね掛けして下さい。

これでボディ面に分厚く強力な膜が形成されます。はじめだけ少し手間が掛かりますが、一度膜を形成すれば後は環境によりますが、1~2ヶ月毎に1~2を1回行うだけです。

なんと、昔ながらの方法ですが、やっぱりこれが一番ベストで艶が長持ちし、安くすみます。これは、コーティング施工された車にも非常に有効な手段です。なにより、車に対する愛情がものすごく増すはずです。

コーティングを扱う立場としては、利益度外視の大暴露ですが、様々な方法を検証した結果の、本当の話です。

※ 写真(施工手順説明)

Mar 13 2013

手抜き仕事に注意!車の塗装は下地処理で決まる!

すべては下地(前)処理で決まる。

塗装の仕上がりを左右するのは下地処理です。女性の化粧でも同じだと思います。下地処理工程の不出来・不都合を後行程(塗装等)でカバーする事は出来ません。

つまりは見えない部分だからといって、手抜きしてはいけないという事です。塗装は、一般の方が想像しておられる以上に下地の状態を如実に反映します。

これは、買取・下取り査定の際、プロの目で見抜かれ、減額の対象となります。「安い・早い」だけで判断しないようにご注意下さい。

よく見られる手抜き例をご紹介します。

手抜き例 その1

鈑金を適当にして、パテを分厚く盛る
これは、後々パテ目が浮き出てきたり、パテが割れたりします。手抜きというより、技術力の不足が原因です。

手抜き例 その2

足付けを適当にして塗装する。これは、塗装剥がれの原因となります。

手抜き例 その3

水抜き(湿気とり)を適当にし下地が完全乾燥する前に塗装する。
これは、塗装面が水ぶくれのような状態になったり、剥がれたりします。

手抜き例 その4

通常は外すパーツを付けたまま塗装する。(マスキング処理)
これは、場合にもよりますが、パーツの境目等が見苦しくなります。

Mar 13 2013

もっとも安く車検を受ける方法は?

「車検を安く受ける方法とは?」

これは勘違いや誤解が多のではないかと思います。

何年か前から景気を反映してか、いわゆる「激安車検」というのをよく見かけます。利用された方もおられるでしょう。

では、はたして本当に安いのか?という事ですが。結論から言うと「激安車検」だから安いという事はありません。

その理由を、一般的な車検(継続検査)について、いまから述べていきます。

まず、そのお車の使用状況による劣化度合いは、車検制度に関係なく、ユーザー様のライフスタイルによって決まります。つまり、車検に通す時点でのお車の状態は、激安車検であろうが、ユーザー車検であろうが、ディーラー車検であろうが、それに関係なく同じ状態のはずです。ということは、交換しないといけない部品、交換したほうが良い部品、あるいは調整・修理が必要な箇所というものは同じはずです。

一般的に、民間車検工場においての車検というのは「法定24ヶ月点検」を実施し「検査」を通す事をいいます。それから、車検に必要な費用を大きく2つに分けると「法定費用」と「法定外費用」になります。

「法定費用」は重量税、自賠責保険料、印紙代などで、これは何処でどのような車検を受けたとしても、全く同じ金額です。

例えば、初年度登録から13年未満の軽自動車の場合は、重量税6600円・自賠責保険24ヶ月26370円・印紙代1100円で合計34070円です。(H27年8月現在)

この法定費用については、全く自動車屋(車検工場)の利益にはなりません。(お客様から預かったというのが正しいかもしれません。)

よく激安車検と宣伝しているところで「軽なら〇〇○○円」とか書いてありますが、そんな金額で車検が受けれない事は、これでおわかり頂けたかと思います。

では、その〇〇○○円とはなにかというと、それが「法定外費用」のなかの、おそらく「基本点検料」と言われるものです。

法定外費用は、基本点検料、検査代行費用、事務手数料などで、要は車検時にユーザー様に代わり「法定24ヶ月点検」を実施し、新しい車検証を交付してもらうための申請手続きをする為に必要な費用です。さきほどおそらくと言ったのは、法定外費用の内訳や費用の名称は、未だ統一性がなく、マチマチだからです。こちらもお客様に誤解をあたえる大きな要因の一つです。

いわゆる「激安車検」の場合は、この法定外費用の一部をあたかも車検代全体のように見せているだけです。もちろんその他の費用が必要な事はキチンと明記されていますが、分かりづらく誤解を招く事はあると思います。

これは一時問題になった某携帯キャリアの「通話料0円」と同じですね。

しかも「法定外費用」は自動車屋の利益に繋がりますが、ここの費用だけでは(しかも安くして)自動車屋(車検工場)は成り立ちません。断言しますが、絶対にです。
そこで、検査前の法定24ヶ月点検によって、検査を通す為に「交換が必要な部品」および「修理・調整」、検査は通るが今後の予防の為の「交換したほうが良いパーツ」および「修理・調整」などのいわゆる「追加整備」をどれだけするかによって自動車屋の収益性は大きく変わります。ここが大きなポイントです。

弊社の知る限りでは、激安車検といいながら、目先の基本点検料等を安く見せておいて、この「追加整備」で帳尻をあわせる自動車屋(車検工場)が殆どです。期待したほど安くなかったという経験をしたお客様も多いのではないでしょうか?

ですから、どこで車検を受けるにしても必ず「総額の見積り」を貰って下さい。

では、そもそも「法定24ヶ月点検」は絶対に必要か?というと法で義務づけされてはいますが罰則はありません。罰則はありませんが、点検を怠っていた事が原因でなにかあれば「使用者の管理責任」を問われ大変な事になりますので、ご注意を!

さらに弊社のような民間車検場では検査前の法定24ヶ月点検が義務付けされています

ここで、最も安く車検を受ける方法の一つは「ユーザー車検」もしくは「代行車検」という事になります。

何故かというと、民間車検工場では義務付けされている検査前の法定24ヶ月点検がユーザー車検では義務付けされていないからです。

平成7年の法改正後、検査前に点検・整備が必要だったのが、検査後でも良いということになりました。これを前検査・後整備といいますが、前述したとおり点検・整備はしなくても罰則はありません。

つまり、前検査をとおってしまえば、実質は後整備は無しでもOKということです。(今のところはですが)
これによって、ユーザー車検と車検代行は増加の傾向です。

ユーザー車検はユーザー様自らが陸事に車両を持ち込んで検査を通す事、代行車検はそれをユーザー様に代わり業者(ブローカー?)が持ち込むことです。もし、ある程度の知識がある方は、これらの方法が一番安いかもしれません。

しかし、多くの一般の方はご自身での持ち込み車検は敷居が高いでしょうから現実的には以下の方法をおすすめします。

それはやはり民間車検工場に車検を依頼する事ですが、条件があります。

条件は、あなたの車の使用状況、これまでの経過、今後の予定、これらを熟知しているメカニックに任せる事です。

これにより、あなたに代わり点検・整備は行われた上、あなたの要望(例えば「今回は出来る限り安くして欲しい」)に対してパーツの交換、修理・調整を臨機応変に最適化してくれます。これは熟知していないと不可能な事です。

ですから、まずは信頼出来るお店(工場)とメカニックに、乗り出し時からお任せして、あなたとお車の事を良く知ってもらう事です。

結局のところ、これが最も安く、且つ安心安全を手にする事に繋がります。

上で述べたように、どのような車検を受けるにしても、その時点でのお車の状態は全く同じですから、仮に10万円と15万円の車検があったとして、その内容は同じではありません。ディーラーで15万円の見積もりだった車検が、激安車検なら10万円で済むという事は絶対にありません。もう一度言いますが、同じ内容の車検であれば、1万円前後の差は発生したとしても、5万円も差額が発生することはありません。安い車検というのは、本来交換や調整が必要な箇所に手を加えてないだけです。

なので、どうしても予算が無い場合は、その5万円分の「省くところ」を信頼できるメカニックに、どこをやって、どこはやらないのか、を最適化してもらって下さい。

Mar 13 2013

なぜ、ディーラーで車検を受けると高いのか?

はじめに言っておきたいことは、確かにディーラーで車検を受けると高価にはなりまが、安心です。

ですから、そのようなニーズに合う方は以下を読飛ばして下さい。

結論から言うと、高価になるのは最大限の事をするからです。

現実的な話になりますが、現在ほぼ100%のディーラーが新車販売だけでは収益上赤字です。そのため車検・整備代が収益上の重要な柱になっています。新車販売時に「メンテナンスパック」という次回車検も含めたそれまでのオイル交換や定期点検をパッケージにした商品を販売するのもその為です。

そして、車検時の点検整備では、車検にパスしないパーツは当然として、パスするパーツでも交換時期になっていれば交換します。いわばまだ使えるパーツ(主に消耗品)でも、単に予防的に交換されるのです。さらに、交換時期になっていなくでも、次の車検までには交換時期がくるパーツも、交換される場合もあります。

また、エンジンルームや下回りの洗浄及びブラック塗装などもほぼ自動的に行われます。そのためディーラー車検は高価になります。

もちろんそれらはユーザー様に安全・安心に公道を走行して頂くという大義名分のもとに行われる訳ですが、ユーザー様によっては、ブラック塗装を嫌う方もおられたり、必要最低限のパーツのみ(要は極力安く)で車検をパスしたい方もおられます。

でも、ディーラーのメカニックに「交換しないと危ないですよ」「もう交換時期です」と言われたら。一般の方なら従うしかありません。しかし「お客様の使用状況なら、まだ大丈夫です」とか「音がし始めたら連絡下さい、それからでも間に合います」とか言われたらどうでしょうか?

ディーラーに車検を出したら、予想以上の高額な請求が来てびっくりしたとか、請求されるまで何をされたのか、どのパーツを交換したのか全くわからなかった、という声は良く聞きます。

ですから、高価になってしまう原因は、このようにユーザー様一人ひとりの使用状況やニーズを汲み取り、事前にメカニック(またはフロント)がユーザー様と確認を取り交わさないことでは無いでしょうか?

その為には、日頃からそのユーザー様の事が良く分かっていないといけません。
患者の体を知り尽くしている主治医でないといけません。

そういったレベルになると、大手やディーラーでは、構造上難しいのかもしれません。

結果として、どのユーザー様にも上記のような過剰ともいえる最大限の事をしてしまう。そりゃ高くなってしまうでしょうね。。。

̃y[W̃gbv